海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

ルワンダ空港国際線商業便の一部再開について

8月1日からのルワンダ空港国際線商業便の一部再開に伴い,ルワンダからの出国及びルワンダへの入国に際して,以下の措置がとられることが、7月29日にルワンダ当局から発表されました。

以下の記載内容は、在ルワンダ日本大使館として現時点で把握している内容を、邦人の皆様の便宜の為にお知らせするものであり、ルワンダ当局による措置やその変更に関して、当館は一切の責任を負えない点ご留意ください。ルワンダの入国及び出国に関する措置の詳細についてご不明点がありましたら、ルワンダ当局にお問い合わせください。

1 ルワンダから出国する場合

出発前72時間以内のPCR検査(自費)

 キガリ国際空港から国際線にて出国する場合,全ての乗客に対して,出発前72時間以内に実施したPCR検査結果(陰性証明)が求められています。検査の受診方法については、ルワンダ・バイオメディカルセンターのホームページを参照してください。

(Announcement)

https://rbc.gov.rw/fileadmin/user_upload/annoucement/COVID%2019%20booking%20for%20testing.pdf

2 日本(第三国)からルワンダへ入国する場合

以下のURLに在英ルワンダ大使館がアップロードしているInfo note for passengers arriving in Rwanda(以下「INFO」)をご参照ください。

(Info note for passengers arriving in Rwanda)

https://www.rwandahc.org/update-for-passengers-arriving-in-rwanda/

(1)出発前72時間以内のPCR検査

出発国(日本/第三国)にて出発前72時間以内に検体採取したPCR検査の陰性証明書(英文)を取得する必要があります。

(2)Passenger Locator Formへのオンライン登録

出発国(日本/滞在国)にて、下記のURLからPassenger Locator Form のオンライン登録を行う必要があります。渡航者情報の入力の他、出発国で取得したPCR検査の陰性証明をアップロードしてください。この登録を完了した時点で発行されるコードをキガリ空港到着時に提示する必要があります。

(Passenger Locator Form)

http://rbc.gov.rw/travel/

(3)キガリ到着後のトランジット・ホテルの予約

キガリ到着後少なくとも24時間(2回目のPCR検査の結果が出るまで)は、トランジット・ホテルに滞在する必要がありますので、上述のINFOに記載されているトランジット・ホテルを予約されることを推奨いたします。

(4)キガリ到着時のPCR検査(自費)

出発国(日本/第三国)で行ったPCR検査を1回目とすると、キガリ到着後に2回目のPCR検査を受けることが必要です。この2回目の検査に当たっては、上述のルワンダ・バイオメディカルセンターのホームページを参照してください。

(Announcement)

https://rbc.gov.rw/fileadmin/user_upload/annoucement/COVID%2019%20booking%20for%20testing.pdf

参照リンク

ルワンダ・バイオメディカルセンター

https://www.rbc.gov.rw/index.php?id=188

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

緊急時の連絡は,下記連絡先までお願いいたします。

ルワンダ日本国大使館 領事班(鈴木・大山・笹尾)

+250-25-250-0884

https://www.rw.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html