海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

オムニバス法等に反対する抗議活動(10月20日)

●本日、南スラウェシ州マカッサル市では、オムニバス法に反対する最大1,000名規模の抗議活動が行われています。

●また、2期目1周年を迎えたジョコウィ政権に対する抗議活動が行われる可能性があるとされています。

●デモが行われている場所やデモ隊には近づかないようにし、ご自身の安全確保に留意してください。

●デモが実施される周辺道路では交通規制が行われ、交通状況に大きな影響が生じる可能性があります。

●なお、南スラウェシ州以外の各地方議会庁舎周辺等において、デモ参加者による投石や治安部隊との衝突が発生していますので、常に最新情報を得るよう努めて下さい。

1 インドネシア各地においてオムニバス法に反対する抗議活動が継続して行われており、当地治安当局からの情報によれば、本日も、南スラウェシ州マカッサル市では、ハサヌディン大学前、南スラウェシ州議会前、フライオーバー(すべてJl. Urip Sumoharjo)、インドネシアイスラム大学前、ムハマディヤ大学前(ともにJl. Sultan Alauddin)、で最大1,000名規模の抗議活動が行われています。また、本日以降、2期目1周年を迎えたジョコウィ政権に対する抗議活動が行われる可能性もあるとされています。

2 デモ活動が拡大し、デモ参加者の一部が暴徒化する等の不測の事態が発生する可能性もあります。邦人の皆様におかれては、最新の情報に注意するとともに、デモが行われている場所やその周囲には近付かないでください。また、デモに遭遇した際には、速やかにその場を離れてください。デモが実施される周辺道路では、交通状況に大きな影響が生じる可能性がありますので、ご注意下さい。

3 また、マカッサル市以外の各州地方議会庁舎周辺等においても、デモ参加者による投石や治安部隊との衝突も発生していますので、明日以降のデモ発生状況を含め、常に最新の情報を得るよう努めてください。

4 邦人の被害等に関する情報に接した場合には、当事務所にご一報ください。

 このメールは、当事務所管轄区域(北スラウェシ州ゴロンタロ州中部スラウェシ州、東南スラウェシ州南スラウェシ州西スラウェシ州、マルク州、北マルク州パプア州西パプア州)にお住まいの皆様及びたびレジに登録されている方に配信されております。

【問合せ先】

在マカッサル領事事務所

住所: Gedung Wisma Kalla, Lt.7, Jl. Dr. Sam Ratulangi No. 8-10, Makassar Indonesia

電話: +62-411-871-030

FAX: +62-411-853-946

ホームページ: http://www.surabaya.id.emb-japan.go.jp/itpr_ja/makassar.html

○「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

URL:https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete