海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス関連情報(ナミビア:新型コロナウイルス対策措置の緩和)

10月21日、ナミビア政府は、緊急事態宣言の解除以降、新型コロナウイルス感染の状況が更に改善したとして、新型コロナウイルス対策の追加的緩和措置を発表しました。このうち重要な点は以下のとおりです(発表された原文は以下のリンクをご覧ください)。

(大統領ステートメントhttps://www.na.emb-japan.go.jp/files/100106346.pdf

(保健大臣ステートメントhttps://www.na.emb-japan.go.jp/files/100106347.pdf

【ガインゴブ大統領発表要旨】

1 ナミビアにおける新型コロナウイルスの現状

(1)10月20日までの累計感染者数は12,367人、このうち累計治癒者数は10,528人(累計感染者数の85%)、未回復の感染者数は1,707人(累計感染者数の14%)、累計死亡者数は132人(累計感染者数の1%)である。

(2)9月17日の非常事態宣言解除以降、新型コロナウイルス関連の死亡者数は40%減少、新規感染者数は61%減少している。また、国内全14州のうち12州について感染者数が減少、あるいは感染者ゼロを記録している。

2 上記1の結果を踏まえて、10月22日から11月30日深夜まで、主に以下の措置を実施する。

(1)全てのナミビア入国者に対し入国前1週間以内に取得したPCR検査陰性証明書の提示を求める(PCR検査陰性証明書を持っていない方は入国出来ない)。

ア 入国前72時間以内のPCR検査陰性証明書を持っている方は自動的に入国が許可される(これまで必要とされていた1週間の自己隔離措置、5日目の再検査も不要)。

イ 入国前72時間以上一週間以内のPCR検査陰性証明書を持っている方は従来通り1週間の自己隔離が求められる。

(2)集会の上限人数を50人から200人へ引き上げる。

(3)公共の場でのマスク着用が求められる。

【ご参考】

引き続き、以下の点に留意し、日頃から感染症の感染予防に努めてください。

・少なくとも1mの身体的距離の確保を心がけてください。

・頻繁な手洗い、可能であればアルコール手指消毒剤も使用してください。

・公共の場等(職場を含む)においては必ずマスクを着用してください。

・通常の風邪とは違う、と感じたら医療機関に電話で相談の上、受診してください。

○日本国厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/index.html

感染症情報)

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/kenkou/kekkaku-kansenshou/index.html

○日本国国立感染症研究所コロナウイルスに関して)

https://www.niid.go.jp/niid/ja/from-idsc/2482-2020-01-10-06-50-40/9303-coronavirus.html

〇外務省海外安全ホームページ

https://www.anzen.mofa.go.jp/

参考:査証についてのご案内(外務省HP)

https://www.mofa.go.jp/mofaj/toko/visa/index.html

参考:日本からの渡航者・日本人に対する各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

(連絡先)

ナミビア日本国大使館 領事班

住所:78 Sam Nujoma Drive, Klein Windhoek, Windhoek, Republic of Namibia開館時間:8:30-12:45 13:45-17:00

電話:+264 61 426 700

FAX: +264 61 426 749

E-mail:consul@wh.mofa.go.jp

ホームページ: http://www.na.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/index.html

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は,以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

URL: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delate