海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

新型コロナウイルス関連:非常事態宣言の再発令(11月9日(月)より),及びラトビア入国後自己検疫対象国の条件強化

ラトビア首相府は11月9日(月)から12月6日(日)まで再び非常事態宣言を発令することを発表しました。

●また,ラトビア疾病管理予防センターは他国からラトビアに入国後自己検疫が必要となる国の条件をより厳しくしました。

ラトビアでは国内の感染が引き続き高い数値で推移しており,6日現在の人口10万人あたりの14日間の累積感染者数は、164.6人と引き続き高い数値となっております。ラトビア政府の規制等を遵守し、一層の感染防止に努めるようにしてください。

 ラトビア首相府は6日,11月9日(月)から12月6日(日)まで再度非常事態宣言を発令することを発表しました。これは3月12日から6月9日までの間行われた非常事態宣言以来となります。

 非常事態宣言期間中は以下の措置が行われます。

1.集会,娯楽,余暇,スポーツ,飲食店

●あらゆる実地の公共イベントの禁止(例:劇場,映画館,コンサート等)

●私的な集会については10人まで,2世帯以内(但し,葬儀は例外)とすること。

●屋外での50名までの会合,散歩,デモは対象外とする。

●葬儀に際しては2世帯以上参加可能であるが一度に参加できるのは10名までとする。

●娯楽イベント(ディスコ等),遊技場,バーの閉鎖

●スケート場,子供向けパーティー会場,娯楽施設,子供向け遊び場,ショッピングモール内等を含む託児スペース,トランポリン施設の閉鎖

●水を使用する娯楽施設,浴場,スパの営業停止

●自然散策や,美術館,博物館,展示場,図書館,その他文化施設の個人利用は可。

●スポーツイベント(競技会,ショー等)の開催不可

●屋外のスポーツトレーニングは,10名まで可(指導者は含まない)(更衣室は使用不可),屋内のトレーニング施設については個人の利用のみ可(1対1,又は1対1同一世帯)。1名あたり10平米以上を確保すること。

●スポーツクラブ等の営業時間は22時までとする。

●スポーツ競技会は国際オリンピック連盟の予定表に記載のある成人向け競技会または国際大会,通年で行うチームスポーツのリーグ選のみ実施可。(無観客)

●飲食施設については,テイクアウトのみとする(教育施設及びリガ空港は対象外)

2.サービス事業,販売店及び営業時間

●国家施設及び地方自治体サービスは遠隔または予約制によって提供可。

●美容施設,ピアス・タトゥーサービスは営業不可。ヘアサロンについては事前予約制とし,客同士の間隔を2メートル空けた状態で営業可。

●食料品店,薬局,獣医薬局,ペットショップ,書店,新聞販売店,眼鏡店,ドラッグストア,日用品店,電気通信商品・サービス店のみ週末及び祝日も営業可。

●商業施設では客1名につき10平米を確保すること。

●マスクは商業施設のほか,屋外マーケット,路上店舗においても着用すること。

文化施設(来場者が個別に訪問する場合のみ),展示場,教会等宗教的施設の開場時間は6時から20時までとすること。

3.教育

●実地教育はグレード1から6,就学前教育,特殊教育機関,保育園にて実施可

●グレード7から12,成人向けの職業訓練・継続教育(一部練習を除く)、子供のキャンプ、趣味に関わる教育、職業オリエンテーション・プログラム、その他の集団での芸術活動(コーラスやオーケストラ等)のリハーサルは、個別(1対1)のクラスや、1世帯のみで行う場合を除き、現場での実施は禁止。

 

 なお,非常事態宣言措置を違反した場合,自然人に対しては10ユーロから2000ユーロ,法人に対しては140ユーロから5000ユーロの罰金が科されます。

 なお,非常事態宣言の期間についてはラトビア政府が3ヶ月を越えない範囲で決定することとなっており,また期間の終了については脅威の度合いに応じ短縮もありえます。

 また,ラトビア疾病管理予防センターは,欧州(EU,EEA及びスイス)及びその他ラトビアへの入国が認められている第三国からラトビアに入国後10日間の自己検疫が必要な国の条件を,これまでの過去14日間の人口10万人あたりの感染者数が,「ラトビアより多い国」という基準から,「50名を超える国」にすることを発表しました。これにより、本日の発表されたデータによると、バチカン市国を除き、すべての欧州内の国からラトビアに入国後,自己検疫が必要となります。日本は現在50名より少ないので、本措置の適用外ですが,自己検疫対象国にて乗り継ぎを行った場合は自己検疫の対象となります。この対象国の変更はラトビア時間7日0時より適用されます。

 ラトビア国内の感染者数は,本6日現在,新規感染者数357名,累計感染者数7476名,欧州疾病予防管理センターによると人口10万人あたりの14日間の累積感染者数も164.6名と過去最高の水準を更新しており,これまでにも国内措置が累次強化されてきましたが,感染状況の改善の兆しは現在のところみられません。公共の場では、室内外とも他の人と適切な距離(2メートル以上)を保ち,念入りな手洗いや咳エチケットに加え、三つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)を避け、マスクの幅広い場所での着用など,新たに決定されたラトビア政府の規制等を遵守し,一層の新型コロナウイルス感染症予防対策に努めるようにしてください。

【参考】

非常事態宣言(11月6日発出)(ラトビア語)

https://www.mk.gov.lv/lv/aktualitates/par-arkartejas-situacijas-izsludinasanu-0

Covid-19(ラトビア政府による情報提供サイト)

https://covid19.gov.lv/en

COVIDpass(ラトビア入国時の質問票入力サイト)

https://covidpass.lv/

疫学的安全法(ラトビア語)

https://www.mk.gov.lv/lv/aktualitates/epidemiologiskas-drosibas-pasakumi-covid-19-infekcijas-izplatibas-ierobezosanai

ラトビア疾病管理予防センター(過去14日間における人口10万人あたりの感染者数)(毎週金曜更新)

https://www.spkc.gov.lv/lv/valstu-saslimstibas-raditaji-ar-covid-19-0

Re-open EUEU域内各国の国境措置(入国の可否や自己隔離の要否等))

https://reopen.europa.eu/en

外務省海外安全ホームページ:各国・地域の入国制限措置及び入国・入域後の行動制限

https://www.anzen.mofa.go.jp/covid19/pdfhistory_world.html

首相官邸ホームページ

https://www.kantei.go.jp/jp/headline/kansensho/coronavirus.html

厚生労働省ホームページ

https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000164708_00001.html

正しい手洗い方法(厚生労働省YouTube

https://www.youtube.com/watch?v=Eph4Jmz244A&feature=emb_logo

(在外公館連絡先)

○在ラトビア日本国大使館 領事班

(代表)+371-6781-2001

2020年11月6日

ラトビア日本国大使館より