海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

在メキシコ大使館の注意喚起:ポランコ地区の発砲事件

Mexico市Miguel Hidalgo区Polánco地区の銀行において、利用後に強盗被害に遭い、犯人が発砲、被害者が負傷する事件が発生したため、注意喚起致します。

 

在メキシコ日本国大使館

 

1 事件概要

罪種:強盗傷害(けん銃使用)

日時:4月27日午後1時頃

場所:Mexico市Miguel Hidalgo区Polánco地区のFerrocarril de Cuerbavaca通りとEjercito Nacional通りの交差点付近

状況:上記日時場所において男女2名の被害者は、銀行にて約8万ペソの現金を引き下ろした後銀行を出たところ、2名組の犯人に現金を奪われた。抵抗した被害者の女性は、犯人に発砲され負傷、付近の病院に搬送された。

 

2 注意事項

銀行やATMにおいて直接高額の現金を引き下ろすことは避け、可能な限り小切手やインターネットバンキング等を利用するように努めて下さい。もし、強盗被害に遭遇した際は、下記の通り行動するように心掛けてください。

・生命身体の安全を最優先に行動する。

・深呼吸し、気を落ち着かせ状況を把握する。

・抵抗しない(特に武器を持っている場合は絶対に抵抗しない)。ただし、一方的に暴行を加えられるなど、生命の危険が及ぶ場合は、直ちにその場から脱出する等の対策を取る。

・両手をゆっくりと上げ、抵抗する気がないことを犯人に示す。現金を出す動作はゆっくり行い、突飛な行動をとらない。急な動作は抵抗したと認識される場合がある。

・襲われたときに賊に渡す現金(捨て財布)を別に持っておく 。

・相手を注視しない。

・襲った者を追わない。

 

(問い合わせ先)

在メキシコ日本国大使館

Tel: +52(55)5211-0028

Fax: +52(55)5207-7030

Email: ryojibu@me.mofa.go.jp

 

★外務省海外安全ホームページでは,海外における安全対策としての注意事項をまとめた各種資料を公開していますので,皆様の海外安全対策にお役立てください。

<ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル>

http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html

<海外安全虎の巻>

 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/tora_2017.pdf

<海外赴任者のための安全対策小読本>

 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_08.pdf

<海外における脅迫・誘拐対策Q&A>

 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_04.pdf

★万が一,犯罪被害に遭われた際は,当館領事班までご連絡ください。

★転居・帰国・家族構成の変更等により在留届の記載事項に変更があった場合は,インターネット( https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/ )で変更の手続きをしていただくか,変更届をFAX,郵送またはスキャンデータのメール送信にて当館まで提出していただくようお願いします。

変更届フォーマット:http://www.mx.emb-japan.go.jp/files/000180336.doc

 

広告を非表示にする