海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

大使館から注意喚起(メルボルンにおけるテロ事件)

●6月5日夕刻,メルボルン市ブライトン地区で発生した銃撃人質事件を受け,外務省海外安全情報(スポット情報)「オーストラリア:メルボルンにおけるテロ事件発生に伴う注意喚起」が発出されました。

●6日,ターンブル豪首相は,本事件をテロ攻撃であるとし,更なるテロへの警戒を呼びかけています。

●上記を踏まえて,以下を参照し,オーストラリア国内においてテロ事件等不測の事態に巻き込まれることのないよう,最新の関連情報の収集に努めてください。

キャンベラ在留邦人の皆様へ(6月6日)

在オーストラリア日本国大使館

☆外務省海外安全情報(スポット情報)「オーストラリア:メルボルンにおけるテロ事件発生に伴う注意喚起」の詳細については,下記の内容をよくお読み下さい。

1 現地警察によれば,6月5日夕刻,メルボルン市ブライトン地区で男がサービス・アパートに押し入り,女性を人質にとる事件が発生しました。アパートのロビーでは射殺された男性の遺体が見つかり,警察との銃撃戦により,押し入った男は射殺されました。この地域は日本人もよく立ち寄ったり,滞在するところでもあります。

2 本件との関連性は不明ですが,ISIL(イラクとレベントのイスラム国)の事実上の通信社とされる「アアマーク通信」はこの事件が「ISILの戦闘員」によるものと言及しています。6日,ターンブル豪首相は,本事件をテロ攻撃であるとし,更なるテロへの警戒を呼びかけています。

3 2014年12月にはシドニーで人質立てこもり事件が発生しており,また,昨年9月にはISILがウェブ雑誌を通じてオーストラリアの象徴的な場所におけるテロを呼びかけるなどしています。

 オーストラリアにおいて,引き続き,ISILによるテロの呼びかけに呼応する者などがテロ活動を行い,日本人が被害に遭う可能性を排除できません。

4 オーストラリア政府によれば,現時点では,同国のテロの脅威レベル(「Probable」(起こりそうである))に特段の変更はありませんが,連邦・各州当局では最近のテロ情勢を踏まえ,大規模なイベント等における警戒態勢を見直す等の動きが見られます。以上の状況を考慮し,不足の事態に巻き込まれないよう引き続き以下の対応に努めてください。

(1)最新の関連情報の入手に努める。

(2)テロ・誘拐等の標的となりやすい場所(※)を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる等,安全確保に十分注意を払う。

 (※)リゾート施設,各種イベント会場,観光施設,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,劇場,コンサート会場等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等

5 在留届の提出や「たびレジ」への登録を必ず実施してください。

3ヶ月以上海外に滞在する方は在留届の提出を,また3ヶ月未満の場合は「たびレジ」にご登録ください。(たびレジの登録: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/  )

6 日本の外務省作成の「テロ対策パンフレット」も併せお読みください。

(1)パンフレット「海外へ進出する日本人・企業のための爆弾テロ対策Q&A」

(2)パンフレット「海外旅行のテロ・誘拐対策」

(パンフレットは,http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pamph.html に掲載。)

○外務省 海外安全ホームページ

http://www.anzen.mofa.go.jp/

http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (携帯版)

http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.htmlスマートフォン版)

(現地公館連絡先)

○在オーストラリア日本国大使館

住所:112 Empire Circuit, Yarralumla, Canberra A.C.T. 2600, Australia

電話:(61-2)6273-3244

Fax:(61-2)6273-1848

ホームページ:http://www.au.emb-japan.go.jp/jp/index.html

○在シドニー日本国総領事館

住所:Level 12, 1 O'Connell Street, Sydney, N.S.W. 2000, Australia

電話:(61-2)9250-1000

Fax:(61-2)9252-6600

ホームページ:http://www.sydney.au.emb-japan.go.jp/index_j.htm

○在パース日本国総領事館

U22 / Level 2, 111 Colin Street, West Perth, WA 6005, Australia

(P.O. Box 1915, West Perth WA 6872)

電話:(61-8)9480-1800

Fax:(61-8)9480-1801

ホームページ:http://www.perth.au.emb-japan.go.jp/jp/index.html

○在ブリスベン日本国総領事館

17th Floor, 12 Creek Street, Brisbane, Queensland 4000, Australia

電話:(61-7)3221-5188

Fax:(61-7)3229-0878

ホームページ:http://www.brisbane.au.emb-japan.go.jp/jp/

○在メルボルン日本国総領事館

Level 25, 570 Bourke Street, Melbourne, VIC 3000, Australia

電話:(61-3)9679-4510

Fax:(61-3)9600-1541

ホームページ:http://www.melbourne.au.emb-japan.go.jp/index_j.html

○在ケアンズ領事事務所

Level 15, Cairns Corporate Tower, 15 Lake Street, Cairns, QLD 4870, Australia

電話:(61-7)4051-5177

Fax:(61-7)4051-5377

ホームページ:http://www.brisbane.au.emb-japan.go.jp/jp/about/cairns.html

在オーストラリア日本大使館からのお知らせ)

<年金受給資格期間短縮について>

海外にお住まいの方で,日本の年金制度に加入したことがある方への御案内です。

2017年(平成29年)8月より,年金を受け取るために必要な資格期間が25年から10年に短縮されます。

詳細は,下記URL(日本年金機構HP)を御参照ください。」

 リンク< http://www.nenkin.go.jp/international/english/index.files/leaflet.pdf >

<安全の手引き(ACTにお住まいの皆さまへ)の更新について>

最新のACTにおける犯罪発生状況,生活における防犯の手引き,ACT周辺の動植物についての注意喚起,緊急事態における対処要領,警察等の緊急連絡先などを掲載しておりますのでご活用下さい。皆様の安全対策の一助としていただければ幸いです。

 リンク< http://www.au.emb-japan.go.jp/files/000228475.pdf >

<「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」について>

 この度,外務省の海外安全ホームページに「ゴルゴ13」の原作者さいとう・たかを氏による「ゴルゴ13の中堅・中小企業向け海外安全対策マニュアル」が今年3月末より電子版で掲載されています。毎週1話ずつアップし,全13話で完結する予定となっており,6月5日現在,第11話まで配信しています。以下のリンクよりご覧下さい。

 リンク< http://www.anzen.mofa.go.jp/anzen_info/golgo13xgaimusho.html >

<平成29年 大使館休館日のご案内>

○閉館日 土曜、日曜日及び次の祝日

○休館日     

6月12日(月) クイーンズ・バースデー

7月17日(月) 海の日(日本の休日)

9月25日(月) ファミリー&コミュニティ・デー

10月2日(月) レイバー・デー

12月25日(月) クリスマス・デー

12月26日(火) ボクシング・デー

12月29日(金) 年末休暇

******************************************

在オーストラリア日本国大使館領事部

112 Empire Circuit,

Yarralumla, ACT 2600 Australia

Tel : 02-6273-3244(代表)

Fax : 02-6273-1848

Web : http://www.au.emb-japan.go.jp/jp/

E-mail : consular@cb.mofa.go.jp(領事メール)

******************************************

広告を非表示にする