海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス感染症関連情報(感染者数増を受けた新たな措置に関する政府発表等)

●政府は、最近の感染者数の急増を受けて、学校の遠隔授業への移行や幼稚園の登園停止、レストラン・カフェの店内での食事の提供の停止(17日からはデリバリー・テイクアウトのみ)、結婚式・葬儀等の集会に対する厳格な規制、モスクの閉鎖等の新たな措置を発表しました。これらは、17日(木)から2週間適用される予定です。

●政府は、新規感染者数につき、9月13日は252名(市中感染者248名)、14日は214名(市中感染者204名)で、累計の感染者数は3,528名となったと発表しました。

 14日、アダーイレ・メディア担当相等は記者会見を行い、最近の感染者数増を受けた新たな措置等を発表したところ、概要以下のとおりです。

1 アダーイレ・メディア担当相

(1)14日、閣議において最近の感染状況が議論され、包括的外出禁止実施を避けるため、17日(木)から2週間、以下の措置を講じることを決定した。

 ア ほぼ全ての公立・私立学校で出席が停止され、遠隔授業に移行する。

 イ レストラン及びカフェ店内での食事の提供が停止され、デリバリー及びテイクアウトのみ認められる。

 ウ 全ての県における大衆市場(消費者が直接買い物できる市場)は閉鎖される。

 エ 中央市場(生産者から商品を買い取り、卸売りする市場)に関しては、地方行政相及びアンマン市長が、混雑を避けるために必要な予防衛生措置をとる。

 オ 裁判所は司法省と連携し混雑を避けるための措置をとる。

 カ 数十人の感染者を出した結婚式・葬儀その他のあらゆる集会に関して、厳格な措置をとり、これらの集会を行おうとする者は拘束される。あらゆる形の集会に対する監視を強化し、法的な制限下にない集まりの禁止を徹底する。

 キ 公的会議は遠隔化する。

 ク 別途発表のあるまで、病院を訪れることは禁止する。安全な遠隔診療を可能にする手段を確保する。

(2)また、(先週から隔離されている)グール・アル=サーフィー地区(カラク東部)における外出禁止時間を延長し、15日以降、午後6時から翌朝6時まで外出禁止とする。

2 ヌアイミー教育相

(1)17日から2週間、1〜3年次(初等教育校)及び12年次(中等教育校2年次)を除き、全ての公立・私立学校、UNRWA運営学校、軍学校が遠隔授業に移行する。

(2)12年次の授業は、1学級20人を超えないという条件の下、交代制又は完全に対面で行われる。

(3)1〜3年次に関しては、保護者が遠隔授業か対面授業かを選択することができる。

(4)教師の出勤に関しては、各校長が責任を持って調整する。

(5)また、幼稚園への登園も停止される。

(6)学校における措置の詳細は15日に発表する。

3 ハラーイレ・ワクフ・イスラム聖地相

 17日から2週間モスクを閉鎖する(当館注:同日、教会長評議会議長も、2週間の教会における礼拝・ミサの停止を発表しました)。

4 ヨルダン国内感染状況

 ヨルダン保健省は感染者数を次のとおり発表しました。

(1)新規感染者数につき、9月13日は252名(市中感染者248名)、14日は214名(市中感染者204名)で、累計の感染者数は3,528名となったと発表しました。内訳は次のとおり。

 ア 13日:計252名

   85名:アンマンで確認された感染者

   163名:イルビド(5)、カラク(43)、ザルカ(43)バルカ(65)、マダバ(7)で確認された感染者

   4名:国外からの帰国者

 イ 14日:計214名

   110名:アンマンで確認された感染者

   94名:イルビド(4)、カラク(53)、ザルカ(9)、ジェラシュ(2)、バラク(19)、マダバ(1)、マフラク(6)で確認された感染者

   10名:国外からの帰国者

(2)治療者数は、9月13日は50名、14日は49名。

(3)死亡者数は、9月13日に2名、14日に2名で計26名。

(4)PCR検査件数は、9月13日は11,322件、14日は10,010件を実施、総検査数は989,579件。

 本情報は、当局が公式に発表した最新情報等を中心に掲載しており、今後変更があり次第連絡いたします。

 夜間外出禁止令は、一部の隔離地域を除き、深夜1時(経済活動は深夜12時まで)から午前6時までとなります。これを遵守して頂くようお願い致します。

新型コロナウイルス感染症の予防法について−

 まずは、一般的な感染症対策や健康管理を心がけてください。

 具体的には、石けんによる手洗いや手指消毒用アルコールによる消毒などを行い、できる限り混雑した場所を避けてください。また、十分な睡眠をとっていただくことも重要です。

 さらに、人込みの多い場所は避けるとともに、屋内でお互いの距離が十分に確保できない状況で一定時間を過ごす際はご注意下さい。

外務省海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp/

外務省海外安全ホームページ 新型コロナウイルス

(日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域の行動制限)

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

外務省 海外安全ホームページ 医療・健康関連情報

https://www.anzen.mofa.go.jp/kaian_search/index.html

厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

ヨルダン保健省 Hotline 06-5004545 / Corona Virus Free Line 111

https://www.moh.gov.jo/

ヨルダン保健省 新型コロナウイルス関連ページ(アラビア語

https://corona.moh.gov.jo/ar

在ヨルダン日本国大使館

領事・警備班:担当 入江 及び 田口

TEL:962−6−5932005

FAX:962−6−5931006

P.O.Box.2835 Amman 11181 Jordan

consular@am.mofa.go.jp