海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

注意喚起(夜間の行動について他)

●夜間における犯罪被害が発生しています。

●飲酒運転は当地でも違法です。

1 夜間における犯罪被害

(1)6月21日午後10時頃、邦人被害はありませんでしたが、グアナファト州とケレタロ州の州境付近の都市(アパセロ・デル・アルト市)のバー「ラ・カバーニャ」に武装集団が乱入し発砲、6名が死亡、10名が負傷する事案がありました。

 (2)6月16日午前2時頃、サンルイスポトシ市飲食店で飲食した後、同飲食店から10mほど先の路上で邦人が警察官に職務質問され、「酔って歩いているのは罪になる。どうして飲食店の前でタクシーを拾わないのか。警察署まで行かなければならない」等と言われ被害者が所持していた物を調べられ手持ちバックと現金を取り上げられた事案が発生しました。

 当地では犯罪組織間の縄張り争いを背景に夜間に殺人事件が増加しています。ディスコ、バー、ナイトクラブ、裏通りの露店等では、違法に麻薬が取引されていると言われているため、こうした場所への接近はできるだけ避けることが賢明です。

また、グアナファト州を含めメキシコの多くの州では,路上での飲酒が禁じられています。場合によっては警察当局により身柄を拘束されることがありますので,紛らわしい言動も含め,行動には十分注意してください。

2 メキシコでも飲酒運転は違法です。

 メキシコでも日本と同様に、飲酒運転は禁止されておりますので絶対に止めてください。運転者の身柄拘束後に36時間の留置の可能性があり、日本人を含む違法行為については、非常にインパクトがあり、会社名及び氏名が新聞等で報道される可能性もありますので、節度ある行動を心がけるようお願い致します。

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

(問い合わせ先)

在レオン日本国総領事館

Blvd. Adolfo Lopez Mateos No.1717 Piso 9, Col. Los Gavilanes, Leon, Guanajuato

Tel: +52(477)343-4800

Fax: +52(477)764-0603(領事班)

Email: ryojibu@lo.mofa.go.jp

★外務省海外安全ホームページでは,海外における安全対策としての注意事項をまとめた各種資料を公開していますので,皆様の海外安全対策にお役立てください。

<海外安全虎の巻>

 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/tora_2017.pdf

<海外赴任者のための安全対策小読本>

 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_08.pdf

<海外における脅迫・誘拐対策Q&A>

 http://www.anzen.mofa.go.jp/pamph/pdf/pamph_04.pdf

★万が一,犯罪被害に遭われた際は,当館領事班までご連絡ください。

★転居・帰国・家族構成の変更等により在留届の記載事項に変更があった場合は、インターネット(http://www.ezairyu.mofa.go.jp/)で変更の手続きをしていただくか、変更届けをFAX、郵送又はスキャンデータのメール送信にて当館まで提出していただくようお願いします。

★日本人の安全に関わる情報等広く周知すべき情報は,在留届に登録されたメールアドレスに送信されます。

★「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

広告を非表示にする