海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス関連情報(8月31日 クロアチアにおける感染状況、出入国制限措置の延長、国内措置の修正)

●8月31日午前10時時点、クロアチアにおける新型コロナウイルスの累計感染者数は10,269名(8月28日午後2時から31日午前10時にかけての増加数は720名)、累計治癒者数は7,434名(同625名)、累計死者数は186名(同6名)です。これまでに、168,229件(同5,928名)の検査が行われています。

※8月30日よりクロアチア政府による感染者数等の発表が、午後2時から午前10時に変更となりました。

クロアチアでは、感染が再び拡大しています。なお、8月31日午前10時点で、2,649名の患者がいる状況です。

●現在、クロアチア政府が実施している出入国制限措置は、9月15日まで延長されます。

●スプリット=ダルマチア県におけるジムやフィットネスセンター等の営業停止措置が解除され、これら施設の営業が再び認められることとなりました。

●7月15日より、マスク着用義務の対象が拡大されました。公共交通機関利用時、お見舞いとして医療機関を訪れる場合、商店等に入店する場合に加え、郵便局、銀行、理容室・美容院といった接客を伴う企業・店舗や、警察等行政機関に入る場合にも、マスクの着用が義務づけられました。

クロアチアに滞在する邦人の皆様におかれましては、身体的距離の確保や手洗い等を励行し、引き続き感染防止に努めてください。

○6月30日付クロアチア市民保護本部決定により、7月1日より、EU・シェンゲン域内の市民及びその家族や、同地域において合法的な滞在資格を持つ外国人は、クロアチアへの出入国制限の対象外となるほか、日本を含むその他第三国からであっても、観光、商用、就学や、その他緊急の私事事情がある方は、クロアチアへの入国が例外として認められました。

一方で、7月10日付クロアチア公衆衛生局勧告により、第三国から観光、商用、就学や、その他緊急の私事事情により入国する方は、クロアチア入国後14日間の自主隔離義務を負うこととなりました。ただし、この義務は、観光、商用、就学等の目的の場合、48時間以内に実施されたPCR検査における陰性結果を提出すれば、免除されます。

この措置は、8月31日までとされていたところ、8月31日付クロアチア市民保護本部決定により、9月15日まで延長されます。

○8月31日付クロアチア市民保護本部決定により、スプリット=ダルマチア県を対象とした感染防止措置(8月26日付当館メール参照)に関し、ジム、フィットネスセンター及びその他レクリエーション施設の営業が再び認められることとなりました。なお、同県におけるその他の感染防止措置については、現在も有効です。

【参考情報】

クロアチア政府の新型コロナウイルス関連ウェブサイト

https://www.koronavirus.hr/

クロアチア市民保護本部ウェブサイト

https://civilna-zastita.gov.hr/

●欧州疾病予防管理センター(ECDC)ウェブサイト(※ EU加盟国等の過去14日間の人口10万人当たりの新規感染者数等)

https://www.ecdc.europa.eu/en/cases-2019-ncov-eueea

新型コロナウイルス感染症に備えて 〜一人ひとりができる対策を知っておこう〜(首相官邸)

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

新型コロナウイルス感染症に関する情報リンク(厚生労働省)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

【問い合わせ先】

クロアチア日本国大使館 領事班

住所:Boskoviceva 2, 10000 Zagreb, Croatia

電話:+385-(0)1-4870-650

ファックス:+385-(0)1-4667-334

メール:consul@zr.mofa.go.jp

ホームページ:https://www.hr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願い致します。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete