海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

詐欺未遂事件の発生について

最近、カメルーン規格品質機関(L’Agence des Normes et de la Qualite : ANOR)の担当者を騙る人物による、カメルーンへの輸出製品に係る保証金を口実にした詐欺未遂事件が連続して発生しています。類似事案が今後も発生する可能性がありますので、注意してください。

具体的には、複数の日本企業が、製品のカメルーンへの輸出に先立ち、カメルーン企業による代金の前払のための手続を進めていたところ、取引先のカメルーン企業や送金を担当する銀行関係者を名乗る人物から、前払代金の送金のためには、船積み前に、製品がカメルーンにおける製品規格及び要求事項に適合しているか否か検査するANORの適合証明書が必要であり、同証明書の交付のためには、事前に保証金を積み立てる必要があるとの説明がなされ、指定の口座に保証金を振り込むよう要求がありました。

本件保証金の積立て要求を不審に思った日本企業からの相談を受け、当館で調査したところ、ANORが本件のような保証金の積立てを要求することはなく、本件は詐欺であることが判明しました。

同様の保証金の積立て要求があった場合には、決して振り込みを行わないようにするとともに、当館へのご相談をお願いいたします。

なお、外務省海外安全ホームページにおきましても、広域情報として「国際的詐欺事件に対する注意喚起」を発出しておりますので、参考にして下さい。

https://www.anzen.mofa.go.jp/info/pcwideareaspecificinfo_2018C065.html

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に,配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は,以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。

(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth

(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国,移転した方は,以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

このメールは送信専用メールアドレスから配信されています。このままご返信いただいてもお答えできませんのでご了承ください。

カメルーン日本国大使館 領事班

Ambassade du Japon au Cameroun

E mail: ryojicameroun@yd.mofa.go.jp

Cel: (237)677708915

Ambassade du Japon

1535, Rue 1828, Bastos-Ekoudou, Yaounde, Cameroun (B. P. 6868)

Tel: (237) 2-2220-6202

Fax: (237) 2-2220-6203

http://www.cmr.emb-japan.go.jp/jp/index-jp.html