海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

入国時のイエローカード提示義務〜続報1

○黄熱病流行国からニカラグアに入国される方は,必ずイエローカード(黄熱病予防接種証明書)を携帯してください。

○黄熱病流行国以外の国から入国される場合も,直近に黄熱病流行国に渡航歴のある方はイエローカードを携帯してください。

○長期滞在許可又は就労許可を得た方は,無料で接種を受けることができます。

○空路乗り継ぎで指定国を経由された方は,イエローカードの提示を求められません。

1 イエローカード提示義務

 ニカラグア政府は,11月1日,世界保健機構(WHO)が指定する黄熱病流行国(以下,指定国)からの渡航者に対し,ニカラグア入国時にイエローカード提示を求める措置に関して,改めて注意を呼びかける声明を発表しました。

本件は,指定国からニカラグアに入国する渡航者に対し,接種日から10日以上を経過したイエローカードの提示を義務付ける措置で,本年1月に開始されました。

 指定国からニカラグアへ入国予定の方は,入国時のトラブルに巻き込まれないよう,有効なイエローカードをあらかじめ準備して頂くようお願い致します。

※指定国:アルゼンチン,ボリビア,ブラジル,コロンビア,エクアドル,仏領ギアナパナマパラグアイ,ペルー,ベネズエラ及びアフリカ諸国(コンゴ民,タンザニアサントメ・プリンシペソマリアを除く)

2 過去の渡航歴を理由に入国拒否された事例

(1)先般,イエローカードを持たない非指定国からの渡航者がニカラグアに入国しようとした際,入国時に提出を求められる税関申告書内の過去30日以内の渡航歴欄に,指定国への渡航事実を記載したところ,入国審査官に入国を拒否されたという事例が報告されています。

(2)政府発表では,今回のイエローカード提示義務は,あくまで指定国からの渡航者を対象としておりますが,本事例から,入国審査にあたっては,直近の渡航歴も考慮していると思われます。申告の有無にかからず,入国審査官は常に旅券の渡航歴を確認しておりますので,過去30日以内にとらわれず,直近に指定国への渡航歴のある方は,念のためイエローカードを携帯するようお願い致します。

3 ニカラグア政府からの回答

 本措置について,ニカラグア政府から回答があったものから順次お知らせ致します。

(1)ニカラグア国内での接種方法

対象者:長期滞在許可(Residencia)又は就労許可(Visa de Trabajo) を得た外国人

時間:午前8時〜正午,午後1時〜午後3時(月・水・木),予約不可

場所:ニカラグア保健省El Complejo Nacional de Salud Concepcion Palacios内の診療所

料金:無料

※旅行者への接種は,有料・無料を問わず実施しておりません。

(2)空路により,非指定国から指定国を経由してニカラグアに入国する場合

 非指定国を出発し,乗り継ぎのため,指定国(パナマ等)を経由して,ニカラグアに空路入国する渡航者には証明書の提示は求められません(ホテル宿泊等のため,指定国のトランジットエリア外に出た場合を除く)。

【お問い合わせ先】

ニカラグア日本国大使館 領事班

Embajada del Japon en Nicaragua, Encargado consular

TEL:(505)2266-8668〜8671 FAX:(505)2266-8566

MAIL: consuladojp@mg.mofa.go.jp

緊急時:(505)8853-3130

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願い致します。URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

広告を非表示にする