海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス関連情報(9月1日現在)

○ポイント

●8月31日午前0時から9月1日午前0時にかけての新たな感染者数は41名、累計感染者数は2,924名です。

●9月1日、ほとんどの学校で新学期が開始したことを受け、感染症の専門家は子どもがコロナウイルス感染の主要な媒介になる可能性があると警告しています。

●引き続き、最新情報を入手し、感染予防に努めて下さい。

○本文

1 感染者数関連情報

 8月31日午前0時から9月1日午前0時にかけての新規感染者数は41名でした。関係当局によれば、これまで計158,871名を検査し、計2,924名の感染が確認されています。死亡者数は変わらず、計133名です。

(地域別感染者数(8月31日から本日までの増加数))

スロベニア中心部       :839  (+7)

ドレンスカ・ベラクライナ地方 :249  (+1)

サヴィンスカ地方       :525 (+11)

ポドラウスカ地方       :238  (+5)

ゴレンスカ地方        :194  (+1)

ポムルスカ地方        :255  (+6)

オバルノ・クラシュカ地方   : 86  (+1)

ゴリシュカ地方        : 87  (+0)

コロシュカ地方        :118  (+0)

プリモルスコ・ノトランスカ地方: 96  (+2)

ポサウスカ地方        : 54  (+7)

ザサウスカ地方        :145  (+0)

その他調査中         : 38  (+0)

(内数名が外国人と報じられています。)

※(出典)スロベニア国立衛生研究所ホームページ

なお、以下のスロベニア国立衛生研究所のリンクでは、自治体別の感染者数が記載されています。

https://www.nijz.si/sl/dnevno-spremljanje-okuzb-s-sars-cov-2-covid-19

2 新学期開始に際しての注意事項

 9月1日、ほとんどの学校で新学期が開始したことを受け、感染症の専門家は子どもがコロナウイルス感染の主要な媒介になる可能性があると警告しています。報道によれば、8月31日、リュブリャナ大学病院のロガル感染症専門医は、「これまで、子どもはコロナウイルスの蔓延の主要な要因とは見なされておらず、重篤な症状を発症することも希だったが、そういった子どもも、特に家族内感染の主要な感染源になる可能性がある」と警鐘を鳴らしています。また、成人の最も一般的な症状は発熱と咳ですが、子どもは下痢や嘔吐など、消化器系の症状を呈する傾向があるという違いにも留意する必要があるとのことです。現在の学校のガイドラインでは、子どもは教室でマスクを着用する必要はありませんが、共用エリアではマスク

を着用する必要があります。専門家等は、社会的距離、頻繁な手洗い、手指消毒剤の使用、教室の換気をお勧めており、同ロガル感染症専門医は、「特にコロナウイルスは屋外よりも屋内でより簡単に広がるため、これらのガイドラインにできる限り従うことが重要である」と注意喚起しています。

【参考情報】

1.新型コロナウイルス感染症に関連する各種問い合わせ先について

スロベニア政府はホームページで、以下の連絡先について紹介しておりますので、共有いたします。

(1)自主隔離(自己検疫)に関連する情報は、下記の保健省の連絡先から入手できます。

電話番号:+386 (0)1 478 68 48 (8時30分から15時30分まで)

メール:karantena.mz@gov.si

(2)健康に関する推奨事項と指示については、国立公衆衛生研究所にご連絡ください。また、国立衛生研究所のウェブページwww.nijz.siからも確認できます。

電話番号:+386 (0)1 2441 729

(3)国境通過に関する質問については、下記の警察のコールセンター(新型コロナウイルス関連の情報提供)もしくは、メールでお問い合わせください。

電話番号:+386 (0)1 514 70 01

メール:info.koronavirus@policija.si

(4)領事に関連する質問については、スロベニア外務省にお問い合わせください。

電話番号:+386 (0)1 478 20 10

2.外務省海外安全ホームページ

本サイトでは、各国・地域での新型コロナウイルスの発生状況、新型コロナウイルス(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限)等の情報を掲載しています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/

3.たびレジ簡易登録

本サービスは、メールアドレスとメール配信を希望する国・地域を選択するだけで、当該在外公館から領事メールを受信することが出来ます。ぜひご活用下さい。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/register

4.スロベニア国立公衆衛生局は、国内状況や感染予防の方法等について公開しています。

https://www.nijz.si

(主にスロベニア語)

5.新型コロナウイルス感染症に備えて 〜一人ひとりができる対策を知っておこう〜(首相官邸

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

6.新型コロナウイルス感染症に関する情報について(厚生労働省https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

7.リュブリャナ空港ホームページ

https://www.fraport-slovenija.si/en/Main

8.スロベニア政府の下記のツイッターアカウント等で、随時情報発信が行われておりますので、こちらもご確認ください。

●政府(英語):https://twitter.com/govslovenia

●政府(スロベニア語):https://twitter.com/vladars

(英語版と若干内容が異なります。)

●外務省:https://twitter.com/mzzrs

(主にスロベニア語)

●保健省:https://twitter.com/minzdravje

(主にスロベニア語)

Embassy of Japan in Slovenia /

Veleposlanistvo Japonske v Sloveniji

Trg republike 3/XI, 1000 Ljubljana

tel: +386 1 200 8281

fax: +386 1 251 1822

http://www.si.emb-japan.go.jp/

email: info@s2.mofa.go.jp