海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

【緊急】ミクロネシア連邦政府による修正緊急事態延長決議の採択

5日,ミクロネシア連邦議会は現在発令中の連邦政府による修正緊急事態宣言を11月30日まで延長する決議を採択した旨発表しました。

同議会決議の主な変更点は次の通りです(仮訳)。

変更前

(8)FSMにおける利用可能な検疫及び隔離施設が限られていることから、FSM国民の国際旅行に関する第4項及び商業船舶に関する第9項を除き、FSMの国外から出発する航空機又は船舶の全ての乗客の上陸を禁止する。

 i.ただし、連邦タスクフォースは各州と協議の上、検疫及び隔離施設の基準と機能を確立し更に発展させることを目的として作業を行う。各州の施設が許容基準に達した場合、各州は連邦タスクフォースと協力してFSM国民、学生、居住者の帰還に関する計画を策定する。FSM国民の帰還が優先され、国民が帰還した後にのみ、外国人がFSMに入国することを許可するための更なる計画が実行される。連邦タスクフォースは、到着の日程、事前スクリーニング、到着時のスクリーニング、検疫及び隔離手順に関する通知に関し国際航空会社と協力する。

変更後

(8)FSMにおける利用可能な検疫及び隔離施設が限られていることから、FSM国民の国際旅行に関する第4項及び商業船舶に関する第9項を除き、FSMの国外から出発する航空機及び船舶のすべての乗客の上陸を禁止する。

 i.ただし、連邦タスクフォースは各州と協議の上、検疫及び隔離施設の基準と機能を確立し更に発展させることを目的として作業を行う。各州の施設が許容基準に達した場合、各州は連邦タスクフォースと協力し、FSM国民、学生、居住者の帰還に関する計画を策定する。FSM国民の帰還が優先され、国民が帰還した後のみ外国人がFSMに入国することを許可するための更なる計画が実行される。ただし、海外で医療紹介を受けている、又は治療を受けている全てのFSM国民及びその付添人が故国した後、連邦タスクフォースと州タスクフォースの協議と承認に基づき、大使館の大使及び外交的地位を有する非政府組織(NGO)の使節団長の入国を例外として許可する場合がある。FSMへの入国を求める外交官は、FSMに向けて出発する前に2回の新型コ

ロナウイルス陰性検査を含む14日間のホテルでの事前検疫を含め、全ての検疫要件を満たしている必要がある。これらの要件に変更や例外は認められない。連邦タスクフォースは、到着日程、事前スクリーニング、到着時のスクリーニング、検疫及び隔離手順に関する通知に関し国際航空会社と協力する。

(連邦修正緊急事態宣言[PDF])(英語)

 https://www.micronesia.emb-japan.go.jp/files/100100135.pdf