海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

サンパウロ市における短時間誘拐の発生状況

サンパウロ市における2017年1月〜8月までの短時間誘拐の発生状況(邦人被害に限らず)、及び注意点について、以下の通りお知らせ致します。

1 発生件数

(1)サンパウロ市全体

 279件

(2)発生件数の多い地区

 ○ サントアマロ  20件

 ○ ピニェイロス  17件

 ○ ラパ      16件

 ○ カンポ・リンポ 14件

 ○ モルンビ    11件

 ○ リオ・ピケーノ 10件

2 発生傾向

(1)車両にて仕事帰り途中のビジネスマンの被害が多い。

(2)被害はサンパウロ市西地区に集中している。

(3)主な発生時間帯は、月曜日〜金曜日の18:00〜24:00。

(4)カンピーナス等近隣都市でも発生しているが、サンパウロ市以外の都市での発生事例は少ない。

3 対策

○ 通勤,通学の際は,建物の周囲に不審な人物や車両がいないか確認する。

○ 夫や子供が自宅を出る際,不審な車両が通勤の車両や通学バスなどを尾行していないか確認する。

○ 家族の行動日程などを使用人など関係のない第三者には話さない。

○ 通勤経路は3通りほど用意し,不規則に異なった経路を利用する。

○ 毎週○曜日に決まった場所に出かける等、パターン化した行動は控える。

○ 高価な貴金属を身につけたり,目立つ服装や車両で外出しない。

○ 高級ブティックや宝石店などに出入りする際は,周囲に不審な者がいないか確認するほか,店を出た後に尾行されていないか点検する。

○ 車両で外出する際,後続車両に不審車がいる場合などは,家の周りを一周するなどして尾行されていないか確認する。

○ ゴルフ場など富裕層が出入りする施設には,できるだけ仲間同士声をかけあい,複数車両,複数人で行くようにする。

○ 犯人に抵抗したり,大声をだしたりせず,素直に指示に従う。

○ 必ず解放されるとの信念をもつ。

○ 犯人の顔を見つめたりせず,なるべく目をそらせて会話する。しかし,犯人の特徴は可能な範囲で掴んでおく。

※ 資料提供 Control Risks社

                                                    以上

【問い合わせ先】

サンパウロ日本国総領事館 領事部 邦人保護班

 電話  (55-11)3254-0100

 メール cgjassist@sp.mofa.go.jp

※「たびレジ」簡易登録された方でメール配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delite

※ご帰国、他国に転居等されておられ、帰国(転居)届がお済みでない場合は、誠に恐れ入りますが、

最寄りの在外公館または外務省領事局政策課領事IT班(東京03-3580-3311)まで御連絡ください。

※ご帰国、他国に転居された方で、当館のメールマガジン登録されている方はこちらで登録解除手続きを

お願いいたします。

https://www.mailmz.emb-japan.go.jp/mailmz/delete?emb=sp.br

広告を非表示にする