海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

大使館からの注意喚起(労働団体による大規模デモ)

●明日8月8日(火)朝9:30頃から、モナス周辺等において、労働団体による数千人規模のデモが行われる見込みですので、デモが行われている場所には近づかないようご注意ください。

ジャカルタにお住まいの皆様、出張者および旅行者の皆様へ

平成29年8月7日(大17第36号)

インドネシア大使館

 当地治安当局からの情報によれば、明日8月8日(火)、西ジャワ州最低賃金の撤回等を求め、インドネシア金属労連(FSPMI:Federasi Serikat Pekerja Metal Indonesia)が次のとおり数千人規模のデモを行う見込みです。

○時間:8月8日(火)朝9:30からデモ終了まで

○場所:モナス(Monas:独立記念塔)南西側のロータリーに集合後、次の各場所に移動してデモを実施予定。なお労働省のみクニンガン地区(Kuningan)に位置し、その他はモナス周辺に位置。

−大統領宮殿(Istana Merdeka)

−副大統領府(Istana Wakil Presiden)

憲法裁判所(Mahkamah Konstitusi)

−エネルギー・鉱物資源省(Kementerian Energi dan Sumber Daya Mineral)

労働省(Kementerian Ketenagakerjaan)

〇参加者:ブカシ、タンゲラン、カラワン等の労連関係者が集合予定

つきましては、在留邦人、当地への出張者および旅行者の皆様におかれては、今後のデモ活動に関する情報にご注意いただくとともに、デモが行われている場所には近づかないようにし、デモ隊を見かけた際には近寄ることはせず、ご自身の身の安全を確保するようにしてください。

また、デモが行われる周辺道路では渋滞が発生する可能性がありますので、お出かけの際にはご注意下さい。

インドネシア日本国大使館領事部

TEL 021−3192−4308

FAX 021−315−7156

○ 大使館ホームページ:http://www.id.emb-japan.go.jp/index_jp.html 

○ 大使館閉館中の緊急連絡(24時間対応)

021−3192−4308(代表)

(続けて、1(日本語選択)のあと、2(緊急の用件)をプッシュしてください。)

○ 外務省 海外安全ホームページ: http://www.anzen.mofa.go.jp

http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp(携帯版)

※ このメールは、在留届、メールマガジン及びたびレジに登録されたメールアドレスに自動的に配信されておりますので、重複して配信される場合があります。

※ 大変申し訳ありませんが、時間帯等によりましては、お電話が非常に繋がりにくくなっております。また、プッシュ回線でない場合は音声ガイダンスの操作に反応しないことがありますが、ご自身の電話機の設定を操作いただくことにより解消出来るようです。お手数ですが、緊急時等のため、前もってご自身の電話機の操作方法等をご確認しておいていただけますようお願い致します。

※ 在留届は緊急時の情報提供や安否確認等に必要となりますので、在留開始時や帰国(転出)時、在留届記載事項の変更時の届出を励行願います(ORRnet:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/ )。

届出済であってもメールが配信されない場合は、まことに恐れ入りますが、最寄りの在外公館または外務省領事局政策課システムサポートデスク(E-Mail: ezairyu@mofa.go.jp 、TEL:03-3580-3311、内線4476又は5818)までご連絡下さい。

※ このメールの発信元アドレスは配信専用のアドレスですので、このメールに返信することは出来ません。

   

以 上

広告を非表示にする