海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

フィンランドでも注意して行動してください。

●周囲の状況に十分ご注意の上、慎重に行動してください。

1 フィンランドでは,夏季期間中,国中で数多くのイベントやフェスティバルが行われ,酒気を帯びた市民もみられることから、人混みの中などで不測の事態が発生する可能性も排除できません。また,報道によれば28日(金)夕,ヘルシンキ市内中心部で酒気帯び運転による交通事故が発生。歩行者1名がなくなっています。酒気帯び運転や暴力に巻き込まれたり、スリ等の被害にあうことがないよう、周囲の状況に十分ご注意の上、慎重に行動してください。

2 フィンランド渡航・滞在される方も,不測の事態に巻き込まれないよう以下の一般的な注意事項を踏まえた行動に努めてください。

(1)最新の関連情報の入手に努める。

(2)以下の場所がテロの標的となりやすいことを十分認識する。

観光施設,観光地周辺の道路,記念日・祝祭日等のイベント会場,レストラン,ホテル,ショッピングモール,スーパーマーケット,ナイトクラブ,映画館等人が多く集まる施設,教会・モスク等宗教関係施設,公共交通機関,政府関連施設(特に軍,警察,治安関係施設)等。

(3)上記(2)の場所を訪れる際には,周囲の状況に注意を払い,不審な人物や状況を察知したら速やかにその場を離れる,できるだけ滞在時間を短くする等の注意に加え,その場の状況に応じた安全確保に十分注意を払う。

(4)現地当局の指示があればそれに従う。特にテロに遭遇してしまった場合には,警察官等の指示をよく聞き冷静に行動するように努める。

【車両突入の場合】

●ガードレールや街灯などの遮へい物がない歩道などでは危険が増す。

【コンサート会場,スポーツの競技場等の閉鎖空間】

●会場には時間より早めに入る,終了後はある程度時間を置いてから退出するなど,人混みを避けるよう努める。

●セキュリティの確保されていない会場の外側や出入口付近は危険であり,こうした場所での人だまりや行列は避けるようにする。

●不測の事態の発生を念頭に,会場の出入口や非常口,避難の際の経路等についてあらかじめ入念に確認する。

●周囲がパニック状態になっても冷静さを保つように努める。

【爆弾,銃器を用いたテロに遭遇した場合】

●爆発,銃撃の音を聞いたらその場に伏せるなど直ちに低い姿勢をとる。

●頑丈なものの陰に隠れる。

●周囲を確認し,可能であれば,銃撃音等から離れるよう,速やかに,低い姿勢を保ちつつ安全なところに退避する。閉鎖空間の場合,出入口に殺到すると将棋倒しなどの二次的な被害に遭うこともあり,注意が必要。

(連絡先)

フィンランド日本国大使館 領事班 領事メール担当 池 山 昌 明

電 話:+358(0)9-686-0200  ★09:00-12:00,13:30-16:00★

FAX:+358(0)9-633-012

メール:consular@hk.mofa.go.jp

This message is sent from Consular section, Embassy of Japan in Finland to Japanese residents in Finland.

Please note this message does NOT include any emergency information.

If this message does not display in Japanese, please call Consular section, Embassy of Japan in Finland.

TEL 09-686-0200

広告を非表示にする