海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

大使館からの注意喚起(VOAを巡るトラブル)

 

 VOA(到着ビザ)による入国に際しては、以下の確認をお願いします。

●VOAにて入国する際には、「VISA ON ARRIVALカウンター」で35米ドルを支払い、領収書(二枚綴り)を受領すること。

●VOAを購入後、「入国審査ブース」で入国審査官にパスポートや領収書を提出する際、明示的に入国審査官に「VOAによる入国である」旨を伝えること。

●入国審査を終え、パスポートが返却された際には、その場でVOAシールがパスポートに貼付され、入国印が押印されていることを確認すること。仮にシールが貼られず、「VISA EXEMPTION」との緑色の入国印が押印された場合には、その場で訂正を求めること。

●パスポートの返却とあわせて、領収証の半券(FOR APPLICANT)を受領すること。領収証が返却されない場合や誤った日付の領収証が返却された場合、適正な領収証の返却を求めること。

インドネシアにお住まいの皆様、出張者および旅行者の皆様へ

平成29年8月1日(大17第35号)

インドネシア大使館

1 昨今、ジャカルタスカルノ・ハッタ空港において、日本人の方が到着ビザ(Visa on Arrival(VOA):35米ドル)によって入国する際に、トラブルが多発しています。

 具体的なトラブル内容は以下の通りです。

(1)35ドルを支払っても領収書が発行されず、またVOAシールも貼付されずに単にビザ免除のスタンプ(「VISA EXEMPTION」の緑色のスタンプ)しか押印されていないケース。

(2)35ドルを支払って領収書が発行されても、VOAシールが貼付されずにビザ免除のスタンプしか押印されていないケース(領収書の日付が当日でないこともあり)。

(3)間違えて、居住外国人やビザを取得している外国人用の入国審査カウンターまで行き、その場でVOA手続きをすると、良心的な担当官は「VOA購入窓口」を案内するが、悪質な担当官はその場で35ドルを受け取り、本来は領収書を発行するカウンターではないにもかかわらず領収書(使い古しや日付違いもあり)を発行し、或いは領収書を発行せず、ビザ免除のスタンプを押印するケース。

(4)ビジネス目的のためVOAを購入しようとしているにもかかわらず、ビザ免除を勧められ免除のスタンプを押印されるケース。

(5)観光や親族訪問等を目的としてビザ免除で入国するつもりが、カウンター職員からVOA購入を強要され、やむなく35ドルを支払わされ、領収書が発行されかつVOAシールが貼付される、或いは領収書が発行されず、VOAシール貼付もなくビザ免除のスタンプを押印されるケース。

2 入国管理局に対しては、随時当館から改善を申し入れてきていますが、未だ上記のようなトラブルが発生しています。

 つきましては、VOAによる入国に際しては、以下の確認をお願いします。

(1)VOA(到着ビザ)にて入国する際には、「VISA ON ARRIVALカウンター」で35米ドルを支払い、領収書(二枚綴り)を受領する。

(2)VOAを購入後、「入国審査ブース」で入国審査官にパスポートや領収書を提出する際、明示的に入国審査官に「VOAによる入国である」旨を伝える。

(3)入国審査を終え、パスポートが返却された際には、その場でVOAシールがパスポートに貼付され、入国印が押印されていることを確認する。仮にシールが貼られず、「VISA EXEMPTION」との緑色の入国印が押印された場合には、その場で訂正を求める。

(4)パスポートの返却とあわせて、領収証の半券(FOR APPLICANT)を受領する。領収証が返却されない場合や誤った日付の領収証が返却された場合、適正な領収証の返却を求める。

3 上記の対応を行っても、なお入国審査官がVOAによる入国を認めない、領収証を返却しない等のトラブルが発生した際には、可能な限り入国審査官の氏名を記録し、速やかに当館までご報告をお願いします。

 なお、VOAを購入したにもかかわらずビザ免除にて入国させられた日本人に対し、入国管理局が事後に誤りを認め、同日本人が再度空港へ赴き、VOAのシールを貼付された事例もあります。

4 インドネシア入国に際しては、改めて以下の諸点につきご注意願います。

(1)VOAの購入は、米貨35ドルの現金しか受け付けないこととなっております。日本円やインドネシア・ルピア等の米貨以外の現金や、クレジットカードによる支払は受け付けておりませんので、ご注意ください。

(2)VOA、またはビザ免除による入国の場合、帰路のチケット、または第3国へのチケットが必要です。

(3)パスポートの残存有効期間は6ヶ月以上(インドネシア入国時)、かつビザ欄に連続した2ページ以上の空白ページが必要です。

(参考)

インドネシアへ入国する際のビザ取得について - 在インドネシア日本国大使館

http://www.id.emb-japan.go.jp/visaj_10_01.html

ビザ免除について- 在インドネシア日本国大使館

http://www.id.emb-japan.go.jp/visaj_10_01.html#2

5 ジャカルタ・ジャパン・クラブ(JJC)においても同様の注意喚起を行っておりますので、お知らせします。

Visa On Arrival(VOA) 入国時の注意点 - Jakarta Japan Club

http://jjc.or.id/houjin/news/visa-on-arrival%ef%bc%88voa%ef%bc%89%e3%80%80%e5%85%a5%e5%9b%bd%e6%99%82%e3%81%ae%e6%b3%a8%e6%84%8f%e7%82%b9/

インドネシア日本国大使館領事部

TEL 021−3192−4308

FAX 021−315−7156

○ 大使館ホームページ:http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html 

○ 大使館閉館中の緊急連絡(24時間対応)

021−3192−4308(代表)

(続けて、1(日本語選択)のあと、2(緊急の用件)をプッシュしてください。)

○ 外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp

http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版)

※ このメールは、在留届、メールマガジン及びたびレジに登録されたメールアドレスに自動的に配信されておりますので、重複して配信される場合があります。

※ 大変申し訳ありませんが、時間帯等によりましては、お電話が非常に繋がりにくくなっております。また、プッシュ回線でない場合は音声ガイダンスの操作に反応しないことがありますが、ご自身の電話機の設定を操作いただくことにより解消出来るようです。お手数ですが、緊急時等のため、前もってご自身の電話機の操作方法等をご確認しておいていただけますようお願い致します。

※ 在留届は緊急時の情報提供や安否確認等に必要となりますので、在留開始時や帰国(転出)時、在留届記載事項の変更時の届出を励行願います(ORRnet:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/ )。

届出済であってもメールが配信されない場合は、まことに恐れ入りますが、最寄りの在外公館または外務省領事局政策課システムサポートデスク(E-Mail: ezairyu@mofa.go.jp 、TEL:03-3580-3311、内線4476又は5818)までご連絡ください。

※ このメールの発信元アドレスは配信専用のアドレスですので、このメールに返信することは出来ません。

   

以 上

広告を非表示にする