海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス関連(6月18日)

【ポイント】

〇「日常生活に戻るための計画」の第1段階の継続

〇外出禁止時間の変更(午後7時から翌午前5時までに変更)

〇一部地域の封鎖解除

 ハワッリー地区,ヌグラ地区,マイダーン・ハワッリー地区及びヒーターン地区(ブロック4,6,7,8,9のみ)の封鎖を解除

【本  文】

〇第1段階の継続について

 本日の臨時閣議における決定事項が発表され,6月21日以降も第1段階を継続することが決定しました。第1段階継続の背景について,保健相から,(1)クウェート人の新規感染者数増加に対する懸念,(2)次の段階への移行の可否の判断基準となる5つの指標(詳細末尾ご参考)のうち,1つが基準に満たなかったこと(基本再生産数(R0)が1.0以上だった)が挙げられるとの説明がありました。発表の詳細は以下のとおりです。

1.日常生活に戻るための計画の第1段階を継続する(第2段階に移行可能な状況となるまで継続。適切な決定を行うために,来週,保健省が感染の度合いや医療指標を評価し,閣議に報告する。)。

2.外出禁止時間を変更し,6月21日から,午後7時から翌午前5時までの間を外出禁止とする。

3.6月21日午前5時からハワッリー地区,ヌグラ地区,マイダーン・ハワッリー地区及びヒーターン地区(ブロック4,6,7,8,9のみ)の封鎖を解除する。

4.閣議は,保健相から,クウェート人の国外渡航の規則について説明を受けた。

5.各閣僚に対し,各政府機関が,6月21日以降,クウェート人及びクウェート在住外国人への全てのサービスを提供できるよう必要な措置を講じることを命じる。

※次の段階への移行の判断基準

1.基本再生産数(R0)(当館注:1人の患者が何人他の患者に感染させるかを示す数値。1人を超えている限り感染者が増え続ける。新型コロナウイルス感染症は対策を実施しない場合はR0=2.5で増え続ける病気とWHOが指摘。)

2.十分な期間での感染者数の安定化

3.ICU病床利用率の低下

4.一般病床利用率の低下

5.日々実施するPCR検査陽性率の低下

●現在,当館の領事業務は,事前予約制で行っております。各種申請(旅券,証明書等)をご希望される方は,来館前に大使館領事班までメール(consular@kw.mofa.go.jp)でお問合せ下さい。

●通院,常時服用薬の入手などでお困りの方,健康上の問題で困っている方やその他ご質問等ある方は,当館檀上医務官(9972−6597)にご相談下さい。特に,発熱(37.5℃以上の体温)や咳・痰等の呼吸器に関する症状や新型コロナウイルス感染が懸念される場合には,保健省ホットライン(151)や医療機関で受診する前に,ご相談下さい。医務官から適切な助言を行います。

(お問い合わせ先)

クウェート日本国大使館 領事班

電話(代表):(+965)2530−9400

メール:consular@kw.mofa.go.jp (了)