海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

バーデン=ヴュルテンベルク州における感染段階の引き上げ

2020年10月18日 メールマガジン第634号

バーデン=ヴュルテンベルク州(BW州)政府は、感染者数の大幅な増加を考慮し、19日(月)から感染予防戦略における段階を最も高い第三段階(危機的段階)へ引き上げることを発表しました。引き上げに伴う制限措置の強化の概要は、以下のとおりです。

●過去7日間の10万人あたりの新規感染者数(以下「基準値」)は、バイエルン州で43.8、BW州で42.7(18日現在、ロベルト・コッホ研究所発表)となっています。

●クレッチマン州首相は、ドイツそしてBW州にとってこれからの数週間が重要になり、できるだけ早く現在の感染拡大の傾向を封じ込めるためには、あらゆることを実行に移さねばならないとしています。

●BW州政府は、AHAルール(1.5メートルの対人間隔確保(Abstand halten)、保健衛生措置(Hygienemassnahmen)及び日常マスクの着用(Alltagsmasken tragen))の遵守、換気とアプリの利用を改めて呼びかけるとともに、可能な限り人との接触及び旅行を控えることを推奨しています。引き続き、感染予防には十分ご留意ください。

【BW州における制限措置強化の内容】(19日より適用)

1.歩行者が多数行き来する場所、公共施設内部、屋外の公共の場等、制限距離を取ることが困難になりうる場所でのマスク着用義務。

2.私的な集まりは、最大10名又は2世帯までに限る。

3.行事の参加者は100名までに制限。

4.各施設に対しては以下の措置が適用。

(1)病院:入院患者数の増加を想定した集中治療病床数の段階的な確保

(2)救急外来: 特に感染拡大が見受けられる地域におけるコロナ発熱外来及びテストセンターの拡大

(3)電話での診察の拡大

(4)学校: 5学年以上の生徒の授業中を含むマスク着用義務

(6)学校活動以外での学校施設利用の制限

(7)大学: 着席時も含むマスク着用義務

※BW州政府プレスリリース

https://www.baden-wuerttemberg.de/de/service/presse/pressemitteilung/pid/land-ruft-die-dritte-pandemiestufe-aus/ 

※BW州における感染予防戦略については、メールマガジン第621号を参照してください。

https://www.muenchen.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/621.html 

※BW州州令については、改定後、当館HPに掲載します。

当館新型コロナウイルス特設ページ

https://www.muenchen.de.emb-japan.go.jp/itpr_ja/coronavirus_2020.html 

バーデン=ヴュルテンベルク州の防疫対策「州令」に掲載しています。)

※両州を含むドイツ国内の感染者数及び基準値は、ロベルト・コッホ研究所ウェブサイトに掲載されていますので、参考としてください。

https://experience.arcgis.com/experience/478220a4c454480e823b17327b2bf1d4/page/page_1/ 

このメールは、バイエルン州及びバーデン=ヴュルテンベルク州在留の在留届にて届けられたメールアドレス、当館メールマガジン及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動配信されています。

【問い合わせ先】

ミュンヘン日本国総領事館

HP:https://www.muenchen.de.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

メール:sicherheits@mu.mofa.go.jp

電話:089-4176040

FAX:089-4705710

※当館からのメールの配信停止は、次のURLから停止手続きをお願いいたします。

(当館メールマガジン

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/mailmz/delete?emb=muenchen.de

(たびレジ簡易登録)

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete