海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

件名:政府による外出制限に関するQ&Aの発表(新型コロナウイルス関連情報(第63報):11月20日)

●トルコ内務省は、11月18日に発表した新型コロナウイルス対策に係る制限に関し、11月20日、Q&Aを発表しました。

トルコ内務省トルコ語):https://www.icisleri.gov.tr/koronavirus-salgini-yeni-tedbirleri-ile-ilgili-sikca-sorulan-sorular

 Q&Aにおいては、邦人の皆様に関わると思われる内容として、主に以下のことが示されています。

・20歳以下の者は、保護者同伴の下であれば、許可書等なく、都市内外の移動が可能。

・外出制限対象となる児童等が、外出制限時間内に、保育園等に行く際は、保護者の同伴により移動可能。

・IELTS、TOEFLなど、トルコ各地で行われる試験については、それらの試験を受けることを証明するものを持参している限り、受験予定の全ての年齢層は移動制限の対象とならない。

・病院内での飲食店の営業時間・形態は、当該病院の決定により運営される。

・ホテル等の宿泊施設内の飲食店は、宿泊者に対して営業可能(店内での飲食が可能)。ただし外部へのデリバリー営業は不可。

・空港内の飲食店は、搭乗客や施設関係者に対して営業可能(店内での飲食が可能)。

・旅行代理店が提供するツアー、パッケージツアー、宿泊あるいは配車サービスの購入者は、都市間移動の公共交通機関(飛行機、バス、電車、船舶等)の従業員とともに当該公共交通機関のチケット、予約、コード等を記す文書とともに移動できる。

・空港内の店舗(衣服、お土産等)は10〜20時以外においても営業可能。

・酒・タバコ店の営業時間は規制の対象(10〜20時のみ営業可能)である。

・パン・菓子の製造、販売店は、パン・菓子の販売に限定して8〜10時にも持ち帰り営業が可能。

・市場における販売者や青果等商品の供給および市場への配送者は、営業時間規制の対象外となる。但し、市場における国民への販売は10〜20時に限定される。

・ (ホテル等への)宿泊予約者は、宿泊予約開始時間から遡った出発地から宿泊施設への所要時間の範囲において、書類等により当該予約を証明できることを条件に、(外出規制時間帯においても)いかなる許可を得ることなく自家用車にて移動が可能。

・トルコに一時滞在中の観光を目的とした外国人観光客は、週末の外出規制の対象外となる。

 邦人の皆様におかれましては、政府発表の指針を踏まえた慎重な行動をお願いしますとともに、引き続き3密(密集、密閉、密接)を避け、うがい・手洗い・マスクの着用を心がける等、感染予防に努めてください。

イスタンブール日本国総領事館

代表電話:+90-212-317-4600

FAX :+90-212-317-4604

メール:ryoji@it.mofa.go.jp

総領事館ホームページ:https://www.istanbul.tr.emb-japan.go.jp/itprtop_ja/

○外務省海外安全ホームページhttps://www.anzen.mofa.go.jp

※このメールは、在留届にて届けられたメールアドレス及び「たびレジ」に登録されたメールアドレスに自動的に配信されております。

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信を停止したい方は、以下のURLから停止手続をお願いいたします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete