海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

在コンゴ(民)大使館からの注意喚起(コレラの流行)

キンシャサ市内において,コレラの流行が報じられています。コレラは経口感染症の一つですので,手洗いの励行など衛生管理には十分ご注意下さい。

コンゴ民主共和国及びコンゴ共和国にお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

コンゴ民主共和国日本大使館

1 コレラの発生状況

(1)コンゴ(民)保健省疾病対策局の報告によると,最近キンシャサ市内でコレラが流行しており,第21週(5月21日から同28日まで)で48名のコレラ疑い(4名確定),2名の死亡が報告されています。

(2)発生が確認されているのは,キンシャサ市内のCamp Kokolo(コレラ疑い43名),Limete区(同4名),Maluku区(同1名)の各地域で,いずれも,生活状態,衛生環境の悪さが原因と考えられています。

2 コレラについて

(1)特徴

コレラ菌が経口感染することにより,腸内でコレラ毒が産生されると,猛烈な下痢(米のとぎ汁の様な下痢が典型です。)を起こし,脱水状態となります。この脱水により,命に関わることがあり,特に,小児,老人ではこの傾向が強いです。

(2)対策

予防が第一です。消毒された清潔な水の確保,食器・調理器具の洗浄,手洗いの励行をお願いします。汚染された水や氷,魚,野菜を摂取しないよう注意して下さい。

(3)治療方法

治療はまずは脱水改善の為の電解質を含んだ経口補液です。困難な場合は点滴静脈注射となります。コレラ菌には効く抗菌剤がありますので,もし,ひどい下痢があった場合は,必ず信頼できる病院へ行って診察・治療を受けて下さい。

遠方に居住される方も,キンシャサへ立ち寄りの際はくれぐれも注意願います。

本件問い合わせ先

コンゴ民主共和国日本国大使館 領事担当:福井(081 880 5912)