海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

ボリビアにおけるCOVID-19に関する現状

ボリビアにおけるCOVID-19感染者数は引き続き増加傾向にあり,政府は,9月には13万人に達する可能性に言及しました。ボリビアの医療事情を踏まえ,邦人の方は適切に行動するようお願いします。

1 COVID-19の現状

(1)ボリビアにおけるCOVID-19感染者数は引き続き増加傾向にあります。保健省発表による29日現在の感染状況の累計は,感染者32,125名(6月1日比21,594名増),死者1,071名(6月1日比728名増),治癒者8,928名(6月1日比7,791名増)であり,特に,6月1日の規制緩和後に急増しています。県別ではサンタクルス県18,211名が最も多く,全体の半数以上を占めており,次いで,ベニ県4,075名,コチャバンバ県3,501名,ラパス県2,967名の順で感染者数が多くなっています。

 6月21日,ロカ保健大臣は,COVID-19の感染者数のピークは9月になる見込みであり,13万人に達する可能性があると言及しました。

(2)全国各地のCOVID-19指定公立病院では,サンタクルス県,ベニ県及びコチャバンバ県を始め,既に満室で対応できず,人口呼吸器等の設備も不十分な病院も多く,今後感染者数が更に増加する場合,他県でも同様の状態になるおそれがあります。既に感染者が適時に適切な対応を受けられず,様々な病院に回される最中に死亡する事例も多々報道されています。また,一部私立病院でもCOVID-19感染者の受け入れが開始されていますが,非常に高額の治療費・入院費を請求される事例もあるようです(例:個室で人口呼吸器を利用して集中治療を行う場合には,一泊約50万円)。

 短期滞在者・長期滞在者の邦人の方は,改めて御自身の保険の内容を見直していただき,必要であれば,適切な保険に加入いただくことを強くお勧めします(欧米諸国の保険会社では,海外居住者や出国後の海外旅行者がオンラインで加入できる保険もあります)。

 また,今後の更なる感染拡大予測を踏まえ,当地医療事情を考慮し,特に高齢,持病(糖尿病,心疾患,慢性呼吸器疾患,癌など)がある,妊娠等のハイリスク要因をお持ちの方で日本への帰国を希望される場合は,定期的に手配される出国のための臨時便を利用して,日本に早期帰国することも御検討願います(注:ボリビアは感染情報レベル3に指定されており,邦人の方の帰国時にはPCR検査の実施,2週間の自主隔離及び公共交通機関の不使用等の措置が適用されます)。

2 COVID-19の症状レベルの分類とその対処法(ボリビア政府COVID-19専用コールセンター情報)

(1)無症状及び軽度の症状(時々の発熱や時々の咳,味覚障害

自宅隔離。PCR検査対象者であり,検査の実施を推奨するが経費は自己負担。

(注:濃厚接触者の定義は,「陽性と判明している又は陽性判明以前(最大14日前)の患者と接触した者。接触とは,閉鎖された空間に陽性患者と数分でも一緒に滞在した場合,解放された空間で陽性患者と一定の期間(定義無し)滞在した場合,又は陽性患者が触った物を触った場合」であり,無症状の場合でもPCR検査対象となる。)

(2)中程度の症状(恒常的な38℃以上の発熱,恒常的な咳等)

自宅又は隔離施設での隔離又はCOVID-19指定病院における検査,診断及びによる検査・入院。PCR検査対象者であり,緊急チームによりCOVID-19指定病院に搬送される場合等は無料でPCR検査が可能であるが,民間PCR検査機関で実施する場合等は自己負担となる。

(3)重症(呼吸困難等)

緊急チームによりCOVID-19指定病院に搬送され,診断及び入院する。PCR検査対象者であり,指定病院の場合は無料で実施できる。

3 COVID-19関連施設

(1)隔離施設

ボリビア政府により各市にCOVID-19専用隔離施設が設置されています。同隔離施設については,自宅に個室や個別の洗面所がなく,家庭内感染の恐れがある場合等に利用することが可能との由であり,下記の保健省コールセンターに御相談願います。

ア ラパス市

Hotel Real Plaza(住所Av. Arce # 2177)

Hotel Deportivo de Alto Obrajes(住所: Alto Obrajes)

イ サンタクルス

・Centro de Salud El Remanzo (Centro Integral)

(住所:7mo.anillo pasando Canal Pedro Velez Barrio 24 de Septiembre)

・Centro Ana Medina (住所:Final Av. Virgen de Lujan)

ウ モンテロ市

・Nueva terminal de buses de Montero (住所:Av.Montero)

エ コチャバンバ市                          

・Hospital del Norte (住所:Zona Norte, calle Tikallajta)

(2)民間PCR検査機関

政府公認の民間PCR検査機関は以下の通りです。緊急チームにより搬送される場合を除いて,経費は自己負担となります。

ア ラパス市

(ア)Laboratorio Plexus:65366444

(イ)Laboratorio Labogen:76764660

イ サンタクルス

(ア)Laboratorio Labogen: 76764660

(イ)Laboratiorio Origen:70811444

ウ コチャバンバ

(ア)Laboratorio Universo:70344777

(イ)Laboratorio Identigene:72293808

(ウ)Laboratorio Diana:72201678

(3)COVID-19指定公立病院(現段階で把握できているもの)

ア ラパス県

(ア)Hospital La Portada (ラパス市)

(イ)Hospital Boliviano Holandes (エルアルト市)

(ウ)Hospital del Nino(ラパス市)

(エ)Hospital del Torax(ラパス市)

(オ)Hospital Gastroenterologico(ラパス市)

(カ)Hospital Arco Iris(ラパス市)

(キ)Hospital del Norte (エルアルト市)

(ク)Hospital La Merced (ラパス市)

(ケ)Hospital Los Pinos (ラパス市)

(コ)Hospital Cotahuma(ラパス市)

イ サンタクルス県(サンタクルス市には約80施設ある由。以下は主な病院)

(ア)Hospital San Juan de Dios(サンタクルス市)

(イ)Hospital del Distrito 5(サンタクルス市)

(オ)Hospital Pampa de la Isla(サンタクルス市)

(カ)Hospital Remanzo(サンタクルス市)

(キ)Hospital Frances(サンタクルス市)

(ク)Hospital bajio del Oriente(サンタクルス市)

(ケ)Hospital El Tatu(サンタクルス市)

(コ)Hospital Japones(サンタクルス市)

(サ)Hospital Albergue en el municipio de Warnes(ワルネス市)

(シ)Hospital de Montero (モンテロ市,現在軽症患者のみ対応)

ウ コチャバンバ

(ア)Hospital Viedma(コチャバンバ市)

(イ)Hospitales moviles en Cochabamba

(ウ)Hospital Solomon Klein (コチャバンバ市)

(エ)Hospital del Sur (コチャバンバ市)

(オ)Hospital del Norte(コチャバンバ市)

エ チュキサカ県

(ア)Hospital Santa Barbara(スクレ市)

(イ)Hospital Lajastambo(Hospital del Nino)(スクレ市)

(ウ)Hospital San Pedro Claver(スクレ市)

(エ)Del Nino Sor Teresa Huarte(スクレ市)

(オ)San Antonio de los Sauces(モンテアグド市)

(カ)San Juan de Dios(カマルゴ市)

オ オルロ県

(ア)Hospital San Juan de Dios(オルロ市)

カ ポトシ

(ア)Establecimiento de Potosi(ポトシ市)

(イ)Hospital Bracamonte(ポトシ市)

キ タリハ県

(ア)Hospital San Juan de Dios(タリハ市)

(イ)Hospital Fray Quebracho(ヤクイバ市)

ク ベニ県

(ア)Hospital German Busch(トリニダー市)

(イ)Hospital Luis Alberto Navarro(グアヤラメリン市)

(ウ)Hospital Materno Infantil (グアヤラメリン市)

(エ)Hospital General (リベラルタ市)

ケ パンド県

(ア)Hospital Roberto Galindo(コビハ市)

(イ)Hospital Perla del Acre(コビハ市)

(ウ)Hospital Hernan Messuti(コビハ市)

4 COVID-19専用コールセンター

COVID-19の症状が疑われる場合,ボリビア政府又は各地方自治体が設置した以下の専用コールセンターに電話の上,症状を説明して指示を仰ぐようお願いします。言語上の問題がある場合には当館まで御相談願います。

(1)ボリビア政府COVID-19専用コールセンター(フリーダイヤル):800-10-1104又は800-10-1106 (24時間無休(医師に相談するためには通話開始後に0をダイヤル))

(2)・ラパス市COVID-19専用ダイヤル:165(24時間無休)

・ラパス市支援コールセンター(心理的支援):800-14-4900(医師直通)(24時間無休)

(3)サンタクルス県・市合同COVID-19専用コールセンター(フリーダイヤル):800-12570(24時間対応)

 ※ 現在、サンタクルス市では医療従事者が戸別に各家庭を訪問しており、そこで陽性患者が発見されれば、医師の指導の下、患者の自宅で投薬治療,隔離措置を実施しているとのこと。

サンタクルス県COVID-19専用コールセンター(フリーダイヤル):800-14-8139 又は 168

サンタクルス市Emergencia Municipal(DEM)コールセンター:800-12-50-50

サンタクルス市Sistema Integrado de Servicios Medicos(SISME):160

(4)コチャバンバ市COVID-19専用コールセンター(フリーダイヤル):800-14-2200 又は168

(5)チュキサカ県保健局COVID-19専用コールセンター(フリーダイヤル): 800-10-2930

 COVID-19関連情報は,ボリビア関係当局の公式HPやFB,現地のプレス等から,最新情報を御確認ください。また,COVID-19の感染・疑いがある旨診断された邦人の方は,当館まで御一報願います。

(在ボリビア日本大使館の連絡先)

(国番号591)2241-9110又は715-36981

(在サンタクルス日本領事事務所の連絡先)

(国番号591)773-97495

○在ボリビア日本国大使館

 住所:Calle Rosendo Gutierrez No. 497, esq. Sanchez Lima, La Paz, Bolivia (P.O. Box 2725)

 電話:(591-2) 241-9110〜3

 FAX : (591-2) 241-1919

http://www.bo.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

Email:consul.lpz@lz.mofa.go.jp (領事班)

○在サンタクルス領事事務所

 住所:Calle Saavedra No. 314, Esq. Cochabamba, Santa Cruz, Bolivia (P.O. Box 543)

 電話:(591-3) 335-1268

 FAX : (591-3) 335-1022 http://www.bo.emb-japan.go.jp/itpr_ja/santacruz.html

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete