海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス(COVID-19)に関する注意喚起(商用国際便の一部再開の発表)

●9月15日、オロスコ運輸大臣は、9月21日より、一部の国との間の商用国際便を再開させ、順次、その対象国を拡大する方針を発表しました。9月21日からの再開の対象空港及び対象国は、ボゴタメデジン、カリ、カルタヘナ、また、米国、エクアドル、メキシコ、ブラジル、ドミニカ共和国グアテマラとされています。

●コロンビアからの出国に当たっては、フライトの出発24時間前から1時間前までのCheck-Migへの登録(入国時も登録が必要)及びCoronAppへの登録が求められるとのことです。

●また、コロンビアへ入国する外国人に対して、入国する便の出発96時間前以内に取得した新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査陰性証明を求めるが、厚生・社会保障省によれば、症状が確認されない限り入国時の隔離措置は実施しないとのことです。

●なお、9月21日からの一部再開に先立ち、9月19日に、カルタヘナ(ラファエル・ヌニェス空港)において、FLL発同地着のスピリット航空便及び同地発MIA着のビバエアー航空便が運航されるとのことです。

●商用国際便への搭乗に関心がある方は、航空会社や旅行会社などから最新情報を入手いただき、各自で手配してください。

●なお、米国での乗り継ぎにあたっては、ESTA(米国の電子渡航認証)などが必要です。ESTA取得に当たっては、出発の72時間前までのオンラインでの申請が推奨されています。また、米国査証に関する詳細については、在コロンビア米国大使館にご照会ください。

1 9月15日、オロスコ運輸大臣は、9月21日より、一部の国との間の商用国際便を再開させ、順次、その対象国を拡大する方針を発表しました。9月21日からの再開の対象空港及び対象国は、ボゴタメデジン、カリ、カルタヘナ、また、米国、エクアドル、メキシコ、ブラジル、ドミニカ共和国グアテマラとされています。

 コロンビアからの出国に当たっては、フライトの出発24時間前から1時間前までのCheck-Mig( https://apps.migracioncolombia.gov.co/pre-registro/public/preregistro.jsf )への登録(入国時も登録が必要)及びCoronAppへの登録が求められるとのことです。

 また、コロンビアへ入国する外国人に対して、入国する便の出発96時間前以内に取得した新型コロナウイルス(COVID-19)のPCR検査陰性証明を求めるが、厚生・社会保障省によれば、症状が確認されない限り入国時の隔離措置は実施しないとのことです。

 なお、9月21日からの再開に先立ち、9月19日に、カルタヘナ(ラファエル・ヌニェス空港)において、FLL発同地着のスピリット航空便及び同地発MIA着のビバエアー航空便が運航されるとのことです。

運輸省による商用国際便一部再開に関するプレスリリース https://www.mintransporte.gov.co/publicaciones/8965/gobierno-nacional-reactiva-de-manera-gradual-la-operacion-de-vuelos-internacionales-a-partir-del-proximo-21-de-septiembre/

2 商用国際便への搭乗に関心がある方は、航空会社や旅行会社などから最新情報を入手いただき、各自で手配してください。その際、経由地(国)に関する日本政府の感染症危険情報や入国制限措置、また、当該国による入国制限措置などの最新情報も入手するようにしてください。

3 また、米国内では引き続きマスク等口や鼻を覆う物の着用の義務付けや行動制限が課されている地域がある模様ですので、移動や宿泊等の手配の際には注意してください。

 また、米国での乗り継ぎにあたっては、ESTA(米国の電子渡航認証)などが必要です。ESTA取得に当たっては、出発の72時間前までのオンラインでの申請が推奨されています。

 米国査証に関する詳細については、以下の在コロンビア米国大使館にご照会ください。  

U.S. Embassy Bogota, Colombia

Tel. +57-1-275-2000

acsbogota@state.gov

https://co.usembassy.gov/

 更に米国による措置の内容やフライト運航状況については、当局、航空会社、旅行代理店等で確認してください。また、米国国内で当局から何らかの措置の要請があった場合にはその指示に従ってください。

 なお、一定の制限の下で再開される国際商用便の利用において何らかの問題が発生しても、当館としては責任を負うことができませんので、自己責任によりご対応いただくようあらかじめご了承願います。

4 コロンビアには「感染危険情報レベル3(渡航は止めて下さい(渡航中止勧告))」が発出されており、滞在歴のある日本人は、日本到着時に、PCR検査を行い、その後、検疫所長の指定する場所等で14日間待機すること及び国内において公共交通機関を使用しないことが要請されますので、ご承知おき下さい。

 詳細については、以下の厚生労働省のホームページを御参照ください。

厚生労働省HPにおける検疫措置のフローチャート

https://www.mhlw.go.jp/content/000618379.pdf

厚生労働省HP「日本へ帰国された皆様へ」)

https://www.mhlw.go.jp/content/000634014.pdf

厚生労働省HP「水際対策の抜本的強化に関するQ&A」)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/covid19_qa_kanrenkigyou_00001.html

 また、上記HPに関してご不明な点や入国時の措置に関する個別具体的な照会がありましたら、以下の連絡先にお尋ねください。

(問い合わせ窓口)

厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化)

日本国内から:0120-565-653

海外から:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

このメールは、在留届および「たびレジ」に登録されたメールアドレス宛に自動的に配信されています。

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

【問い合わせ先】

在コロンビア日本国大使館

Carrera 7 No.71-21, Torre B Piso 11, Bogota, D. C.

※一時的に電話番号を変更しております。

電話番号(日本語):+57 317 438 3097

電話番号(スペイン語):+57 318 206 2161

電話番号(土日祝日及び平日時間外17:30〜09:00):+57 315 340 6283(※緊急時)

FAX: +57 (1) 317 49 89

https://www.colombia.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html