海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

ブルネイ入国者向けトラベルパス制度に係るガイドラインについて

ブルネイ入国者向けトラベルパス(ETP)制度に係るガイドライン」が公表されました

この制度の対象となるのは、(1)重要なビジネス(公務含む)、(2)学生、(3)医療目的滞在者、(4)ブルネイ在住者の両親・配偶者・その他近親者で特別な配慮が必要な者で、ブルネイ入国希望者は必ず取得する必要があります。発給可否は関係機関により個別に検討されます。入国後の隔離期間が、ブルネイ政府のリスク評価により、2〜14日間と異なります。本制度は9月15日から有効になります。

【申請と出発前手続き】

(1)渡航の8業務日前までに、ブルネイにいる身元引き受け機関または家族が申請を行い、ビジネス関係者の場合は身元引き受け機関が所掌政府機関からのレターを取得する必要があります。

(2)申請には、旅券、フライトスケジュール、身元引き受け機関または家族署名のレター(渡航者の隔離期間中の宿泊費とPCR検査費の負担を行うとの意思表示、渡航者の健康状況が良好であること、渡航者が渡航前14日間は出発国にいたことを保証するもの)及び隔離用の宿泊施設の予約が必要になります。

(3)渡航者または身元引き受け機関、家族が到着後の隔離用宿泊施設を、申請リンクに記載されたホテルの中から選択し、最低6泊分を予約します。

(4)渡航者は、ブルネイに向けて出発する前の直近14日間は、出発国に滞在している必要があります。

(5)渡航者は、出発前72時間以内に出発国の指定機関で新型コロナウイルス検査(SARS−COV−2RT−PCR)を受け、陰性証明書を持参する必要があります。

(6)身元引き受け機関または家族は、渡航者の到着前に、到着後のPCR検査費用を支払う必要があります。

(7)渡航者は出発前にBruHealthアプリ(接触者追跡アプリ)をダウンロードし、身元引き受け機関は到着時すぐに同アプリが使用できるよう、ブルネイ国内用のSIMカードを準備しておく必要があります。

(8)査証が必要な場合は別途取得する必要があります。

【到着後の手続き】

(1)ブルネイ到着後、渡航者は出発国のリスク分類に応じて2〜14日間のホテルでの自己隔離を受けることとなり、隔離期間とPCR検査受診日が通知されます。

(2)隔離用宿泊施設までの交通手段は、選択したホテル側から提供され、公共交通機関の利用は禁止されます。

(3)渡航者はBruHealthアプリをインストールし、14日間、健康状態の登録を行う必要があります。

詳細については、首相府のホームページでご確認いただけます(内容は更新されることがあります)。

http://www.pmo.gov.bn/SiteCollectionDocuments/covid19/Entry-Travel-Pass-Application-Guidelines.pdf

ブルネイ日本国大使館

House No. 33, Simpang 122, Kampong Kiulap

Bandar Seri Begawan, BE1518

Negara Brunei Darussalam

TEL:+673-222-9265

FAX:+673-222-9481

当館HP:http://www.bn.emb-japan.go.jp/ja/

※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されています。「たびレジ」簡易登録をされた方でメール配信を停止されたい場合は、以下のURLから手続き下さい。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。