海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

在ウガンダ大使館からのお知らせ

エボラ出血熱発生疑いに関する注意喚起(3報)

在留邦人および短期渡航者の皆様へ

6月6日付領事メールで,ウガンダ北部アジュマニ県のエボラ出血熱の疑い患者について、検査結果が陰性であったことをお伝えしました。7日には新聞でも報道されております。保健省からもプレスリリースが公表されましたのでお知らせ致します。

プレスリリースでは、エボラ疑い例の否定だけでなく、コンゴ民主共和国(以下DRC)でのアウトブレイクに対する予防策についても説明されていました。概略は次のとおりです。

ウガンダ国内でのエボラ出血熱患者の発生はありません。グル市の疑い患者については、全ての種類のエボラ出血熱、加えてマールブルグ病,クリミア・コンゴ出血熱,リフトバレー熱などのウイルス性出血熱が全て陰性でした。

ウガンダ保健省は、DRCでのエボラ出血熱発生に対して、(1)エンテベ国際空港でDRCからの到着客(21日以内にDRCに渡航した全ての乗客を含む)に対する検疫の強化、(2)カンパラ市、ワキソ県、それにDRC国境に近い12の県に対して、エボラ出血熱タスクフォースの再開、サーベイランス体制と検疫強化、(3)ブンディブギョ県とエンテベ国際空港には隔離施設の設置などを行っています。旅行者に対しては、イミグレ、検疫、セキュリティの担当官への協力を要請します。」

当館では,引き続き同様のケースがありました場合には,情報提供に努めて参ります。

以上,取り急ぎ御連絡致します。

お問い合わせ先

○在ウガンダ日本国大使館

 住所:Plot No.8, Kyadondo Road, Nakasero, Kampala, Uganda.

    (P.O.Box 23553 Kampala, Uganda)

 電話:(市外局番041)4349542〜4,

  国外からは(国番号256)41-4349542〜4

 FAX :(市外局番041)4349547

  国外からは(国番号256)41-4349547

 ホームページ: http://www.ug.emb-japan.go.jp/index_j.htm

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。

URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

広告を非表示にする