海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

シエラレオネの新型コロナウイルス対策について(その13):フリータウン国際空港再開に伴う検疫措置等の発表

【ポイント】

●7月17日(金),シエラレオネ政府は,フリータウン国際空港再開に伴って実施される検疫措置等を発表しています。

●上記発表を踏まえ,十分に注意するとともに,状況は今後も変わり得るので,最新の情報を確認してください。

【本文】

在留邦人及び旅行者の皆様へ

在留邦人の皆様には,日頃より当館の業務につきご理解,ご協力を頂きありがとうございます。

1 7月17日(金),シエラレオネ政府は,フリータウン国際空港再開に伴って実施される検疫措置等を発表しています。

(1)入国時の注意点等の概要は次のとおりですが,以下の情報を確認してください。

(https://m.facebook.com/mic.gov.sl/photos/pcb.668344287086920/668344170420265/?type=3&source=49&__tn__=EH-R)

ア すべての乗客は渡航元(point of origin)を出発する72時間以内の,PCR検査陰性結果を携帯しなければならない。

イ 乗客はシエラレオネ政府の旅行ポータルサイト(www.travel.gov.sl)で,シエラレオネへの旅行許可証を取得し,また,出発地のチェックイン・カウンターで当該旅行許可証を提示しなければならない。旅行許可証は以下の内容で構成される。

 ・出発の72時間以内に取得したPCR検査の陰性証明

 ・渡航前公衆衛生乗客位置情報フォーム (Pre-departure public health passenger locator form)

 ・シエラレオネ到着時のPCR検査費用の支払い証明

ウ すべての乗客は,シエラレオネ到着時,以下のとおり義務的な検査を受けなければならない。

 ・PCR検査及びRDT(迅速診断)検査を同時に受ける。

 ・RDT検査が陰性の場合,乗客はフリータウン国際空港からの移動が許可されるが,公衆衛生上のプロトコルを遵守しつつ,PCR検査の結果を待つこととなる,。

 ・RDT検査が陽性の場合,PCR検査の結果が判明するまで,乗客はルンギにあるホテルで隔離待機しなければならない。なお,当該ホテルに滞在する間の費用は,乗客が負担する。

 ・すべての検査について,PCR検査の結果がRDT検査の結果に優先する。

 ・PCR検査の結果は,フリータウン国際空港到着時に確認された現地連絡先に対し,48時間以内に通知される。

エ 2歳未満の子供は,渡航前及び到着時のPCR検査から免除される。

オ PCR検査で陽性の場合,公衆衛生局の職員からの連絡を受け,適切な治療施設に搬送される。

カ 2回の検温が行われ,37.5度以上の体温がある乗客は追加的な検査(further observation)のため,個別に対応される。

キ 航空機内で陽性患者の近くに座っていた乗客は,一次的接触者(primary contact)とみなされ,自主隔離の実施及び公衆衛生局の職員からのモニタリングを受けることが求められる。

ク すべての乗客は,保健・衛生省及び新型コロナウイルス国家緊急対策センターが指示するすべての公衆衛生上のプロトコル(マスクの適切な着用,手洗い・消毒及びソーシャル・ディスタンスなど)に従うよう強く勧告する。

(2)出国時の注意点等の概要は次のとおりですが,以下リンク情報を確認してください。 (https://m.facebook.com/mic.gov.sl/photos/pcb.668344287086920/668344170420265/?type=3&source=49&__tn__=EH-R)

ア フリータウン国際空港を出発する72時間前以内に,義務的なPCR検査を受け陰性でなければならない。本検査費用は,乗客が負担する。

 ・乗客は,渡航前検査の申請,検査費用の支払い及び検査サンプルの回収の日程の調整のために,シエラレオネ政府の旅行ポータルサイトhttp://www.travel.gov.sl/)を利用する。

 ・PCR検査で陰性だった乗客は,電子的な証明書等を受領する。また,印刷された当該証明書等は空港内の指定されたデスクにて取得できる。

 ・PCR検査で陽性だった乗客は,当該旅行は認められず,隔離及びコンタクト・トレーシングのための公衆衛生上のプロトコルに従わなければならない。7日後,当該乗客は,再検査を受けることとなる。

 ・シエラレオネ入国5日以内の乗客は,出国の際の当該義務的検査から免除される。

 ・2歳未満の子供はPCR検査から免除される。

イ すべての乗客は,空港到着前にオンライン・チェックインを行うことが推奨される。

ウ すべての乗客は,保健・衛生省及び新型コロナウイルス国家緊急対策センターが指示するすべての公衆衛生上のプロトコル(マスクの適切な着用,手洗い・消毒及びソーシャル・ディスタンスなど)に従うよう強く勧告する。

2 シエラレオネへの出入国を検討している場合,上記発表を踏まえ,十分に注意するとともに,状況は今後も変わり得るので,最新の情報を確認してください。

(過去の領事メール)

(その1)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/000571222.pdf

(その2)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100009857.pdf

(その3)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100020979.pdf

(その4)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100021136.pdf

(その5)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100021136.pdf

(その6)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100028273.pdf

(その7)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100038054.pdf

(その8)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100040232.pdf

(その9)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100042965.pdf

(その10)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100049259.pdf

(その11)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100051175.pdf

(その12)https://www.gh.emb-japan.go.jp/files/100073569.pdf

令和2年7月20日

在ガーナ日本国大使館 領事班

Dr. Hideyo Noguchi Street, West Cantonments, Accra, Ghana

P.O.Box GP1637, Accra, Ghana

Phone: +233-(0)30-2765060 Fax: +233-(0)30-2762553

開館時間外Phone: 233-(0) 24-432-8173