海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

抗議活動について(リマインド)

1 累次お知らせのとおり、サンティアゴ市内では主にイタリア広場にて10月2日以降、抗議活動が行われ、活発化していることから、16日以降の抗議活動の動向について警戒をお願いしております。また、一部団体は昨年10月の地下鉄賃料値上げに端を発する抗議活動から1年となる10月18日(日)午前11時より地下鉄1号線のセントラル駅(Estacion Central)やラス・レハス駅(Las Rejas)からイタリア広場までの行進を呼びかけており、リベルタドール・ベルナルド・オヒギンズ通り(Av. Libertador Bernardo O’Higgins)を中心とする主要道路や同周辺の交通渋滞や地下鉄の遅延・閉鎖、抗議参加者の治安部隊との衝突などの発生が見込まれます。

2 つきましては、引き続き、報道等から治安情報に関する最新情報を入手し、不測の事態に巻き込まれないようにしてください。また、外出の際には、抗議活動等、人が集まっている場所には決して近づかないように細心の注意を払い、万が一、デモ隊や群衆に遭遇した場合には、直ちにその場から離れ、建物内など安全な場所へ避難し、自らの安全確保に努めてください。

3 被害を受けた場合、または被害を受けた邦人の情報がある場合には、在チリ大使館までご連絡いただきますようよろしくお願いいたします。

このメールは在留届を提出した方と「たびレジ」に登録した方に配信しています。

※「たびレジ」に簡易登録した方でメールの受け取りを希望しない方は、以下のURLから変更・停止の手続きをしてください。

(変更)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/auth

(停止)https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、移転した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login

【問い合わせ先】

在チリ日本国大使館 領事部 

住所:Ricardo Lyon 520, Providencia, Santiago, Chile

電話:(+56-2) 2232-1807

FAX :(+56-2) 2232-1812

メール:consuladojp@sg.mofa.go.jp

HP:https://www.cl.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html