海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

鳥インフルエンザの発生に伴う注意喚起(日本大使館)

1 6月5日、済州島で発生した鳥インフルエンザ(Avian Influenza:AI)が高病原性インフルエンザであることが確認されたことにより、韓国政府は警戒レベルを最も高い水準の「深刻」に引き上げました。

2 済州島のほか全羅北道益山(イクサン)・完州(ワンジュ)・群山(グンサン)、京畿道坡州(パジュ)、釜山等でも鳥インフルエンザが検出された旨、農林畜産食品部により発表されております。

3 保健福祉部疾病管理本部は、鳥インフルエンザの予防対策について次のとおり呼びかけています。

(1)畜産農家などへの訪問を自制し、消毒措置にご協力ください

(2)鳥などの死体に接触しないでください

(3)手を30秒以上洗い、できる限り手で目や鼻、口を触らないでください

(4)畜産農家を訪問したり、鳥との接触があった後、10日以内に発熱や、咳、のどの痛み等があれば、保健所または「1339」(疾病管理本部コールセンター)に連絡ください

4 その他、下記のホームページ等もあわせてご確認ください。

(1) 農林畜産食品部(韓国語)

http://www.mafra.go.kr/list.jsp?board_kind=C&board_skin_id=C3&depth=1&division=B&group_id=3&link_menu_id=&link_url=&menu_id=1125&menu_name=%BA%B8%B5%B5%C0%DA%B7%E1&parent_code=3&popup_yn=N&reference=2&tab_yn=N&code=left

(2)保健福祉部(韓国語)

http://www.mohw.go.kr/front_new/al/sal0301ls.jsp?PAR_MENU_ID=04&MENU_ID=0403

(3)国民安全処(韓国語)

http://www.mpss.go.kr/home/safetys/disasterInfo/disasterTypeInfo2/0007/

(4)外務省 海外渡航者のための鳥インフルエンザに関するQ&A(日本語)

http://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/sars_qa.html

************************************************************************************

大韓民国日本国大使館領事部(旅券・証明・戸籍・国籍・在留届・在外選挙・邦人援護担当)

e-mail:ryojisodan.seoul@so.mofa.go.jp

Tel:(国番:+82)02-739-7400(代表:夜間および休館日は緊急オペレーターに接続されます)

Fax:(国番:+82)02-723-3528

住所:大韓民国ソウル特別市鍾路区粟谷路6 ツインツリータワーA棟 8F 〒03142

窓口業務時間:9:30〜12:00,13:30〜17:00

ホームページ:/http://www.kr.emb-japan.go.jp/people/

************************************************************************************

広告を非表示にする