海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

熱中症についての注意喚起

在留邦人の皆様

1 西南部ではこれから,猛暑が本格化すると予想されています。

こうした中,日中とりわけ屋外での運動時には,熱中症に十分注意してください。また,暑さによる体調不良により思わぬ疾病を引き起こすこともありますので,十分な注意が必要です。

(1) 熱中症とは

高温(多湿)な環境に長くいることで,徐々に体内の水分や塩分のバランスが崩れ,体温調節がうまく働かなくなり,体内に熱がこもった状態を指します。屋外だけでなく屋内で何もしていないときでも発症し,場合によっては死亡することもあります。

(2) 熱中症の症状

めまい,立ちくらみ,手足のしびれ,筋肉のこむら返り,気分の悪化,頭痛,吐き気,嘔吐,倦怠感,虚脱感,いつもと様子が違う など

重症になると,返事がおかしい,意識消失,けいれん,からだが熱い など

2 熱中症を予防するために,特に以下の点にご留意ください。

(1) 熱中症の予防

〇暑さを避ける。

(室内では)

・エアコン等で温度を調節(室温をこまめに確認)。

・遮光カーテンで室内温の上昇を防ぐ。

(外出時には)

・特に気温の上昇する昼前後の外出を避ける。

・日傘や帽子を着用する。

・日陰を選び,こまめに休憩する。

(体の蓄熱を避けるために)

・通気性の良い,吸湿性・速乾性のある衣服を着用する。

・保冷剤,氷,冷たいタオルなどで体を冷やす。

〇こまめに水分補給をする

 室内でも,外出時でも,のどの渇きを感じなくても,こまめに水分・塩分,経口補水液(水に食塩とブドウ糖を溶かしたもの)などを補給する。

(2) 熱中症が疑われたら

(涼しい場所へ)

 エアコンが効いている室内や風通しの良い日陰など,涼しい場所へ避難する。

(体を冷やす)

 衣服をゆるめ,体を冷やす(特に,首の周り,脇の下,足の付け根など)。

(水分補給)

 水分・塩分,経口補水液などを補給する。

(自分で水が飲めない,意識がない場合)

 すぐに医療機関を受診する。

(3)関連サイト

環境省 熱中症予防情報サイト

http://www.wbgt.env.go.jp/

広告を非表示にする