海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

災害事態宣言の終了および今後の規制

〇昨9月30日の災害事態宣言終了にともない、「夕方・夜間の外出禁止令」が解除されました。

〇「各市の感染者割合別の規制」(各市を色別でレベル分けした規制)は政令として引き続き継続されます。

〇ホテル、バー、イベントやコンサート、映画館、ジム、国立公園、遺跡、公園やプールなどの規則が緩和されています。

 昨9月30日、災害事態宣言が終了しました。それにともない現行の規制内容が変更・緩和され、新たに政令(acuerdo gubernativoまたはacuerdo ministerial)として施行されています。なお、引き続きマスク着用、ソーシャル・ディスタンスの確保、手洗い、消毒実施は求められています。

 規制を違反した場合の罰則については、アルコール飲料の販売禁止時間を違反した場合を除き、いかなる罰則が課されるか現状不明ですので、滞在先の規制レベルおよび規制内容を確認の上、行動してください。

 また、政令とは別に各地方自治体で独自に規制を定めている場合がありますので、ご注意ください。

◆夕方・夜間の外出禁止令(変更前:午後9時から翌日午前4時まで)

 解 除

※夜間の外出は大変危険です。暗くなってからの不要不急の外出は極力お控えください。

◆アルコール・累次飲料の販売の禁止時間(変更前:午後7時から翌朝5時まで)

 午後9時から翌朝6時まで

※違反した場合は罰金

※公共の場でのアルコール・累次飲料は引き続き禁止

◆「各市の感染者割合別の規制」

 「各市の感染者割合別の規制」が一部変更されています。滞在先の警戒レベルを確認の上、規制に沿った行動をしてください。最大警戒レベル「赤」地域における規制の変更は以下のとおりです。

【ホテルの営業】

・1人あたり10平方メートルのスペースを確保した上で、イベント開催可能

・10人以上の集団でのテーブル着席は不可

・60歳以上の高齢者および高リスク者は立ち入り禁止、もしくは専用の時間・場所の設置を推奨

【国立公園および遺跡への立ち入り】

・10人以下の集団は入場可能

・1人あたり10平方メートルのスペースを確保

【公園の利用】

・個人での活動もしくは、10人以下の集団での利用は可能

・食事や商品の販売は不可

【バーや類似店の利用】

・1人あたり10平方メートルのスペースを確保し、窓や扉を開放するか屋外での営業が可能

・1テーブルにつき5人以下の着席のみ可能

・60歳以上の高齢者および高リスク者は立ち入り禁止、もしくは専用の時間・場所の設置を推奨。

【イベントやコンサートなどの開催】

・1人あたり10平方メートルのスペースを確保し、1回につき100人を上限として開催可能

・車から降りることなく参加できるイベントは人数制限なし

【公共のプールの使用】

・個人での使用、個人レッスンは可能

・60歳以上の高齢者および高リスク者対象の時間を設けること

【ジムの使用】

・公共スペースでは1人あたり10平方メートルのスペースを確保

・集団でのレッスンや活動は不可

・60歳以上の高齢者および高リスク者は立ち入りを禁止、もしくは専用の時間・場所の設置を推奨

【プロリーグ、プロスポーツ

・20人以下の集団での練習および無観客試合は可能

・室内での練習では1人あたり10平方メートルのスペースを確保

【映画館および劇場での鑑賞】

・1人あたり10平方メートルのスペースを確保

・10人以上の集団での利用は不可

・チケットはインターネットで販売し、券売所に列をつくらない

・60歳以上の高齢者および高リスク者は、専用の時間・場所の設置を推奨

 このメールは、「在留届」および「たびレジ」に届けられたメールアドレスに自動的に配信されています。

グアテマラ日本国大使館

電話:2382-7300(代)