海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス対策(首相府声明文)

ベルギーにお住まいの皆様,及びたびレジ登録者の皆様へ

昨日7日、協調委員会(連邦政府首相、地域政府首相、共同体政府首相らが出席)が開催され、10月9日からの1か月間、コロナウィルス対策の措置が強化されることになりました。首相府からの正式なコミュニケ(声明文)が発表されましたので以下、その仮訳文をご案内いたします。

【コミュニケ仮訳】

(参照アドレス:ドゥ=クロー首相ホームページ,首相府声明文(原文))

https://www.premier.be/fr/le-comit%C3%A9-de-concertation-d%C3%A9cide-de-mesures-plus-strictes-et-d%C3%A9signe-un-commissaire-covid-19

タイトル:協調委員会は、より厳しい措置を決定し、コロナウィルス委員を指名した。

 連邦政府及び連邦構成体首相は、本日、コロナウィルスの感染状況に取り組んだ。協調委員会は、とりわけ深刻な状況であると判断し、措置の強化を決定した。一方で、協調委員会は、コロナウィルス委員を指名した。

1.措置強化

 現在の感染状況は、とりわけ懸念される。感染者数、入院者数及び死亡者が増加している。一般的な活動制限(ロックダウン:confinement general)を避けるため、協調委員会は、評価ユニット(CELEVAL)の意見を検討した後、一連の措置を強化することを決定した。

・近づいた接触:一か月3名に制限。近づいた接触は、マスクなしで1.5メートル未満の距離での人との接触のことである。

・家での私的な集会:社会的距離を守り、または、それが不可能な場合、マスクを着用して、最大4名。

・カフェ、カフェテリア、その他飲み物を提供する場所:1テーブル最大4名。ただし、同居人については例外(注:同居人が4名を超える場合は例外となるという趣旨)。

・屋外での企画されない活動:最大4名。ただし、同居人を除く(注:同居人が4名を超える場合は例外となるという趣旨。)。

・カフェの閉店時間:23時。

・これら措置が遍く適用されるため、啓発・遵守についての追加的な取り組みを行う。

・一週間複数日についてのテレワークが強く推奨される。

これらの措置は、「国家の基礎」をなす。(将来採用されるバロメーターに基づき)状況が悪化した州については、知事は、内務大臣及びコロナウィルス委員(注:以下2.のとおり)と調整し、補完的措置を提案しなければならない。これらの措置は、州全体または一部に適用することができる。

これらの措置の厳格な遵守は、我々の健康を守り、学校開校を最大限維持し、高齢者と脆弱者を保護するため、絶対に必要である。もしこれらの措置が順守されない場合には、より厳しい措置が課される。我々の社会生活がより制限され、我々の経済はひどく悪化する。これらの措置の遵守は、我々全員の責任である。

これらの措置は、10月9日(金)から11月9日まで、国家全土で適用され、その後、評価に付される。

2.コロナウィルス委員の指名

協調委員会は、Pedro FACON氏をコロナウィルス委員に指名した。同氏は、Carole SHIRVEL副委員により補佐される。協調委員会は、コロナ委員に対し、とりわけセクターの「決まり」(protocoles)を修正し、発表方法も含めた形で、可及的速やかに指標(barometre)を運用できるようにする任務を課した。コロナウィルス委員は、連邦当局及び連邦構成体当局の保健方針と協調する任務を負う。任期は12か月、6か月ごとに更新可能。

委員は、分野間・多分野(inter-et-multidisciplinaire)科学委員会により補佐されるとともに、外国人科学者及び計画管理者チームにより補完され、構造化された方法で間断なくウィルスについての知識をアップデートし、措置の社会的(social)、経済的、社会全体的(societal)な影響を監視する。

3 コロナウィルス指標(barometre)策定の続き

協調委員会は、指標に関する評価ユニット(CELEVAL)の作業を検討した。コロナウィルス委員は、指標策定を継続し、特に、セクターの「決まり(protocoles)」を修正してこれらを指標に統合する任務を負う。このように、指標の各段階(色)において、異なったセクターに適用される特定の措置がはっきりと表れなければならない。

指標が完全に開発され、明確な表示(indicateurs)、それぞれのセクター及び対象となる各団体に適用される措置を備え次第、かつ、当該メカニズムの抵抗テストが実施され次第、開始される。

*****************

■■領事メールのバックナンバーはこちらから■■

https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_merumaga.html

*****************

■■ベルギー国立公衆衛生研究所では,新型コロナウイルスに関する感染者数等の情報を公表しています(毎日午前4時に更新)

https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_200923-1.html

*****************

【お問い合わせ先】

在ベルギー日本国大使館

住所:Rue Van Maerlant 1, 1040 Bruxelles, Belgique

電話:(02) 513-2340, 500-0580(領事部)

Fax :(02) 513-4633

ホームページ: http://www.be.emb-japan.go.jp/japanese/index.html

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete