海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

【注意】安全情報 [ひったくり事件の連日発生について]

10月16日午前10時15分頃及び,10月17日午前11時頃,タモン地区のホテルロード沿いにおいて,車両に乗車した男が歩道を通行中の通行人に車両のまま接近し,ひったくりを敢行する事件が連続発生しています。発生場所はいずれも観光地区の中にあるホテルロード沿いでの発生であり,白昼の犯行となっております。グアム滞在中の観光客の方及び,在留邦人の方におかれては,夜間はもとより,日中においても人気のない道は通らない,無防備な手荷物の携行方法は避ける等,外出時の行動には十分ご注意頂きますようお願いします。

在ハガッニャ日本国総領事館

TEL:(671)646-1290

infocgj@ag.mofa.go.jp

※このメールは在留届に記入されたメールアドレスに登録されたメールアドレスに配信されています。

 在留届は緊急時の情報提供や安否確認等に必要となりますので、在留開始時や帰国(転出)時、在留届記載事項の変更時の届出をお願いいたします。お済みでない方は、誠に恐れ入りますが、最寄りの在外公館または外務省領事局政策課システムサポートデスク(E-Mail:ezairyu@mofa.go.jp、TEL:03-3580-3311、内線4476又は5818)までご連絡下さい。

 

ガザ地区・同周辺地域に関する注意喚起

当地に在留・滞在又は渡航を予定している邦人の皆様へ

イスラエル日本国大使館

2018年10月17日

ガザ地区・同周辺地域に関する注意喚起

(1)本日(17日)未明から、ガザ地区及び同周辺地域では、ガザ地区側からイスラエル領内に向けロケット弾等が複数回発射され、それに伴うイスラエル軍によるガザ地区への反撃が行われ、双方による応酬が発生しています。

(2)また、本日未明のガザ地区から発射されたロケット弾については、ベールシェバ(ガザ地区から東方向約40キロ)市内に着弾し、民家への物的被害も発生しており、ガザ地区側ではイスラエル軍による反撃で死傷者が発生している模様です。

(3)ガザ地区及び同周辺地域には近づかないでください。また、他の地域でも、ロケット弾等の飛来を知らせるサイレン等に接した場合には、近隣のシェルター又は堅牢な建物に直ちに避難してください。

(問い合わせ先)

イスラエル日本国大使館

Tel: +972-(0)3-6957292

Fax: +972- (0)3-696-0340

Eメール: ryouji@tl.mofa.go.jp

大使館HP: http://www.israel.emb-japan.go.jp/html/indexjp.html

在留届電子登録・変更(3ヶ月以上の滞在):

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

たびレジ登録・変更(3ヶ月未満の渡航):

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

ポンペイでの殺人事件発生

ミクロネシア在住の皆さま,「たびレジ」登録の皆さま,

今月14日(日)早朝,ポンペイミクロネシア人同士の殺人事件が発生しました。

本件は現時点で警察から公表されていませんが,当館で入手した情報によると,前日土曜日からポンペイにあるナイトクラブで酒に酔った者同士の喧嘩が殺人事件にまで発展した模様です。既に警察により容疑者は逮捕されたようです。

本件はポンペイのみならずミクロネシア国内のどこでも起こりうる事件ですので,興味本位でナイトクラブに立ち入ったり,深夜に外出しなければ巻き込まれる可能性は低いと考えられますが,アルコールやサカウで泥酔した人物は比較的早い時間帯でも目撃することがありますので,日頃から単独または複数名で出歩いている時に様子のおかしい人物を発見したら,道路の反対側に移動する,迂回するルートがあれば遠回りになったとしても迂回するなどの対策をとってください。また,夜間どうしても外出しなければならない場合は,知人に車を出してもらうなど,徒歩移動を極力避けるよう心がけてください。

2018年10月17日

大使館