海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

英国からの日本人帰国者が提出を求められる検査証明書のフォーマットについて

 12月23日に日本政府が発表しました英国からの帰国者・入国者に対する「水際対策強化に係る新たな措置」において言及のありました「検疫の強化」につき、英国からの日本人帰国者が提出を求められる検査証明書のフォーマットについてお知らせいたします。

 12月27日以降に英国から帰国する日本人が、本邦帰国時に検疫所が指定する宿泊施設における14日間の待機の適用外となるには、英国の出国前72時間以内に検査を受けて取得した次の1.のフォーマットによる証明書が原則として必要となります。出国前72時間以内とは、検体採取時刻が搭乗予定航空便の出発時刻から遡って72時間以内であることを指します。ただし、1.のフォーマットによる検査証明書の入手が困難な場合は、2.のフォーマットでの提出も可能です。

1.次のリンク先の検査証明書のフォーマットに現地医療機関が記入し、医師が署名又は押印したもの。

https://www.uk.emb-japan.go.jp/files/100130674.pdf

2.上記1.と同じ内容が記載された現地医療機関が発行するフォーマット。

このフォーマットに含まれる必要のある具体的な内容は次のとおりです。

(1)人定事項(氏名、パスポート番号、国籍、生年月日、性別)

(2)COVID-19の検査証明内容(検査手法(所定のフォーマットに記載されている採取検体、検査法に限る)、検査結果、検体採取日時、検査結果決定年月日、検査証明交付年月日)

(3)医療機関等の情報(医療機関名(又は医師名)、医療機関住所、医療機関印影(又は医師の署名))の全項目が英語で記載されたものに限る)

 なお、上記のフォーマットの提出が求められるのは、本邦到着前14日以内に英国を出発または滞在していた方であり、英国から出国後に第三国において14日間またはそれ以上滞在した後に本邦に帰国する場合は、本件措置の適用対象外となります。

 また、12月27日以降に英国から帰国する日本人が、英国の出国前72時間以内に取得した検査証明書を提示する場合でも、引き続き帰国時に本邦到着空港にてPCR検査は実施されるほか、公共交通機関を使わない形でご自宅などに戻られたとしても、14日間の自己隔離そのものが免除されるわけではありませんので、ご注意ください。

 以上についてご質問がある場合は、次のお問い合わせ窓口までご照会願います。

厚生労働省新型コロナウイルス感染症相談窓口(検疫の強化について)

海外から電話の場合:+81-3-3595-2176(日本語、英語、中国語、韓国語に対応)

国内から電話の場合:0120-565-653

受付時間:午前9時〜午後9時(土日祝日も対応しています)

 このメールは、在留届にて届け出のあったメールアドレス及び「たびレジ」登録者宛てに配信しています。

 既に英国にお住まいではなく、在留届を出されたままになっている方は、本メールに返信の形で結構ですので、全員のお名前と出国日をお知らせください。「たびレジ」登録者の方で旅行を中止した等の理由により配信停止を希望する方は、次の「たびレジ」ホームページより登録した旅行情報の削除をお願いします。

https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/index.html

在英国日本国大使館 領事班

020−7465−6565