海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス対策(公衆衛生省記者会見ポイント:12日)

ベルギーにお住まいの皆様,及びたびレジ登録者の皆様へ

14日,公衆衛生省による記者会見が行われましたところ,主なポイントを以下のとおり御案内いたします。

(参考アドレス:ベルギー公衆衛生省による記者会見動画)

https://www.info-coronavirus.be/en/live-pressconferences/

【新規感染者】

直近の7日間で、1日あたり平均5,057人の新規感染者を記録、前週から93%の増加に相当。現在、新規感染者数は毎週(7日毎に)倍増している。先週金曜日(9日)には、1日7,000人を超え、7,030人の新規感染者数が記録されている。この数字はこれまでで最も深刻なものであり、チェコに続き、欧州では2番目に多い感染者数(当館注:10万人当たりの感染者数)となった。

感染は引き続き全ての年齢層で発生しているが、4分の1は20代の若者である。感染増加トレンドについては、30〜80歳への移行が見られ、この年齢層において現在、感染者数が倍増している。

国内の分布について、最も増加しているのは南部であり、ブラバン・ワロン州が最大で、感染者数は5日毎に倍増している。このタイプのウイルスの倍増ペースは、最大で3日毎にまで達する。絶対数で見れば、リエージュ州及びエノー州で最も感染が増加しており、それぞれ1日あたり平均833人、753人の新規感染者が発生している。なお、数週間前から同様、引き続き新規感染者数が最も多いのはブリュッセル首都圏地域であり、1日あたり平均881人、前週から52%の増加である。

多くの人が住むブリュッセルにとっては引き続き顕著な増加率ではあるが、ブリュッセルにおける増加ペースは他の地域ほど速くないことを強調したい。これは、より厳格な措置の効果とも考えられるが、(そう判断するには)やや時期尚早であり、また、一部の検査機関における(検査実施数の)飽和状態に起因するものとも考えられる。ブリュッセルで実施された検査の5件に1件が陽性、すなわち陽性率が20%である点を強調しなければならず、これまで我々はこの水準に達したことはなかった。

フランダース地域では、ワロン地域に比べると感染者数が少なくなっていることは事実であるが、数字で見れば大きく増加しており、週毎に倍増している。このまま拡大が続けば、まもなくフランダース地域でも、南部地域と同様のレベルの感染者数・影響が生じることになる。

【新規入院】

入院者数も大きく増加している。絶え間なく加速が続いており、1週間前には1日あたり100人という一つの基準値を超え、現在では1日あたり200人を超える日もある。これは、ゆっくり始まり、少しずつ増え、最後には爆発的に増加するという、指数関数的に強力な増加の性質を示している。ウイルスは(感染拡大を)遅く見せかけ、一部の人々を勘違いさせる。直近の7日間では、1日あたり平均152人の新規入院者数、前週から81%の増加が記録され、これは8日毎に倍増に相当し、新規感染者数の増加スピード(7日毎に倍増)に極めて近い。新規入院者の半分以上はブリュッセルリエージュ州、エノー州であったが、全ての州で明らかに増加している。

現在、病院には計1,621人の感染患者がおり、うち281人が集中治療を受けている。また、入院患者数、集中治療治療患者数共に12日間で倍増しており、11月にも集中治療患者が1,000人を超える可能性は引き続きあり、このペースで増加が続けば、11月半ばには最大収容可能数の2,000人に達することになる。このシナリオは絶対に回避しなければならない。

【死亡者】

死者数も増加している。前週比で56%の増加、1日あたり平均18人の死者が記録された。先週の土曜日と日曜日にはそれぞれ24人、27人の死者数となった。この死者は、主に老人ホームの住人(病院で亡くなる方も多い)に関連したものであるが、一部の地域における老人ホームへのウイルスの再侵入を懸念していることは先日も強調したところ。

【コロナ追跡アプリ(コロナラート)について】

これまでに100万人以上の人々がインストール済み(ベルギーにおけるスマートフォン使用者の15%に相当)。

【その他】

次回の記者会見は10/16(金)。

*****************

■■領事メールのバックナンバーはこちらから■■

https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/consular_merumaga.html

*****************

■■ベルギー国立公衆衛生研究所では,新型コロナウイルスに関する感染者数等の情報を公表しています(毎日午前4時に更新)

https://www.be.emb-japan.go.jp/itpr_ja/news_200923-1.html

*****************

【お問い合わせ先】

在ベルギー日本国大使館

住所:Rue Van Maerlant 1, 1040 Bruxelles, Belgique

電話:(02) 513-2340, 500-0580(領事部)

Fax :(02) 513-4633

ホームページ: http://www.be.emb-japan.go.jp/japanese/index.html

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete