海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

車両放火事件の相次ぐ発生に伴う注意喚起

○7月31日頃から8月6日頃にかけて、ベルリン市郊外(ヴィッテナウ、メルキッシェス・フィアテル、シェーネベルク、クロイツベルグ、シュテーグリッツ)において、何者かによる車両の放火容疑事件が相次ぎ発生しております。

○在留邦人・邦人渡航者の皆様におかれましては、特に深夜帯にかけて事件が発生している付近での路上駐車をできる限り差し控え、その他の場所においても常に安全な駐車場所を確保する等、身の回りの行動には十分にご用心下さい。

○万が一事件・事故等に遭遇した場合は、現地の警察等に通報の上、警察官等の指示に従い行動し、被害状況によっては当館にもご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

当館管轄6州にお住まいの皆様へ

在ドイツ日本国大使館

【件名】 車両放火事件の相次ぐ発生に伴う注意喚起について

【ポイント】

○7月31日頃から8月6日頃にかけて、ベルリン市郊外において、何者かによる車両の放火容疑事件が相次ぎ発生しております。

○被害場所は、ベルリン市北部ヴィッテナウやメルキッシェス・フィアテル、ベルリン市南部のシェーネベルク、クロイツベルグ、シュテーグリッツ付近の路上であり、主に夜間にかけて発生しています。犯人が捕まったという情報は未だ得られておりません。

○在留邦人・邦人渡航者の皆様におかれましては、特に深夜帯にかけて、事件が発生している付近での路上駐車をできる限り差し控え、その他の場所においても常に安全な駐車場所を確保する等、身の回りの行動には十分にご用心下さい。

○万が一事件・事故等に遭遇した場合は、現地の警察等に通報の上、警察官等の指示に従い行動し、被害状況によっては当館にもご連絡いただきますよう、よろしくお願いいたします。

○ また、依然として欧州ではテロ事件等が続発しており、引き続きテロに対する警戒も必要です。最新情報の入手に努め、テロの標的となりやすい場所を訪れる際には、安全確保に十分注意を払ってください。情報収集には「たびレジ」を活用してください。

【内容】

最近の車両放火容疑事件の概要は、ベルリン州警察のプレスリリース(berlin.de)等に掲載されております。主な概要等は以下のとおりですので、ご参考にして下さい。

(1)7月31日午後9時45分頃、ベルリン市北部のメルキッシェス・フィアテルのショルフハイデ通りの駐車場において、駐車中のオートバイが炎上しているのが目撃された。通報を受けた消防隊が火を消し止めた。オートバイは火災により損壊した。

(2)8月1日午前0時45分頃、ベルリン市北部のヴィッテナウのリューバルザー通りで通行人が通り沿いに駐車中のアウディが燃えているのを発見し、消防に通報した。車両火災は完全に消し止められた。車両のエンジン部分とリア部分が炎により損壊した。また、駐車中のフォルクス・ワーゲンもエンジン部分が損壊した。

(3)8月2日、車両とトレーラーから不審火が発生した。目撃者によれば、8月2日午前1時40分頃、2人の男達がベルリン市南部のシェーネベルクのグラザーダムの駐車場に止められたオペル・コルサに近づいたと語った。一人は道路の真ん中に立ち、付近の様子を見ており、もう一人が車両の方に向かった。そして、彼らがその場から走り去り、車両から炎が上がったのを目撃したという。目撃者は消防と警察に通報した。消防は火を消し止めたが、被害車両の後ろに駐車されたフォードにも燃え広がり、車両は損壊した。

 この事件の数時間前、クロイツベルグからさらに南に位置するシュテーグリッツにおいては、(8月1日)午後10時45分頃、ビスマルク通りにおいて、及び(8月1日)午後11時30分頃、ムンシュターダムのインズラーナー公園付近において、2台のトレーラーから炎が上がった。これらの車両も何者かに火をつけられたことは明らかであり、通報を受けた消防により消火された。昨晩の3件の車両火災はいずれもけが人はいなかった。州刑事庁の放火事件担当が捜査をしており、事件の関連性の有無を調べている。

(4)8月3日、州警察と消防はベルリン市南部のクロイツベルグにおいて、オペルが燃えているとの通報を受けた。同日午前4時頃、ベルリン州警察52分署の警察官が直ちに現場臨場したが、マントイフェル通りの道路脇において、右のタイヤ付近が燃えていた。警察官は車両火災と認め、炎が延焼することを防ぐことができた。捜査は州刑事庁によって行われている。

(5)8月5日、シュテーグリッツ及びシェーネベルクにおいて、何者かが2台の普通車両とトラックに火を付けた。同日午後11時頃、通行人がメルセデススプリンターの車両後部から炎が上がっているのを目撃し、消防に通報した。消防は現場に急行し消火した。同事案の後、深夜帯において、消防隊がメルセデスのトラックから通報を受けた。同車両はシュテーグリッツのアルゼン通りとフローラ通り付近に駐車されていたが、車両後部タイヤ付近から火の手が上がった状況であった。

(6)8月6日午前0時40分頃、警察官がシェーネベルグのレンブラント通りをパトロール中、フォルクスワーゲンキャディの車両後部から炎が上がっているのを発見し、消化器で延焼を防いだ。消防隊により火は完全に消し止められた。けが人はいなかった模様。いずれの事案も州刑事庁の放火事件担当が捜査を進めている。

連絡先:

在ドイツ日本国大使館

TEL: 030-210940 (閉館時は緊急電話対応業者につながります)

FAX: 030-21094222

e-mail: taishikan-ryoujibu@bo.mofa.go.jp

URL: http://www.de.emb-japan.go.jp/nihongo/index.html

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願い致します。

URL: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

広告を非表示にする