海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

西ケープ州の感染状況等について

●報道によると保健大臣が感染したとのことです。

ケープタウン空港から出国する際の情報をお知らせします。

1.先週(10月12日(月)からの1週間)の西ケープ州及び南ア国全体の1日あたりの平均新規感染者数(カッコ内は対先週比)、死亡者数は以下のとおりです。

https://coronavirus.westerncape.gov.za/news

https://sacoronavirus.co.za/

(1)西ケープ州:235(+106)名、6(+0)名

但し、16日(金)の発表が遅れている為、実際の死亡者数は更に多いと思われます。

なお、新規感染者数が先週に比べ大幅に増加しています。

(2)南ア国全体:1,617(+20)名、99(▲16)名

2.報道によるとムキゼ保健大臣及び同夫人が新型コロナウィルスに感染したとのことです。同大臣の発言次のとおりです。

疲れを感じ食欲を失ったので検査を受けたら陽性だった。国として新型コロナウィルスとの闘いは大きく前進している。しかし、今後も何をするにしても第ニ波の危険があることを常に忘れないで欲しい。自分は隔離期間を利用し、十分休んで力を蓄え、人々の命と健康を守るために全力を尽くす。

3.ケープタウン空港から出国する際の流れをご参考までにお伝えします。

状況は変化し、空港職員の対応もその都度異なることが十分想定されますので、大使館HP等にて情報を確認の上、必要書類は全てご用意ください。

また、出国前に当事務所宛にご一報ください。

●大使館HP

https://www.za.emb-japan.go.jp/itpr_ja/covid19.html

(1)ケープタウン空港庁舎には3階出発フロアでドロップオフできる。

また駐車場に車を止めた上、1階から入り3階に上がることも出来る。

なお、庁舎に入ることが出来るのは搭乗者のみで、見送者は建物に入ることは出来ない。

(2)搭乗者は、庁舎入口で検温等を行う。

(3)航空会社(KLMの場合)のチェックインカウンターで、(本来不要である)PCR検査の陰性証明の提示を求めれることはない。

一方、航空会社(KLM)が作成した問診票を提示する必要がある可能性がある。

(4)庁舎4階は立ち入り禁止で、庁舎内2/3程度の店舗は閉店している。

(5)機内での書類提出や検温はない(KLMの場合)

(6)10月8日のKLMエコノミークラス搭乗者は約70名(搭乗率3割程度)

*************************************

このメールは送信専用メルアドから配信されています。

このまま返信頂いても受信しません。

ケープタウン領事事務所

電話:(国番号27)-(0)21-425-1695

*************************************