海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

【緊急】食料品・薬品パス(FMパス)の使用可能地区制限について

ダバオ市政府は,「強化されたコミュニティー隔離」(4月7日夕方18時より4月26日深夜23時59分まで実施)の下で使用されている「食料品・薬品パス(FMパス)」につき,使用日制限に加え,新たに使用可能地区制限(4月20日深夜0時1分より開始)を設けました。

ダバオ市警察は,FMパスの使用日制限どおりに使用されているかどうかを点検するために,生鮮食品マーケットや食料品店の付近に46か所の検査所を設置し,違反者はコミュニティー法(Bayanihan Act)等により処罰されます。

●「強化されたコミュニティー隔離」について,第11管区(ダバオ地方)では4月26日まで,西ダバオ州では4月30日まで,それぞれ延長するという発表がなされています。

●他州・都市でも「コミュニティー隔離」の強化を行う等,日に日に状況が変わっていますので,皆様におかれましては,信頼できる情報源からの最新の情報の入手に努め,冷静に対応してください。

●なお,ダバオ地域(第11管区)では,3月19日より公衆衛生緊急事態が解除されるまでの間,夜間外出禁止令(毎日夜21時から翌朝5時まで)が発出されていますが,ダバオ市及び西ダバオ州では毎日夜18時から翌朝6時まで外出禁止となっておりますので,ご注意ください。

フィリピンにお住まいの皆様及び旅行者の皆様へ

在ダバオ日本国総領事館

1 ダバオ市政府は,「強化されたコミュニティー隔離」(4月7日夕方18時より4月26日深夜23時59分まで実施)の下で使用されている「食料品・薬品パス(FMパス)」につき,使用日制限に加え,新たに使用可能地区制限(4月20日深夜0時1分より開始)を設けました。19日付ダバオ市政府Facebookに掲載された記事の概要は以下のとおりです。

(1)FMパスの使用可能地区制限

(ア)FMパスは,自分の住む地区(cluster)内の生鮮食品マーケット,薬局及び食料品店に行く時のみに使用可能。住民は「強化されたコミュニティー隔離」の下で許可された仕事に行く時を除き,自分の住む地区から出られない。

(イ)FMパスは,医者によって処方された薬が自分の地区で入手できない場合のみ,他の地区に行くために使用可能。

(ウ)緊急事態を除き,自分の住む地区外にある病院への通院の可否は,検問所の担当者によって決定される。

(エ)使用可能地区制限は,使用日制限とともに実施。

(オ)FMパスは日曜日には使用不可。FMパスは夜間外出禁止の時間帯(夕方18時から朝6時)には使用不可。 

(カ)緊急事態の際,FMパスは必要ない。

(2)使用可能地区制限のため,ダバオ市を以下の6つの地区に分割。住民は自分の住む地区内で必要物資や薬品の調達を行う。

(ア)地区1(ポブラション区,タロモ区)

   Bankerohan Public Market

   Piapi Market

   Boulevard Market

   Talomo Market

   Matina-Aplaya Market

   Matina Crossing Market

   Puan Market

   

(イ)地区2(アグダオ区)

   Agdao Public Market

   

(ウ)地区3(ブハンギン区)

   Buhangin Market

   Cabantian Market

(エ)地区4(トリル区)

   Toril Public Market

(オ)地区5(カリナン区,バギオ区,マリログ区,トゥグボク区,パキバト区一部)

   Calinan Public Market

   Mintal Public Market

   Tugbok Market

(カ)地区6(ブナワン区,パキバト区一部及び北ダバオ州サマル市)

   Sasa Market

   Panacan Market

   Tibungco Public Market

   Bunawan Public Market

   Lasang Public Market

2 ダバオ市警察は,FMパスの使用日制限どおりに使用されているかどうかを点検するために,生鮮食品マーケットや食料品店の付近に46か所の検査所を設置し,違反者はコミュニティー法(Bayanihan Act)等により処罰されます。

3 「強化されたコミュニティー隔離」について,第11管区(ダバオ地方)では4月26日まで,西ダバオ州では4月30日まで,それぞれ延長するという発表がなされています。

4 他州・都市でも「コミュニティー隔離」の強化を行う等,日に日に状況が変わっておりますので,皆様におかれましては,信頼できる情報源からの最新の情報の入手に努め,冷静に対応してください。

5 フィリピンに滞在中または渡航・滞在を予定されている方におかれましては,末尾のリンク先その他の信頼できる情報源からの最新の情報の入手に努めてください。フライト運行状況については,各航空会社等に確認してください。また、次の諸点にもご注意の上、冷静に対応してください。

(1)適切な手洗い,会話の際に距離を置くこと,咳エチケット,また,人混みを避ける等は特に心がけてください。また,地方自治体で「外出の際のマスク着用義務付け」や「夜間外出禁止の時間帯」等が定められている場合は,それに従ってください。

(2)万一,発熱や喉の痛み,咳等の症状がある場合には,あらかじめ医療機関に電話してから早めに受診するようにしてください。なお,フィリピン保健省は,保健省(DOH)ホットライン:(02)8-651-7800 内線1149,1150への電話も呼びかけています。

(3)特に,高齢者・基礎疾患を有する方が新型コロナウイルスに感染した場合,重症化するリスクが高いことを踏まえ,安全確保について検討してください。

ダバオ市政府フェイスブック: https://www.facebook.com/davaocitygov/

ダバオ市政府新型コロナウイルス感染症オペレーションセンター:

   Tel: 09175086548,09190711111

   Email: covidtf@dabaocity.gov.jp

●ジェネラル・サントス市政府フェイスブックhttps://www.facebook.com/LguGensan/

●カガヤン・デ・オロ市フェイスブック

https://www.facebook.com/CDOinfonet/?ref=py_c

●セブ州政府

・公式ニュースサイト:www.sugbonews.com/ 

・公式フェイスブックhttps://www.facebook.com/sugbonews.gov/ 

●フィリピン大統領府

 (3月14日に発表したCOVID-19に関する官房長官からのメモランダム) https://www.officialgazette.gov.ph/2020/03/13/memorandum-from-the-executive-secretary-on-stringent-social-distancing-measures-and-further-guidelines-for-the-management-of-the-coronavirus-disease-2019-covid-19-situation/

●フィリピン保健省: https://www.doh.gov.ph/

 (新型コロナウイルス関連ホームページ) https://www.doh.gov.ph/2019-nCov 

 (3月10日付けフェイスブックhttps://www.facebook.com/OfficialDOHgov/photos/a.157979910879936/3135056506505580/?type=3&theater

 (3月13日付け報道発表) https://www.doh.gov.ph/doh-press-release/doh-back-11th-iatf-resolutions-reports-12-new-covid-19-cases-in-ph

 (新型コロナウイルス最新情報) https://www.doh.gov.ph/2019-nCov

 保健省(DOH)ホットライン:(02)8-651-7800 内線1149,1150

●フィリピン外務省: https://www.dfa.gov.ph/

●フィリピン運輸省フェイスブック: https://www.facebook.com/DOTrPH/

●フィリピン入国管理局: http://immigration.gov.ph/

●フィリピン内務地方自治省: https://dilg.gov.ph/

●日本国首相官邸新型コロナウイルス感染症に備えて 〜一人ひとりができる対策を知っておこう〜) https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

●日本国外務省:

 (海外安全ホームページコロナウイルス関連情報)) https://www.anzen.mofa.go.jp/

 (【広域情報】新型コロナウイルスの感染拡大に伴う海外のクルーズ船に関する注意喚起) https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2020C035.html

 (フィリピンの主な医療機関のリスト) https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/medi/asia/phili.html

※(新型コロナウイルスに感染のおそれのある人は,あらかじめ医療機関に電話連絡してから早めに受診するようにしてください。

●日本国厚生労働省

 (新型コロナウイルス関連) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

 (報道発表) https://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/index.html

 (水際対策の抜本的強化について(新型コロナウイルス感染症)) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000121431_00098.html 

 (水際対策の抜本的強化に関するQ&A) https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

(問い合わせ窓口)

在ダバオ日本国総領事館

住所:4th Floor, B.I. Zone Building, J.P. Laurel Avenue, Bajada, Davao City 8000

電話:082−221−3100

FAX:082−221−2176