海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

8月12日午前中の治安状況

●当地報道等によると、昨夜のIEBCによる大統領選挙結果発表後、ナイロビ、西部キスム郡、ミゴリ郡等で野党サポーターによる暴動が発生しました。

●ナイロビでは、本日午前10時30分現在、キベラスラム、マザレスラム等で一部野党サポーターが暴徒化しており、ナイロビ各所において警察による警備が強化されています。今後、大統領選挙の結果に対するオディンガ陣営の声明次第では、上記サポーター等による暴動が過激化する可能性があるため、注意が必要です。

●不要不急の外出を控えて頂くとともに、外出時に危険を察知した場合は、帰宅して頂くようお願いします。

●現在の警戒区分は、「レベル1:十分注意」です。

【現在の在留邦人の行動基準】

○レベル1:十分注意

○対応:各家庭・職場で、新聞、インターネット、テレビ、ラジオ等から情報収集を行い、情勢の把握に努めて下さい。

【警備対策官からのコメント】

 昨夜の大統領選挙結果発表後、ナイロビ、西部キスム郡、ミゴリ郡等で野党サポーターによる暴動が発生し、多数の死傷者が出ているとの一部情報があります。

 また、ナイロビでは、本日午前10時30分現在、西部キベラスラムやカワンガレスラム、東部マザレスラムやダンドーラ地区等で野党サポーターが暴徒化しており、ナイロビ各所の警備が強化されています。今後、大統領選挙の結果に対するオディンガ陣営の声明の内容次第では、上記サポーター等による暴動が過激化する可能性もあるため注意が必要です。皆様におかれては、引き続き警戒をお願いします。また、大使館は、本日も引き続き情報収集を継続し、皆様に関連情報を提供します。

○不要不急の外出を控えて下さい。外出時に危険を察知した場合は、帰宅して頂くようお願いします。

○強盗対策のために、住居の戸締まりを確実に行うとともに、車で移動中は窓を閉め確実にロックするようお願いします。

○万が一、暴動に巻き込まれた場合は、速やかに現場から離れて下さい。

○強盗や暴徒に遭遇した際は、逆らわないで下さい。物より命が大切です。

平成29年8月12日

ケニア日本国大使館

領事・警備班

電話:+254(0)20289−8000

ホームページ:http://www.ke.emb-japan.go.jp/

アレキパ州での地震の影響(幹線道路の通行が一部制限)

・8月11日午後5時頃,アレキパでM6.0の地震が発生。この地震の影響で,リマ−アレキパ間を結ぶパナメリカナ・スル幹線道路の通行が一部制限されています。

(Informacion sobre el sismo ocurrido anoche en Arequipa. Disculpe que no se envie en espanol.Si tiene alguna consulta, comunicarse con la Embajada del Japon.)

1 8月11日午後4時45分,アレキパ州カラベリ郡アティコ町の南西沖69km,深さ44kmを震源とするマグニチュード6.0の地震が発生しました。

この地震による落石で,これまでにアレキパ州カマナ郡で1名が死亡,2名が負傷した他,リマ−アレキパ間を結ぶパナメリカナ・スル幹線道路731〜752km地点の通行が一部制限されています(道路は現在落石の除去作業が行われています。)。

2 アレキパ州内のアレキパ市内やコンドル等で有名なコルカ渓谷では地震の影響は確認されていませんが,同地域に渡航・滞在を予定される方,及び既に滞在中の方は,報道等により,最新の情報の入手に努めるとともに,落石,土砂崩れ等には十分御注意ください。

【問い合わせ先】

在ペルー日本国大使館 領事部

Avenida San Felipe 356, Jesus Maria, Lima 11

電話:(+51-1)219-9551

Fax :(+51-1)219-9544

consjapon@li.mofa.go.jp

http://www.pe.emb-japan.go.jp/inicio_jp.html

・このメールは,在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されています。

・外務省海外旅行登録「たびレジ」とは

「たびレジ」は,いざという時,在外公館から滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メールなどが受け取れるシステムです。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

・転居,帰国等により在留届の記載内容に変更がある場合

住所等連絡先の変更届をFAX,郵送またはスキャンデータのメール送信にて当館まで提出してください。

変更届様式:http://www.pe.emb-japan.go.jp/jp/henkoutodoke2011.doc

・「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続をお願いします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

ジカウイルス,デング熱,チクングニア熱の感染者数(第30週)

・ジカウイルス,デング熱チクングニア熱の感染者数は,昨年と比べ減少

・上記3つの感染症の中では,デング熱の感染者数が最多

・肌の露出の少ない服の着用,虫よけの活用など,蚊に刺されない対策が必要

ホンジュラス保健省が,3日に発表した当国におけるジカウイルス,デング熱チクングニア熱の感染者数(2017年第30週)をお知らせします。()内の数値は前年同期比です。

1 ジカウイルス

(1)当国全体

  ア 感染者数:347人(−28,800人)

  イ 人口10万人当たりの感染者数:3.91人(−330.31人)

(2)人口10万人当たりの感染者が多い地域

  ア オコテペケ県: 14.01人(+  6.88人)

  イ テグシガルパ市:12.57人(−743.78人)

  ウ ジョロ県:    7.11人(−318.15人)

2 デング熱

(1)当国全体

  ア 感染者数:3,673人(−14,044人)

  イ 人口10万人当たりの感染者数:41.29人(−157.89人)

(2)人口10万人当たりの感染者が多い地域

  ア テグシガルパ市:139.62人(−533.53人)

  イ バイーア諸島:  77.86人(− 94.16人)

  ウ オランチョ県:  47.44人(−126.49人)

3 チクングニア熱

(1)当国全体

  ア 感染者数:406人(−13,403人)

  イ 人口10万人当たりの感染者数:4.58人(−153.76人)

(2)人口10万人当たりの感染者が多い地域

  ア バイーア諸島: 20.15人(−100.97人)

  イ ジョロ県:   10.91人(−121.27人)

  ウ テグシガルパ市: 9.80人(−443.90人)

4 参考ウェブサイト(症状,予防対策等)

厚生労働省検疫所ホームページ:http://www.forth.go.jp/index.html

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】

ホンジュラス日本国大使館

住所:Col. San Carlos, Calzada Rep. Paraguay, Tegucigalpa, M.D.C., Honduras, C.A.

電話:2236−5511

国外からは(国番号504)2236−5511

Email:ejh-ryojibu@te.mofa.go.jp

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete