海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス対策に関するマダガスカル政府発表(6月28日分)

●6月28日(日)、マダガスカル政府が、新型コロナウイルス対策に関する発表を行いました。今後の措置についても言及がされております。発表の時点での感染確認件数は累計2078件です。

●ンツァイ首相が今後の措置について発表しました。

●事態は刻々と変わりますので、最新情報の入手に努めてください。

 6月28日(日)のマダガスカル政府による発表の主要点は以下のとおりです。

1 13時:CCO(新型コロナウイルス対策オペレーション司令センター)による発表

(1)本日,新規感染確認73人、累計感染者数2078人。新規快復者37人、累計快復者944人。新たな死亡者は2人で,累計死亡者数は18人となった。現在の入院者は1117人(前日比で34人増加),重症者は24人(前日比で3人増加)。

(2)新規感染73件の確認された場所は以下のとおり。

・66人:アナラマンガ地域圏(首都アンタナナリボを含む地域)

・3人:ヴァキナンカラチャ地域圏(アナラマンガ地域圏の南に位置し,アンチラベの所在する地域圏)

・3人:アナランジルフ地域圏(トアマシナの北に位置する地域圏)

・1人:サンババ(マダガスカルの北東部海岸沿いの都市)

(3)37人の新規快復者のうち,26人はトアマシナの所在するアチナナナ地域圏,7人はアナランジルフ地域圏(トアマシナの北に位置する地域圏),4人はアンタナナリボ(ベフェラタナナ病院)で快復した。

(4)なお、2人の新規死亡者に関する詳細情報についての発表はなかった。

2 20時:ンツァイ首相による発表

(1)直近の2週間でコロナウイルスによる死亡者は8名であった。

(2)アンタナナリボ市内アンドハタペナカ地区にあるVillage Voaraという施設を病院に改修する工事が終わり,7月1日(水)から新型コロナ疑い症例の検査及び診察を行う。この検査機関は,24時間無休で検査を行うことができる。

一方,シャルル・メリユー感染症センター(CICM)は,今後は,陽性患者が12日から14日の隔離後に快復の判断を行うための検査を実施するこことなる。なお,CICMで行われた検査結果は遅くとも24時間後には通知される。

(3)今後,新型コロナウイルス患者は,症状が出ている場合であっても,入院か自宅療養か選択できることになる。自宅療養を選択した場合は,新型コロナウイルス患者として登録され,医師より電話により容体の確認や診察が行われる。また,症状の出ていない陽性患者についても,同様に,自宅隔離が認められるが,患者は自宅から出ないことを約束しなければならない。

(4)教育に関し,公式試験の日程はまだ決まっていない。公式試験は今年度中に実施される予定だが,感染状況次第である。

(5)今後の措置

(ア)アナラマンガ地域圏(アンタナナリボの所在する地域圏)では,前回の措置から一切変更はないが,措置はより厳しく適用される。前回から継続される措置は以下のとおり。

・脆弱な人々(糖尿病、喘息、腎臓の問題、高血圧の患者)を除き、全ての人が仕事を再開することが可能。

・商業等は17時までの営業が許可される。

・公共交通機関は19時まで運行可能。

・22時から午前4時までの外出禁止令は継続。

(イ)トアマシナ1区、トアマシナ2区、ムラマンガ、フェネリブ・エストでは,措置はやや緩和される。

・商業等は,これまで15時までであったが,17時まで営業が許可される。

・公共交通機関は19時まで運行可能。

・7月2日(木)から最終学年のみ授業再開。

・22時から午前4時までの外出禁止令は継続。

(ウ)アナラマンガ地域圏,トアマシナ1区、トアマシナ2区、ムラマンガ、フェネリブ・エストで共通の措置

・上記の地域間の国内移動の中止(タクシーブルースの禁止)は継続され,上記地域の出入り口における検問は強化される。

(エ)全国

トアマシナ1区,トアマシナ2区,ムラマンガ,フェネリブ・エスト(トアマシナの北の都市),アナラマンガ地域(アンタナナリボの所在する地域)の地区を除いた全ての地域においては,外出制限措置は解除されているが,以下の措置が継続される。

・50人以上の集会の禁止。

・文化及びスポーツイベントの禁止。

・バーやレジャー施設の閉鎖。

・国内線の中止。

・物資運搬は可能。

(6)社会保障政策

「Tsena Mora」(注:食料配布政策)の再開, 「Vatsy Tsinjo」及び「Tosika Fameno」(注:貧困家庭救済措置)の継続, 新たな社会保障政策である「Kaly Mora」(注:脆弱な人々への支援)の実施について発表された。

 事態は刻々と変わりますので、引き続き政府から最新情報の入手に努めるとともに、手洗い、うがい、マスク着用などの通常の感染症対策を行い、体調に異常がある方は早めの医療機関受診を心がけてください。

【参考:関連する日本のウェブサイト】

新型コロナウイルス感染症(外務省 安全海外ホームページ)

https://www.anzen.mofa.go.jp/

新型コロナウイルス感染症について(厚生労働省ウェブサイト)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

日本国国立感染症研究所コロナウイルスに関して)

https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-2020-01-10-06-50-40/9303-coronavirus.html

このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

【問い合わせ先】

マダガスカル日本国大使館領事班

代表電話:+261(0)20−22−493−57

緊急電話:+261(0)32−07−072−11(※開館時間外に緊急でお困りの方)

大使館ホームページ:http://www.mg.emb-japan.go.jp/jp/index.html

大使館フェイスブックhttps://www.facebook.com/AmbJaponMdg

大使館ツイッターアカウント:https://twitter.com/JapanEmb_Madaga

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから

停止手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete