海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

Muyukaで交通事故発生約20人死亡

カメルーンにお住まいの皆様へ

交通事故のお知らせです。

報道によると,19日,Muyuka(ムユカ:ドゥアラの北西約47km)で,トラックと観光バスが衝突し,約20名が死亡したとのことです。

事故の詳細は調査中ですが,トラックの運転手が車のコントロールを失い,茂みに突っ込んだ形で停車していたところに,観光バスと車両1台が衝突したようです。

現在,日本人の方が被害に遭われたという連絡はありません。

休暇で車両を運転される方が多いかと思いますが,地方に向かって高速道路を走っていると,故障して停車しているトラックやバスを頻繁に見かけます。

通過する際は,十分に減速して安全確認を実施してください。

反対車線に出て追い越しする際は,対向車両の有無を確認し,十分な距離を保って追い越しするなどして安全を確保してください。

参考ですが,道路上に「雑草の塊り」が点々と置かれてあることがあります。これは「この先に事故が発生している/故障車両がある」という合図とのことです。

運転時の参考としてください。

よろしくお願いします。

================================================

Wataru ONODERA

E mail : wataru.onodera@mofa.go.jp

Cel:(237) 677.70.89.15

Ambassade du Japon

1513, Rue 1828, Bastos-Ekoudou, Yaounde, Cameroun (B. P. 6868)

Tel: (237) 2-2220-6202

Fax: (237) 2-2220-6203

http://www.cmr.emb-japan.go.jp/jp/index-jp.html

================================================

【スポット情報】フィンランド:トゥルクでの死傷事件の発生に伴う注意喚起

●8月18日午後4時頃(現地時間),南西部のトゥルク市中心部において通行人がナイフで襲われる事件が発生しましたが,現地当局はテロ事件として捜査しています。
●最新情報の入手に努め,安全確保に十分注意を払ってください。

詳細は以下のリンク先をご確認ください。
(PC)==> http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcspotinfo_2017C176.html
(携帯)==> http://m.anzen.mofa.go.jp/mblatestspecificspotinfo.asp?infocode=2017C176


出発前には海外安全ホームページをチェック!
http://www.anzen.mofa.go.jp/

このメールは「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。
※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を変更・停止したい方は、以下のURLから手続きをお願いいたします。
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth
https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください

〔お問合わせ先〕
外務省領事サービスセンター(海外安全相談班)
〒100 - 8919
東京都千代田区霞が関2-2-1
電話:03-3580-3311 内線 2902

8月19日の治安状況

●午後7時現在、ナイロビを含むケニア全土で、暴動や混乱発生等の情報はありません。

●引き続き、ナイロビの各スラムやナイロビ中心部のKICCに隣接する最高裁判所周辺には近付かないで下さい。

●皆様におかれては、外出時に危険を察知した場合は、帰宅して頂くようお願いします。

●現在の警戒区分は、「レベル1:十分注意」です。

【現在の在留邦人の行動基準】

○レベル1:十分注意

○対応:各家庭・職場で、新聞、インターネット、テレビ、ラジオ等から情報収集を行い、情勢の把握に努めて下さい。

【警備対策官からのコメント】

午後7時現在、ナイロビを含むケニア全土で、暴動や混乱発生等の情報はなく平穏でした。引き続き警察は、ナイロビの各スラムやナイロビ中心部のKICCに隣接する最高裁判所周辺における治安悪化に備えて警戒を続けています。皆様におかれては、引き続き警戒をお願いします。

○外出時に危険を察知した場合は、帰宅して頂くようお願いします。

○夜間、押し込み強盗や窃盗事件(忍び込み)が発生しています。住居の戸締まりを確実に行って下さい。

○万が一、暴動に巻き込まれた場合は、速やかに現場から離れて下さい。

○強盗や暴徒に遭遇した際は、逆らわないで下さい。物より命が大切です。

平成29年8月19日

ケニア日本国大使館

領事・警備班

電話:+254(0)20289−8000

ホームページ:http://www.ke.emb-japan.go.jp/