海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス感染症関連情報(ヨルダン国内感染者数等:9月6〜8日分)

●政府は、今週末金曜日(11日)の包括的外出禁止措置を実施せず、また、夜間外出禁止措置を深夜1時から午前6時までに短縮する旨発表しました。

●ヨルダン政府の決定により、9月8日から国際商業便が再開しましたが、8日及び9日は、あくまでグリーン国からの直行便のみが運航され、10日から14日までの5日間では、各航空会社の計20便のみで、直行便で結ぶ都市とアンマンとの間のみで運航されるとのことです。

●トランジット便が認められないため、この間は日本からヨルダンへの渡航は事実上不可能となります。

●ヨルダン政府が、これまでの臨時便による航空便の運航を変更し、国際商業便を慎重に再開させようとしているため、ヨルダンへの渡航ルールが頻繁に変更・改正されていますので、その都度渡航ルールをご確認いただくようお願いします。

●政府は、新規感染者数につき、9月6日は58名(市中感染者53名)、7日は67名(市中感染者61名)、8日は103名(市中感染者99名)で、累計の感染者数は2,581名となったと発表しました。感染者が増加していますので、引き続き感染予防措置をとるようお願いします。

1 外出禁止の緩和措置

 8日、アダーイレ・メディア担当相等は記者会見を行い、新型コロナウイルス対策措置の緩和等に関し、以下のとおり述べました。

(1)9日から、夜間の外出禁止時間を深夜1時から午前6時まで(経済活動は深夜12時まで可)に短縮する。

(2)今後1週間は、アンマン・ザルカ両県を含む全ての県で、包括的外出禁止を行わない。

(3)ただし、大衆市場や宗教施設等の人が集まる場所においては、衛生措置の実施・社会的距離の確保等に関して監視を強化する。また、今後は、感染者数の増加している地区ごとに隔離していくだろう。

(4)閉鎖されていたマルカ内のラブワ地区の閉鎖を解除する。同地区における外出禁止時間は、他の地域と同様となる。

2 国際商業便の再開状況

(1)ヨルダン政府は、本8日から国際商業便を再開しましたが、8日及び9日は、あくまでグリーン国からの直行便のみが運航され、10日から14日までの5日間では、各航空会社の計20便のみが運航され、グリーン、イエロー、レッドに明示的に分類された都市からのアンマン行の直行便のみが運航されるとのことです。

(2)トランジットによる接続便からの上記直行便へは搭乗が認められないため、結果として、この間は日本からヨルダンへの渡航は事実上不可能となります。なお、既に9月11日のカタール航空便(QR401)はキャンセルされています。

(3)既に発表されているグリーン、イエロー、レッド国のリストは、9月15日以降に改訂される予定とのことです。

3 ヨルダン国内感染状況

 ヨルダン保健省は感染者数を次のとおり発表しました。

(1)新規感染者数につき、9月6日は58名(市中感染者53名)、7日は67名(市中感染者61名)、8日は103名(市中感染者99名)で、累計の感染者数は2,581名となったと発表しました。内訳は次のとおり。

 ア 6日:計58名

   41名:アンマンで確認された感染者(34名は濃厚接触者、7名は調査中)

   11名:バルカ(8)、イルビド(2)での濃厚接触者、マフラク(1)については調査中

   1名:サウジからの帰国者で、14日間の隔離後にラムサー地区の自宅で感染が判明した者

  3名:国外からの帰国者

   2名:サウジ国境で確認されたトラック運転手

 イ 7日:計67名

   46名:アンマンで確認された感染者(39名は濃厚接触者、7名は調査中)

   15名:バルカ(6)、イルビド(8)、マダバ(1)で確認された感染者

   6名:国外からの帰国者

 ウ 8日:計103名

   57名:アンマンで確認された感染者(50名は濃厚接触者、7名は調査中)

   7名:ザルカで確認された感染者(6名は濃厚接触者、1名は調査中)

   35名:カラク(25)、バルカ(5)、イルビド(2)、ジェラシュ(3)で確認された濃厚接触

   4名:国外からの帰国者

(2)治療者数は、9月6日は56名、7日は61名、8日は68名。

(3)死亡者数は、9月8日に2名で計19名。

(4)PCR検査件数は、9月6日は11,925件、7日は8,967件、8日は12,104件を実施、総検査数は915,469件。

 本情報は、当局が公式に発表した最新情報等を中心に掲載しており、今後変更があり次第連絡いたします。

 夜間外出禁止令は、午後11時(経済活動は10時まで)から午前6時までです(明9日からは、深夜1時(経済活動は深夜12時まで)から午前6時までとなります)。これを遵守して頂くようお願い致します。

新型コロナウイルス感染症の予防法について−

 まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。

 具体的には、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。また、十分な睡眠をとっていただくことも重要です。

 さらに、人込みの多い場所は避けるとともに、屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごす際はご注意下さい。

外務省海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp/

外務省海外安全ホームページ 新型コロナウイルス

(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域の行動制限)

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

外務省 海外安全ホームページ 医療・健康関連情報

https://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/index.html

厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

ヨルダン保健省 Hotline 06-5004545 / Corona Virus Free Line 111

https://www.moh.gov.jo/

ヨルダン保健省 新型コロナウイルス関連ページ(アラビア語

https://corona.moh.gov.jo/ar

在ヨルダン日本国大使館

領事・警備班:担当 入江 及び 田口

TEL:962−6−5932005

FAX:962−6−5931006

P.O.Box.2835 Amman 11181 Jordan

consular@am.mofa.go.jp