海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

広域情報「ハリケーン・マリアの接近に伴う注意喚起」

●先般、ハリケーン・イルマにより仏領サンマルタン島で甚大な被害が発生しましたが、今般、ハリケーン・マリアがカテゴリー5に発達しており,9月19日(火)以降,カリブ諸国に接近及び上陸する見込みです。

●在フランス大使館の管轄では、仏領サンマルタン島、サン・バルテルミー島グアドループが該当していますが、現地に滞在している方は、最新の気象情報入手に努め、状況によっては早めに国外等安全な場所へ退避をする等適切な安全対策を講じてください。

外務省では、9月19日付にて広域情報「ハリケーン・マリアの接近に伴う注意喚起」を発出しましたので、お知らせします。

http://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2017C195.html

本メールは、在留邦人及びたびレジに登録されている方に配信しています。

2017年9月19日

在フランス日本国大使館領事部

電話:01−4888−6200(海外からは +33−1−4888−6200)

(以下、広域情報)

ハリケーン・マリアの接近に伴う注意喚起 2017年09月19日

【ポイント】

○ハリケーン・マリアはカテゴリー5に発達しており,9月19日(火)以降,カリブ諸国に接近及び上陸する見込みです。

○最新の気象情報入手に努め,状況によっては早めに国外等安全な場所へ退避をする等適切な安全対策を講じてください。

【内容】

1 ハリケーン「マリア(MARIA)」が,大西洋上を西北西へ進んでおり,米国ナショナル・ハリケーン・センターによると,日本時間9月19日午前9時現在,同ハリケーンの勢力はカテゴリ5(最大)で,中心付近の気圧は925ミリバール,最大風速は約71m/sとなっており,アンティグア・バーブーダ等のリーワード諸島の多くの島々にハリケーン警報や熱帯暴風雨警報が発出されています。

 今後,同ハリケーンは勢力を維持したまま,19日(火)以降,プエルトリコリーワード諸島及びその周辺地域を通過し,ドミニカ共和国やハイチの方向へ進む見込みです。

 進路上にある海域及びその周辺地域では,強風や大雨のみならず,ところによっては高潮の発生,洪水・土砂崩れ等の被害や各種交通機関の混乱等も予想されます。

 また,9月上旬に発生したハリケーン・イルマにより,カリブ諸国では甚大な被害が生じ,商用便の運航が停止する等渡航者が脱出することが困難な状況が生じたほか,今後,複合的な災害が発生する可能性もあります。

2 つきましては,これらの地域への渡航・滞在を予定されている方は,以下の関連ウェブサイトを参考にハリケーン情報や現地の気象情報の収集に努め,ハリケーンによる被害が予想される場合には渡航・外出を控える,あるいは日程・移動経路又は訪問地を変更する等,災害や事故に巻き込まれないよう安全確保に努めてください。

 状況によっては,上述の商用便の運航が停止する可能性を考慮のうえ,早めに域外に退避することも検討してください。

【上陸・接近前の備え】

(1)報道及び関係機関から最新の情報を収集する。

(2)停電に備え,懐中電灯,ライター,ろうそく,携帯ラジオ,予備の電池等を準備するとともに,1〜2週間分の飲料水・食料を確保・備蓄する。

(3)避難することも想定し,旅券,現金,雨具,携行用の水,食料等を準備し,いつでも持ち出せるようにしておく。

(4)強風で飛ばされそうなものは,屋内に移す又は固定する。

(5)避難場所や避難コースを確認しておく。

(6)家族等に緊急連絡方法や避難場所の確認を行う。

(7)沿岸部に居住・滞在の場合は高潮の発生にも注意し,あらかじめ安全な内陸部への避難を検討する。

【上陸・接近以降の対応】

(8)報道及び関係機関から最新の情報を収集する。

(9)外出は控える。

(10)現地当局からの避難勧告や指示に従う。また,避難後に最寄りの日本大使館総領事館・領事事務所へ連絡する。

(11)ハリケーン通過後も地盤のゆるみに伴う土砂崩れ等の二次災害に十分注意する。

(12)被害が発生している地域においては,略奪等の治安悪化の可能性にも十分注意する。

(13)被災地では,インフラの破壊(電気や水など),物資供給不足,各交通機関の乱れ,電話等通信網の断絶等が発生しているおそれがあるため,被災地を訪れる場合には,情報収集を行いつつ慎重に検討する。

《 参考 》

米国ナショナル・ハリケーン・センター:( http://www.nhc.noaa.gov/

世界気象機関:( http://severe.worldweather.wmo.int/

ウェザー・チャンネル:( http://www.weather.com/

  

3 万一災害に巻き込まれた場合は,現地の気象当局等が発表する警報等に従って安全確保に努めるとともに,最寄りの在外公館(下記連絡先)まで連絡してください。

4 海外渡航前には万一に備え,家族や友人,職場等に日程や渡航先での連絡先を伝えておくようにしてください。3か月以上滞在する方は,緊急事態に備え必ず在留届を提出してください。(http://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/todoke/zairyu/index.html

また,3か月未満の旅行や出張などの際には,海外滞在中も安全に関する情報を随時受けとれるよう,「たびレジ」に登録してください。

(詳細はhttps://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/# 参照)

(問い合わせ先)

 ○外務省領事サービスセンター

  住所:東京都千代田区霞が関2-2-1

  電話:(代表)03-3580-3311(内線)2902,2903

(外務省内関係課室連絡先)

 ○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐関連を除く)(内線)2306

 ○海外安全ホームページ

  http://www.anzen.mofa.go.jp/ (PC版)

  http://www.anzen.mofa.go.jp/sp/index.htmlスマートフォン版)

  http://m.anzen.mofa.go.jp/mbtop.asp (モバイル版)

(現地大使館等連絡先)

○在トリニダード・トバゴ日本国大使館(アンティグア・バーブーダセントクリストファー・ネーヴィス,ドミニカ,セントルシア,セントビンセント,グレナダを兼轄)

 住所:5 Hayes Street,St. Clair, Port of Spain, Trinidad and Tobago, W. I. (P.O.Box1039)

 電話:628-5991

   国外からは(国番号1-868)628-5991

 FAX:622-0858

   国外からは(国番号1-868)622-0858

 ホームページ:http://www.tt.emb-japan.go.jp/houjin-page.htm

 E-mail: embassyofjapan@po.mofa.go.jp

○在ニューヨーク日本国総領事館プエルトリコを管轄)

 住所:299 Park Avenue, New York, NY 10171, U.S.A.

 電話:(+1-212) 371-8222

 FAX:(+1-212) 319-6357

 ホームページ:http://www.ny.us.emb-japan.go.jp/jp/html/index.html

○在ドミニカ共和国日本国大使館

 住所:Av. Winston Churchill, #1099, Torre Citigroup, Piso 21, Acropolis Center, Ensanche Piantini, Santo Domingo, Republica Dominicana (P. O. Box 9825)

 電話:市外局番(809)567-3365〜7

   国外からは(国番号1)-809-567-3365〜7

 FAX:市外局番(809)566-8013

   国外からは(国番号1)-809-566-8013

 ホームページ:http://www.do.emb-japan.go.jp/jp/index.htm

○在ハイチ日本国大使館

 住所:AMBASSADE DU JAPON

     Hexagone 2F, Angle Rues Clerveaux et Darguin,Petion-Ville, HAITI

 電話:2256-5885/3333

   国外からは(国番号509)-2256-5885/3333

 FAX:2256-9444

   国外からは(国番号509)-2256-9444

 ホームページ:http://www.ht.emb-japan.go.jp/j/

○ 在ジャマイカ日本国大使館(バハマを兼轄)

 住所:NCB Towers, North 6F, 2 Oxford Road, Kingston 5, Jamaica

 電話:(市外局番0876) 929-3338/9

   国外からは(国番号1)-876-929-3338/9

 FAX:(市外局番0876)968-1373

   国外からは(国番号1)-876-968-1373

 ホームページ: http://www.jamaica.emb-japan.go.jp/jp/

○在バルバドス日本国大使館

 住所:Office A. Mars House, No.13 Pine Road, St. Michael, Barbados

 電話:622-4090

   国外からは+1(国番号 246) 622-4090

 FAX:市外局番 622-4059

   国外からは+1(国番号 246)622- 4059

 ホームページ:http://www.tt.emb-japan.go.jp/houjin-page.htm

 メールアドレス: barbados@rt.mofa.go.jp

○在フランス日本国大使館(仏領サニーマルタンサン・バルテルミー島グアドループを管轄)

 住所:7, Avenue Hoche, 75008, Paris, France

 電話: (市外局番01) 4888-6200

   国外からは(国番号33)-1-4888-6200

 FAX: (市外局番01) 4227-5081

   国外からは(国番号33)-1-4227-5081

 ホームページ: http://www.fr.emb-japan.go.jp/jp/

○在英国日本国大使館(英領アンギラモントセラト,バージン諸島を管轄)

 住所:101-104, Piccadilly, London, W1J 7JT, U.K.

 電話:(市外局番020)-7465-6500

   国外(英国本土外)からは(国番号44)-20-7465-6500

 領事班電話番号:(市外局番020)-7465-6565

   国外(英国本土外)からは(国番号44)-20-7465-6565

 ファックス: (市外局番020)-7491-9348,9328(領事班)

   国外(英国本土外)からは(国番号44)-20-7491-9348,9328(領事班)

 ホームページ: http://www.uk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○在オランダ日本国大使館(オランダ領サバ島シント・ユースタティウス島,シントマールテンを管轄)

 住所:Tobias Asserlaan 5, 2517 KC, The Hague, The Netherlands

 電話:(市外局番070)- 3469544

   国外からは(国番号31)-70-3469544

 FAX:(市外局番070)- 3106341

   国外からは(国番号31)-70-3106341

 ホームページ: http://www.nl.emb-japan.go.jp/indexj.html