海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

安全情報4月分

 当地報道より、殺人、強盗事件や自然災害など、先月4月に報じられた皆様の安全に係わる情報の概要をお知らせしています。

 司法警察OIJの発表によると、2017年の車両盗難(自動車・オートバイ・トラック・トレーラー・バギー・トラクター含む)件数は昨年2016年の4,286件を10%上回り、4,737件となりました。これは、約2時間に1件盗難被害に遭う計算となり、この中で自動車被害の内訳は次のとおりです。市別では上位から、サンホセ市(519台)、アラフエラ市(513台)、デサンパラドス市(211台)、エレディア市(206台)、ゴイコエチェア市(165台)、年式別では1994年式(199台)、1995年式(163台)、1992年式(153台)、1996年式(142台)、1997年式(135台)と比較的古い年代が多く被害に遭っています。また、メーカー別ではヒュンダイ(492台)、トヨタ(478台)、スズキ(265台)、ダットサン(263台)、三菱(225台)、日産(223台)、ホンダ(125台)、いすゞ(111台)となっています。

サンホセ

「17歳男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

 4月2日午後7時40分、デサンパラドス市で17歳男性が道を歩いていたところ、近付いてきた男性に突然銃撃された。男性は銃弾を10発受けて死亡した。報復によるものとみられている。

「26歳男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

 4月6日午前3時42分、ゴイコエチェア市で26歳男性が銃撃を受けて死亡した。被害者は麻薬密売等の前科があり、報復による犯行とみられている。

「34歳男性、刃物で殺害」(殺人事件)

 4月22日未明、サンホセ市内で34歳男性が胸部を刃物で複数回刺され殺害されているのが発見された。被害者には、強盗、銃の不法所持、車両盗難、麻薬等多数の前科があった。

「15歳男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

 4月21日午前0時15分、サンホセ市パバスで15歳の少年が路上で友人と話をしていたところ、男性2人が近付いてきて銃撃され死亡した。報復によるものとみられている。

●リモン県

「警備員男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

 4月18日午後6時30分、バタン市で警備員があるお店の女性店員に夜間金庫に入金するため付き添っていたところ、2人組の男性に襲撃に遭った。警備員が抵抗したところ銃撃を受け死亡した。

「36歳男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

 4月21日午後7時30分、ポコシ市で36歳男性が自宅にいたところ、ある男性が家の中に入ってきて銃撃され死亡した。被害者は、麻薬密売や傷害、殺人等の前科があった。

「28歳男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

 4月25日午後6時20分、リモン市で28歳男性が通りかかった車に銃撃され死亡した。被害者には、麻薬等多数の前科があった。

「3人の男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

 4月28日午後7時30分、ポコシ市のバーに男性2人組がやって来て、突然銃撃を始めた。この銃撃を受け客の男性3人が死亡、3人がケガを負った。狙われていたのは、死亡した47歳と20歳の男性で、麻薬密売の前科があった。

●エレディア県

「47歳の店主、銃撃され死亡」(殺人事件)

 4月13日午後、フローレス市の中古車販売店に、男性2人が車でやって来て店主に向けて発砲し逃走した。この銃撃を受け47歳の店主は死亡。殺害動機等詳細は不明。

カルタゴ

「27歳の男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

4月7日午後8時30分、ラウニオン市で27歳男性が道端である男性と話をしていたところ、オートバイに乗った2人組が近付いてきて銃撃され死亡した。被害者は麻薬密輸や傷害の前科があった。

「30歳の女性、遺体で発見」(殺人事件)

4月15日午後3時00分、ヒメネス市で30歳女性が遺体で発見された。女性はうつ伏せでポリ袋を被せられた状態で死亡していた。麻薬密売、盗難等の前科があり、交際男性が疑われている。

「23歳の男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

4月16日午前2時00分、オレアムノ市で23歳男性が友人とお酒を飲んでいて口論となった。そこに男性1人が現れ、23歳男性に向け発砲。この銃撃を受け男性は死亡した。

「25歳のジャマイカ人男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

4月23日、ラウニオン市で車に乗っていたジャマイカ人が、近付いてきた男性に銃撃され死亡した。麻薬関係の殺害とみられており、付近には50発の銃痕があった。ラウニオン市では、麻薬絡みの犯罪が多く発生している。

●プンタレナス県

「銃撃戦により、6人がケガ」(傷害事件)

4月8日午前3時、ガラビート市ハコで銃撃戦が起き、6人がケガを負った。男性が5人、女性が1人で、そのうち1人のコスタリカ人男性は麻薬密売の前科があった。

「61歳男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

 4月23日午後2時30分頃、ゴルフィート市で61歳男性と弟とその恋人の3人で住んでいた。61歳男性が弟の恋人女性を襲おうとした為、銃で殺害された。

●グアナカステ県

主要事件の報道はなし。

●アラフエラ県

「35歳妊婦、刃物で刺され死亡」(殺人事件)

4月6日午後8時00分、ガトゥーソ市で35歳の妊婦が刃物で刺され殺害されているのが発見された。相手の男性の犯行とみている。

「64歳男性、手足を縛られ殺害」(殺人事件)

4月7日午後6時00分、サルセロ市で64歳男性が自宅で手足を縛られ殺害されているのが発見された。家の中が荒らされており盗難目的の犯行とみている。

「3人の男性、銃撃され死亡」(殺人事件)

4月14日午前2時00分、アラフエラ市インフェルニージョで、車に5人乗って走行していたところ、近付いてきた車から銃撃を受け、後部座席に乗っていた24歳、23歳、21歳男性3人が死亡した。運転手は囚人だった。

「42歳コロンビア人男性、刃物で殺害」(殺人事件)

 4月28日、サンラモン市で42歳コロンビア人男性の遺体が発見された。遺体は刃物で複数箇所刺され、首を切られた状態だった。麻薬絡みの犯行とみている。

以上

■大使館からのお願い■

 このメールは在留届にて届けられたメールアドレスおよび「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。大規模災害などの緊急事態が発生した場合、皆様への情報提供や安否確認のために使用します。

 ご帰国、または他国に転居されている方で、帰国(転居)届がお済みでない場合には、誠に恐れ入りますが、在コスタリカ日本国大使館までご連絡ください。

【お問い合わせ先】

コスタリカ日本国大使館 領事班

Tel:(506)2232-1255 Fax:(506)2231-3140

E-mail:embjapon@sj.mofa.go.jp

URL:http://www.cr.emb-japon.go.jp/japones/index-j.htm

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete