海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス感染のルーマニアにおける現状等について(号外:10月28日現在の感染拡大状況について)

(今回は,10月28日時点での全国での感染拡大状況等についてのみ,取り急ぎお伝えします。)

1.ルーマニア国内の感染の最新状況

(1)10月28日13時時点での内務省傘下の戦略コミュニケーション・グループの発表によれば,ルーマニア国内での新型コロナウイルス感染者数は,累積222,559人,前日同時刻からの増加5,343人。死亡者数は,合計6,681人,増加107人です。また,集中治療を受けている患者が861人です。治癒した者の数は,累積159,855人。検査は,36,815件(累計約313万件)が行われました。

 新規感染者数,死亡者数,集中治療の患者数が,いずれもこれまでの最多に上っています(死亡者数は,昨日に100人を超え(104人),本日はさらに増加しました。)。

なお,感染者数は,累計では,23日に20万人台,26日に21万人台,本28日に22万人台といったペースで増大しています。また,前回お知らせからの二日間(26日13時から28日13時までの二日間)の増加は,新規感染者数が10,067人,死亡者数が211人でした。

最大限の注意を続けて下さい。

以上の統計は,ルーマニア保健省国立公衆衛生研究所のウェブサイトから最新情報が確認できます。

https://instnsp.maps.arcgis.com/apps/opsdashboard/index.html#/5eced796595b4ee585bcdba03e30c127

(2)ブカレスト市を含めて,特に感染状況が悪化している地域が,全国各地で見られます。

ア ブカレストでは,累積感染者数は,同時刻(10月28日13時時点)で33,118人。直近の24時間の増加744人です。

累積感染者数がこれに次ぐ県での人数の三倍を大きく上回り,また,直近の14日間の1,000人あたりの新規感染者数が3人を超えたのも全国の県等の中で最初でした。これに応じた規制措置の引上げも行われています。

イ 同時に,この数字(直近14日間の1,000人あたりの新規感染者数の割合)が3人を越える自治体は各地で増加しており,本日の時点では,最多のクルージュ県で4.09人。これに,ブカレスト市(3,81人),,アルバ(3.72人),サラージュ(3.43人),ティミシュ(3.39人),ハルギタ(3.22人)の各県が,3人超で続いています。(さらに,ムレシュ県(2.79人),ビホル県(2.59人),ブラショフ県(2.57人)が続きます。)

 累積の感染者数では,ブカレスト市に続いて,ヤシ県(9,959人),プラホヴァ県(9,208人),ブラショフ県(9,106人)で,いずれも1万人に迫っています。

 3人を超えた県等で発出されている規制措置の強化と併せて,引き続き御留意下さい。

 

(3)10月28日時点での,欧州内での直近二週間の各国比較において,ルーマニアは,人口10万人当たりの新規感染者数で第18位(292.3人),また死亡者数で第4位(5.4人)にあります。

ルーマニアで感染拡大が進んでいますが,深刻な状況にある国が他にも多くあることにも御留意下さい。同じ時点でルーマニアよりも大きな感染拡大状況にある国は,以下のとおりです。

新規感染者数:チェコ1,448.7人,ベルギー1,424.2人,

リヒテンシュタイン854.7人,ルクセンブルグ821.6人,

スロベニア786.8人,オランダ711.0人,フランス659.9人,

スペイン470.1人,スロバキア461.8人,クロアチア432.5人,

英国424.1人,ポーランド381.7人,マルタ354.2人,

ポルトガル343.6人,オーストリア338.5人,イタリア330.2人,

アイルランド297.9人,

死亡者数:(ルーマニアより多い国は)チェコ13.5人,ベルギー6.8人,ハンガリー5.7人

2.ルーマニア政府要人の発言等

 医療体制の逼迫やそれへの対応,ワクチン調達の見通し等につき,以下のような発言が見られます。

(1)26日,オルバン首相は,「集中治療室の病床数を増加させている。特にブカレストでは,コレンティナ病院を再び新型コロナウイルス患者受入れ用とした結果,約130床を増やせた。ナスタ病院,マラクザ病院でも同様にしたい。さらに,マテイバルシュ病院,バベシュ病院,イルフォフ県病院も対象に入っている。」と述べました。アラファト緊急事態庁長官及びタタル保健相も同様の指示をした旨,報道されています。

 首相はまた,「医療従事者が不足しているため,ボランティア制度を利用するインターシップとして,医学生新型コロナウイルス対応を支援することを歓迎している。」と述べています。

(2)27日,ヨハニス大統領が以下のように述べた旨,報ぜられています。

現状は非常に悪い。我々は深刻な状況にある。国民全体の協力による感染防止を呼びかける。

集中治療病床(ICU病床)は逼迫しており,状況は悪化している。しかし,現在国内には,新型コロナウイルス患者用及び非新型コロナウイルス患者用の合計で,3,065床のICU病床と2,252台の人工呼吸器がある。さらに,屋外型病院等に169床のICU病床がある。ブカレストでは今後10日間に123床のICU病床が追加予定である。またさらに,662床がEU基金により調達される。

(3)27日,保健相は,出席した会議の場で,新型コロナウイルス対応ワクチンが欧州委員会との契約に基づいて12月末にルーマニアに輸入され,明年1月から接種を開始できるだろう,と発言しました。まず医療関係者に優先的に接種する,としています。

【問い合わせ先】

ルーマニア日本国大使館領事部

電話:+40-21-319-1890(大使館が閉館している時間は,業務委託先へ転送されます)

メール:consular@bu.mofa.go.jp

領事メールの受信希望の方は,以下のリンク先から手続きをお願いします。

3か月以内の滞在の方は「たびレジ」,滞在されていない方は「たびレジ」簡易登録

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

3か月以上滞在予定の方は,「在留届」登録

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/index.html

「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURL から停止手続きをお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete