海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

ジカウイルス感染症に関する感染症広域情報の更新

・国際保険機関(WHO)が,フランス領グアドループ及びマルティニーク(いずれもカリブ海西インド諸島に所在)におけるジカウイルス感染症の伝播状況をカテゴリー1からカテゴリー3に変更(カテゴリーの定義は本文参照)

ホンジュラスは,依然としてカテゴリー1に分類されているため,肌の露出の少ない服の着用,虫よけの活用など,蚊に刺されない対策が必要

1 更新の概要

国際保健機関(WHO)が,フランス領グアドループ及びマルティニークにおけるジカウイルス感染症の伝搬状況をカテゴリー1からカテゴリー3に変更したことを踏まえ,ジカウイルス感染症に関する感染症広域情報を更新され,海外安全ホームページに掲載されました。

更新された感染症広域情報は,以下のリンクからご覧頂けます。

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C153.html

2 カテゴリーについて

WHOは,ジカウイルス感染症について,伝播状況に応じて4つのカテゴリーに分類して注意喚起を行っており,妊娠中の女性に対して,カテゴリー1及び2の地域には渡航しないように呼びかけています。各カテゴリーの定義は以下のとおりです。

(1)カテゴリー1

2015年以降初めて又は再び感染事例が報告され,現在も感染伝播が起きている地域

(2)カテゴリー2

2015年以前にウイルス伝播が確認又は2015年以降新たに感染事例が報告され,中断なく感染伝播が起きている地域

(3)カテゴリー3

感染伝播は途絶えているが,将来感染伝播が起こる可能性がある地域

(4)カテゴリー4

ネッタイシマカの生息が確認されているが,これまでに感染事例の報告がない地域

3 お願い

(1)WHOによると,ホンジュラスはカテゴリー1に分類されています。

(2)ホンジュラスにおけるジカウイルス感染者数は,昨年と比べて大幅に減少していますが,WHOにより,現在も感染伝播が起きている地域に分類されていることを踏まえ,今後も,肌の露出が少ない服の着用,虫よけの活用など,蚊に刺されない対策をお願いします。

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】

ホンジュラス日本国大使館

住所:Col. San Carlos, Calzada Rep. Paraguay, Tegucigalpa, M.D.C., Honduras, C.A.

電話:2236−5511

国外からは(国番号504)2236−5511

Email:ejh-ryojibu@te.mofa.go.jp

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

広告を非表示にする