海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

オレンジアラート対象地域の変更,各種制限措置の緩和及び入国禁止措置の継続

 6月26日,サラス保健大臣は記者会見において,オレンジアラート対象地域の変更,各種制限措置の緩和及び入国禁止措置の継続を発表しました。

1 変更後のオレンジアラート対象地域

(1)市全域:

ア サンホセ県アラフエリタ市全域

イ プンタレナス県コレドーレス市全域

(2)地区:

ア サンホセ

サンホセ市パバス地区,デサンパラドス市パタラ地区,同市ロスギドス地区,同市サンミゲル地区,同市サンラファエルアバホ地区,同市サンラファエルアリバ地区,同市サンフアンデディオス地区

イ アラフエラ県

ウパラ市ウパラ地区,同市サンホセ地区,同市デリシアス地区,同市ジョリジャル地区,同市カナレテ地区,サンカルロス市フロレンシア地区ラ・ベガ及びボナンサ,同市ラ・フォルトゥーナ地区南東部地域(ラ・フォルトゥーナ・セントロ及びタバコン等のホテル・温泉地域は解除),サンラモン市ペニャスブランカス地区(除くカスティージョ),ロスチレス市ロスチレス地区,グアトゥソ市サンラファエル地区

ウ リモン県

ポコシ市カリアリ地区,同市コロラド地区,同市ラリタ地区,同市ロクサナ地区

エ プンタレナス県

プンタレナス市パケラ地区

(3)アラフエラ県ウパラ市全域,同県サンカルロス市ラ・フォルトゥーナ地区及びリモン県ポコシ市全域については,オレンジアラート対象外の地区においても,国境に近いことから,車両通行規制は継続する。

2 6月27日以降における各種制限措置の緩和(フェーズ3)

(1)各種店舗の週末営業(利用者を50%以下に制限)

(2)ミサ等宗教関係の集会(収容人数を50%以下に制限し,最大人数は75名まで)

(3)映画館,美術館,博物館の週末開館(チケット事前購入,利用者を50%以下に制限)

(4)ビーチの開放時間の延長(平日午前5時から午前8時までを毎日午前5時から午前9時30分までに延長)

3 以下の地域については6月27日以降も制限措置(フェーズ2)を継続

(1)エレディア県

エレディア市ラウジョア地区

(2)サンホセ

サンホセ市ラウルカ地区,同市ラメルセ地区,同市オスピタル地区,同市アティージョ地区,同市マタレドンダ地区,同市カテドラル地区,同市サポテ地区,同市サンフランシスコデドスリオス地区,同市サンセバスティアン地区,エスカス市サンラファエル地区,クリダバ市クリダバ地区,アセリ市アセリ地区,同市サンガブリエル地区

(3)カルタゴ

カルタゴ市コラリージョ地区

4 サンホセ空港及びリベリア空港の国際線乗り入れは8月1日の見込み

5 オレンジアラート制限内容

(1)毎日17時から翌朝5時の間,全面車両通行禁止とする。朝5時〜17時の間は従来どおりナンバープレートによる規制が適用される。

(2)週末5時から17時の時間帯は,ナンバープレート末尾の数字が偶数か奇数かで車両の通行を制限することとする。なお,通行が可能なのはスーパーマーケットや薬局,医療機関に行くことを目的とする場合のみ。

(3)主要幹線道路(1,6,18,27,32,39,142,209,210,214,702号線)は対象外とする。

(4)保健省が付与する営業許可を持つ店舗やレストラン等は,平日午前5時から午後5時までのみ営業可能。

(5)週末はスーパー,薬局,食料品店や病院のみ営業可能。

 新型コロナウィルスに対する各種規制等に関しまして,大使館でも最新の情報収集および発信に努めておりますが,皆様におかれましても,各関係当局の発表や,報道期間からの客観的情報などをご確認いただけますよう,よろしくお願いいたします。

 

【お問い合わせ先】

コスタリカ日本国大使館 領事班

Tel:(506)2232-1255 Fax:(506)2231-3140

E-mail:embjapon@sj.mofa.go.jp

URL:http://www.cr.emb-japon.go.jp/japones/index-j.htm

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete