海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

在留邦人の皆様へ:新型コロナウイルス関連情報(9月17日)

 9月17日までのカザフスタンにおける新型コロナウイルス関連情報は以下のとおりです。

1 カザフスタン国内感染者数等

●感染者累計数は107,056名です。

●死亡者累計数は1,671名です。

●快復者累計数は101,455名です。

●COVID-19の兆候がある肺炎患者累計数は30,337名です。●COVID-19の兆候がある肺炎死亡者累計数は335名です。

●COVID-19の兆候がある肺炎快復者累計数は26,478名です。

(参考1)州・直轄市ごとの感染者数等、詳細は下記のカザフスタン政府コロナウイルス対策ページから参照可能です。

https://www.coronavirus2020.kz/ru

(参考2)世界各国のCOVID-19感染者数(WHO作成)は下記から参照可能です。

https://www.who.int/emergencies/diseases/novel-coronavirus-2019/situation-reports/

2 カザフスタン国内の新型コロナウイルスに関する発表及び報道は以下のとおりです。

(注)以下は、一般的事項及び在留邦人のおられる都市の情報を中心に作成しています。

(1)新規感染者数

●9月15日に新規に確認された感染者数は64名です。

●9月16日に新規に確認された感染者数は72名です。

(2)検疫・医療等

●トカエフ大統領は、感染状況の安定化と検疫の段階的な緩和を指示しました。

◎トカエフ大統領はマミン首相と会談し、雇用確保、企業支援、製造業のプロセスへの新技術導入、感染状況の安定化、検疫要請の段階的な緩和といった措置を実施する重要性を指摘しました。

(3)生活

●休日の理髪店、サウナ、プール、スポーツセンターの営業が再開されます。

カザフスタン省庁間委員会はCOVID-19が蔓延していない状況を見て、ビジネス施設の営業制限を緩和する決定を下し、プレスリリースにて発表しました。

◎衛生疫学的状況の安定化を考慮し、来訪者が平日に集中することを抑えるため、休日のビューティーサロン、理髪店、美容サービス店、フィットネスセンター、スポーツ健康施設、トレーニングルーム、スポーツ複合施設、スパセンター、サウナ、プール(ポータルサイトinfokazakhstan.kzに登録されており、混雑率30%以内、50人以下、予約制でマスク着用・ソーシャルディスタンスの順守)、宗教施設(個人利用に限り、集団行事の開催は禁止)の営業再開が許可されます。

●国家機関と商工会議所「アタメケン」と国内のメーカーとの協議の結果、医療用使い捨てマスクの小売価格が25%引き下げられます(80テンゲから60テンゲに引き下げ)。

(4)国際航空便

(注:実際の利用に際しては各航空会社にご確認ください。)

●民間航空委員会はプレスリリースにて、カザフスタン省庁間委員会の決定により、キルギスとの航空便を9月20日に再開することを発表しました。

◎両国間で再開される航空便は、エア・アスタナのアルマティ−ビシュケク便で、週2便(火・日)の運航となります。

◎航空便は、衛生疫学的要請を厳しく遵守した上で運航されます。

●民間航空委員会はプレスリリースにて、ポーランド政府が9月16日より航空直行便の運航禁止国リストからカザフスタンを削除したことを発表しました。

ポーランド政府によるカザフスタンの運航禁止国リストよりの削除は、カザフスタン国内のCOVID-19の衛生疫学的状況の改善を示すものと考えられています。

ポーランド政府による直行便禁止国リストは、2週間ごとにポーランド国外の感染状況をモニタリングした結果により更新されています。

ウズベキスタンカザフスタンの航空会社及びホレズム州・マンギスタウ州両行政府は、ウルゲンチ・アクタウ間の定期航空便開設に向けて検討していることを発表しました。

◎トゥルグノフ・在アクタウ・ウズベキスタン総領事は、「この会談は地域間協力を新しいレベルに引き上げる有意義な機会であり、ウルゲンチ・アクタウ間の定期航空便開設はウズベキスタンカザフスタン間の観光業発展を促進するだろう」と述べました。

◎同時に、アイトジャン・マンギスタウ州産業イノベーション発展課長は現在のカザフ・ウズベク間協力の強化、ホレズム州と得た地域間関係上の成果について語り、地方行政府としてアクタウ・ウルゲンチ間の定期航空便開業を全面的に支持する、と述べました。

●当館領事メールのバックナンバーは以下のページから参照できるようになっています。

https://www.anzen.mofa.go.jp/od/ryojiMail.html?countryCd=0007

●当館フェイスブック https://www.facebook.com/embassy.jp.kz/ にもコロナウィルス関連情報を掲載しています。

(邦人保護等の緊急事態の場合の問い合わせ窓口)

○在カザフスタン共和国日本国大使館

住所:5th floor, Kosmonavtov Street 62, micro-district

"Chubary", Nur-Sultan, 010000, Republic of Kazakhstan

電話:+7 (7172) 977-843

FAX :+7 (7172) 977-842

○日本外務省領事サービスセンター

電話:(代表)+81-3-3580-3311(内線)2902,2903

(日本外務省関係課室連絡先)

○領事局海外邦人安全課(テロ・誘拐事件を除く)

(内線)2851

○領事局邦人テロ対策室(テロ・誘拐事件等)

(内線)3047