海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

在留邦人の皆様へ:新型コロナウイルス関連情報(6月30日)

 6月30日までのカザフスタンにおける新型コロナウイルス関連情報は以下のとおりです。

1 昨6月29日にトカエフ大統領主催で行われた新型コロナウイルス感染対策措置会合での議論(昨日の領事メール参照)を受け,ツォイ保健大臣は3つのシナリオを提示しつつ.ロックダウン再開の可能性に言及しました(以下3(2))。

2 カザフスタン国内感染者数等

●累計感染者数は21,819名です。

●累計死亡者数は188名です。

●累計快復者数は13,008名です。

(参考1)州・直轄市ごとの感染者数等,詳細は以下のカザフスタン政府コロナウイルス対策ページから参照可能です。

https://www.coronavirus2020.kz/ru

(参考2)世界各国のCOVID-19感染者数(WHO作成)は下記から参照可能です。https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports/

3 カザフスタン国内の新型コロナウイルスに関する主な報道等は以下のとおりです。

(当館注)以下は,一般的事項及び在留邦人のおられる都市の情報を中心に作成しています。

(1)新規感染者数

●6月29日に新規に確認された有症状感染者数は492名(増加率2.3%)です。

●6月29日に新規に確認された無症状感染者数は1,003名です。

(2)検疫・医療等

●ツォイ保健大臣は再び検疫の措置を導入する必要性が高まったとして,3つの段階を説明しました。

◎政府レベルで,「ともにCOVID−19に対抗する」という原則を実現するため,対策を策定する必要がある。実現のため,3つの段階が想定されている。「準備期(2週間)」,「検疫期(2〜4週間)」,そして「原則の全面的実現への移行期」である。

◎準備期には保健システムの資源を集約するとともに,医療従事者への訓練を実施する。

◎検疫期には制限措置を浸透させ,大規模感染拡大の環を断ち切る。また,法律の整備と,市民・企業に対する啓発活動を実施する。企業に対する衛生基準の見直しや,検疫体制違反に対する罰則強化などが予定される。

◎移行期には,長期的に効果を挙げるため,予防医学的措置,省庁をまたいだ措置,そして経済的な措置の実施が予定される。

◎上記と同時並行で,状況安定化という目下の課題に取り組む。

●ツォイ保健大臣はまた,今後ロックダウンを行う場合と行わない場合の3つのシナリオを提示しました。

◎第1シナリオ:8月末までロックダウンを行わない場合:

入院を必要とする新規感染者は27,000名/日,必要な病床数は300,000床となる。

◎第2シナリオ:8月末までに2週間のロックダウンを行う場合:

入院を必要とする新規感染者は7,000名/日,必要な病床数は80,000床となる。

◎第3シナリオ:8月末までに4週間のロックダウンを行う場合:

入院を必要とする新規感染者は2,500名/日,必要な病床数は30,000床となる。

●ツォイ保健大臣は,これまでに国内の348の医療機関で26,000床のCOVID−19治療用の病床を整備し,8月末までにさらに10,000床を整備する予定であると述べました。また,国内で3,294台の人工呼吸器が稼働しており,直近1か月に978台を調達したと説明しました。

●アルマティ市では,薬局及びPCR検査拠点での行列が報じられています。

◎薬局での市民の買い占めの動きを受けて,ツォイ保健大臣は,医薬品の供給と調達の規則を見直す決定を行ったと述べました。国内の生産企業により相当量の解熱剤が供給されたとのことです。

◎PCR検査への対策としては,同大臣は,救急隊員が通報を受けて検体採取に赴くようにするほか,検体採取の拠点数を増やす見通しを示しました。

●当館領事メールのバックナンバーは以下のページから参照できるようになっています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=0007

●当館フェイスブック https://www.facebook.com/embassy.jp.kz/ にもコロナウィルス関連情報を掲載しています。

(邦人保護等の緊急事態の場合の問い合わせ窓口)

○在カザフスタン共和国日本国大使館

住所:5th floor, Kosmonavtov Street 62, micro-district

"Chubary", Nur-Sultan, 010000, Republic of Kazakhstan

電話:+7 (7172) 977-843

FAX :+7 (7172) 977-842

○日本外務省領事サービスセンター

電話:(代表)+81-3-3580-3311(内線)2902,2903

(日本外務省関係課室連絡先)

○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐事件を除く)

(内線)2851

○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐事件等)

(内線)3047