海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

在ペルー大使館からの医療情報(デング熱の流行)

・ペルー国内においてデング熱患者が急増しています。

(Informacion sobre la propagacion de dengue. Disculpe que no se envie en espanol.Si tiene alguna consulta, comunicarse con la Embajada del Japon.)

ペルーにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

在ペルー日本国大使館

1 5月25日付の保健省の疫学統計によれば,4月29日現在,2017年に入ってから23,353人のデング熱患者が国内で発生しており(昨年同時期に比べ68.4%増。疑い患者を含む。),今後も患者数が増加する可能性があります。また,これまでに26名がデング熱により死亡しています。

流行している地域は,多い順にピウラ州(10,561人),イカ州(2,492人),ラ・リベルター州(2,285人),ランバイエケ州(1,391人),トゥンベス州(1,190人),アンカシュ州(1,105人),ロレト州(1,054人),アヤクチョ州(875人)などとなっており,主に沿岸部における患者数の増加が顕著になっています。

http://www.dge.gob.pe/portal/index.php?option=com_content&view=article&id=347&Itemid=249

 

2 デング熱とは,ネッタイシマカヒトスジシマカなどの蚊によって媒介される感染症です。感染をすると4〜7日間の潜伏期間を経て,高熱(38〜40度)・頭痛・眼の奥の痛み・関節痛・筋肉痛・発疹などが出現し,1週間ほどで回復しますが,ときに重症化することがあります。

3 流行地域に渡航される方は,虫除け剤の塗布や肌の露出を避けるなど防蚊対策を徹底してください。また,発熱等体調不良がある場合は,早めに医療機関を受診してください。

○参考情報:

厚生労働省検疫所(FORTH) 感染症についての情報「デング熱

http://www.forth.go.jp/useful/infectious/name/name33.html

国立感染症研究所 「デング熱

http://www.nih.go.jp/niid/ja/diseases/ta/dengue.html

●外務省海外旅行登録「たびレジ」について

「たびレジ」は,いざという時,在外公館から滞在先の最新の渡航情報や緊急事態発生時の連絡メールなどが受け取れるシステムです。是非御利用ください。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

●転居,帰国等により在留届の記載内容に変更がある場合

住所等連絡先の変更届をFAX,郵送またはスキャンデータのメール送信にて当館まで提出してください。御協力をお願いします。

変更届様式:http://www.pe.emb-japan.go.jp/jp/henkoutodoke2011.doc

在ペルー日本国大使館 領事部

Avenida San Felipe 356, Jesus Maria, Lima 11

電話:(+51-1)219-9551

Fax :(+51-1)219-9544

consjapon@li.mofa.go.jp

http://www.pe.emb-japan.go.jp/inicio_jp.html

広告を非表示にする