海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

【訂正】スペイン,英国を経由して日本に帰国する際の留意事項等

※本日送信致しました本件メールについては,1(3)について誤りがありましたので,訂正の上,再送致します。

誤:英国を経由する場合は,現時点では入国者に対して14日間の自己隔離を求める措置を導入しており,入国を伴わない乗り継ぎとする必要がありますが,7月10日以降,スペイン等からの入国者については自己隔離の措置が解除されます。

正:英国を経由する場合は,現時点ではトランジットのための14日以内の英国滞在の場合は,14日間英国に滞在する必要はないものの,滞在中は自己隔離をする必要がありますが,7月10日以降,スペイン等からの入国者については自己隔離の措置が解除されます。

1 スペイン,英国を経由して日本に帰国する際の留意事項

(1)帰国に際してスペインを経由する場合は,チリ居住者に対するスペイン入国制限は解除されていないので,入国を伴わない乗り継ぎ(荷物のピックアップを伴わないトランジットかつロンドン等シェンゲン域外への乗り継ぎ),マドリード−ロンドン(または日本)間の搭乗券がチリで発券されている必要があります。

(2)6月21日以降,スペインにおいて入国の際の14日間の自己隔離措置は終了していますが,現在,入国の有無を問わずスペインに到着する全ての者に対し,(ア)申告書面の提出(スペインに向けて出発する前に,スペイン保健省の専用ページ(www.spth.gob.es ),又は専用の無料アプリ(SPAIN TRAVEL HEALTH-SpTH)に表示されるフォーマットに電子的に記入して提出),(イ)検温,(ウ)目視によるチェックが課せられています(新型コロナウイルスの症状がない限り,到着時のPCR検査はありません)。

(3)英国を経由する場合は,現時点ではトランジットのための14日以内の英国滞在の場合は,14日間英国に滞在する必要はないものの,滞在中は自己隔離をする必要がありますが,7月10日以降,スペイン等からの入国者については自己隔離の措置が解除されます。ただし,入国の有無を問わず英国に到着する全ての者は事前に滞在情報の登録(https://www.gov.uk/provide-journey-contact-details-before-travel-uk )が必要になります(新型コロナウイルスの症状がない限り,到着時のPCR検査はありません)。

 該当する方は,航空会社,旅行代理店に最新の情報を確認してください。

2 最近の邦人被害(5月,6月)

 当館が認知した邦人被害はありません。

チリ国内における最近の一般犯罪の総被害認知件数は減少していますが,新型コロナウイルスの影響による夜間外出禁止,義務的自宅待機措置等の外出自粛が大きな要因であり,治安が改善しているとは言えず,今後治安が悪化する可能性もありますので,安全のための三原則「目立たない,行動を予知されない,用心を怠らない」等に留意して行動するようお願いします。

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は,以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。

(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth

(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国,移転した方は,以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

【問い合わせ先】

在チリ日本国大使館 領事部 

住所:Ricardo Lyon 520, Providencia, Santiago, Chile

電話:(+56-2) 2232-1807

FAX:(+56-2) 2232-1812

メール:consuladojp@sg.mofa.go.jp

HP:https://www.cl.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

【注意喚起】4日(土),5日(日)に行われるブラジリアでのデモについて

◎今週末に予定されている以下のデモに際して、参加者の衝突等の不測の事態も想定されますので、当該時刻・場所においては、不要不急の外出は避け、周辺を通行する必要がある場合には、十分注意・警戒して、速やかに通行して下さい。

・7月4日(土)午後5時頃:イスラエルパレスチナ関連施設周辺における、ヨルダン川西岸地区イスラエル併合に対する反対派によるデモ(正確な場所は未確認)

・7月5日(日)午前9時頃:ブラジリア・セントロ地区(博物館周辺から大統領府)における、大統領支持派によるデモ

・7月5日(日)午前10時頃:ベネズエラ大使館(マドゥーロ派)で催されるナショナルデーのイベントに際する、同大使館周辺でのマドゥーロ支持派によるデモ

●7月4日(土)午後5時頃から、イスラエルパレスチナ関連施設(大使館等関連施設)周辺で、ヨルダン川西岸地区イスラエル併合に対する反対派によるデモが行われる予定です。現時点では、デモが行われる正確な場所が確認できておりませんので、 イスラエル及びパレスチナに関係する施設・場所への外出は避けて下さい。なお、同日午後4時からは、パレスチナ支持派による動画(YouTubeでの’’ATO PELA PALESTINA’’という動画)が配信される予定もあります。

●7月5日(日)午前9時頃から、ブラジリア・セントロ地区の、博物館付近から大統領府付近にかけてのエリアにおいて、ボルソナーロ大統領支持派によるデモ行進が行われる予定です。現時点では、同大統領反対派によるデモの情報はありませんが、先週末同様、大統領反対派や過激思想を持つ者もデモを行う可能性が指摘されており、支持派と反対派の衝突の可能性が懸念されています。

●7月5日(日)午前10時頃から、ベネズエラ大使館(マドゥーロ派)で催されるナショナルデー(独立記念日)のイベントに合わせて、同大使館周辺でマドゥーロ支持派によるデモが行われる予定です。現時点では、グアイド支持派のデモの情報はありませんが、 双方が衝突する可能性が懸念されます。

●軍警察では、不測の事態に備えて警備を強化する予定とのことですが、以上の当該時刻・場所においては、不要不急の外出は避け、周辺を通行する必要がある場合は、十分注意・警戒して、速やかに通行して下さい。

【問い合わせ先】

在ブラジル日本国大使館

電話:(55−61)3442−4200 FAX:(55−61)3242ー0738

https://www.br.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

https://www.facebook.com/EmbaixadaDoJapao/

https://www.instagram.com/embaixadajapao/

※「たびレジ」配信停止は,次のURLから手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

セントルシアの入国規制措置(7月3日更新)

セントルシア政府は、新型コロナウイルス対策として、入国規制措置を以下のとおり更新しました(7月9日発効)。

1 カリブ旅行圏(Caribbean bubble)からの渡航者を除き、全ての入国者は到着7日前以内に実施されたPCR検査陰性証明書の保持が必要。

 ※カリブ旅行圏:アンティグア・バーブーダ、アルバ、アンギラバハマ、バルバドス、バミューダ諸島ボネール島、英領バージン諸島、キュラソードミニカ国グレナダ、モンセラット、サン・バルテルミー島、セントクリストファー・ネービス、セントマーティン、セントビンセント、トリニダード・トバゴタークス・カイコス諸島

2 カリブ旅行圏からの渡航者は、検査及び検疫措置から除外される。

3 カリブ旅行圏からの渡航者を含む全ての渡航者は、到着事前登録フォーム手続きを行う必要があり、渡航に際しては、同登録済みフォームのコピーを所持すること。

4 入国者には、体温検査を含めたスクリーニングが課され、症状がある全ての渡航者は隔離・検査される。新型コロナウイルス検査が陽性である全ての渡航者は、呼吸器系病院に搬送され、自費により治療を受ける。

5 入国者は、滞在期間中、新型コロナウイルス対策認定済み宿泊施設での滞在が確定している、あるいは、検疫基準を満たす自宅での検疫許可を受けている、または、事前手配により政府検疫施設での滞在が確定していることのいずれかを満たしていること。

在留邦人及び同国訪問予定の皆様におかれては、引き続き最新情報の入手に努めると共に、日頃から手洗い等を励行して、感染防止に努めてください。

参考:セントルシア保健省

https://www.covid19response.lc/

参考:日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

【問い合わせ先】在トリニダード・トバゴ日本国大使館

電話:(国番号1-868)628-5991

住所:5 Hayes Street, St. Clair, Port of Spain, Trinidad and Tobago

ホームページ:http://www.tt.emb-japan.go.jp/houjin-page.htm

E-mail:ryouji@po.mofa.go.jp

当館は、セントクリストファー・ネービス、アンティグア・バーブーダドミニカ国セントルシア、セントビンセント、グレナダガイアナ及びスリナムを兼轄しています。