海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

カラチ市内で発生した中国人襲撃事件に関する注意喚起

● 中国人がクリフトン地区で標的殺人の被害に遭いました。

● 多数の人々が集まることが想定される場所に近づくことは避け、安全に十分配慮した行動を心掛けていただきますようお願いします。

1 2月5日午後、カラチ市内クリフトン地区ザムザマパーク付近において中国人が襲撃され、中国人1名が死亡する事件が発生しました。当地関係当局からの確認情報によりますと、邦人の被害は確認されていません。

2 昨年12月に在パキスタン中国大使館は自国民等に対するテロ攻撃の脅威があるため、安全意識を高め、警戒を強化する旨注意喚起していました。事件発生を受け、カラチ警察は市内における警戒警備を強化していますが、今後も中国人に対する標的殺人事件等が発生し、邦人が巻き込まれ被害に遭う可能性は否定出来ません。

3 そのため、在留邦人の皆様には、多数の人々が集まることが想定される場所に近づくことは避け、以下の注意事項を参考に、ご自身及びご家族の安全に十分配慮した行動を心掛けていただきますようお願いします。

(1)当地の各種報道等より最新の安全情報を入手するようにし、安全な行動を心掛ける。

(2)攻撃の標的となりやすい場所(政府機関、軍・警察等治安当局施設(含む車両)、検問所、宗教関連施設、宗教行事開催場所、報道機関等)には出来るだけ近づかないようにし、その他の場所(有名ホテルやファースト・フード店を含む欧米関連施設、レストランやマーケット等)での用事についても、短時間で効率的に行なうように心掛け、常に周囲の状況に注意を払い、不審な状況を察知した場合には、速やかにその場から離れるようにする。

(3)抗議活動や集会が行われている場所には、決して近づかない。

(4)移動途中等に集会等に遭遇した場合には、速やかにその場から離れる。

4 なお、上記注意点以外にも、当地で安全に滞在するための参考となる情報が以下のウェブサイトに掲載されておりますので、そちらもあわせてご確認下さい。

○ 当館ウェブサイト:

http://www.kr.pk.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

○ 外務省海外安全情報ウェブサイト(パキスタン):

http://www2.anzen.mofa.go.jp/info/pcinfectionspothazardinfo.asp?id=011#header

○ 総領事館への緊急時の連絡先(24時間対応)

電話:021−3522−0800

○ 在留届(3か月以上滞在される方)

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/

○ 外務省海外旅行登録「たびレジ」(3か月未満の渡航の方)

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/

このメールは,在留届にて届けられたメールアドレスに自動的に配信されております。