海外情報メール掲載板

メール配信された海外情報を掲載していきます。

ノルウェー政府の新型コロナウイルス対策措置(ノルウェー入国時のコロナ検査の義務化、一部国境の封鎖)(12月31日現在)

●31日、保健介護省、法務公安省、首相府はノルウェー入国時のコロナ検査の義務化、一部国境の封鎖に関する共同プレスリリースを発出しました。その概要は以下のとおりです。

1 ノルウェー入国時のコロナ検査の義務化

(1)1月2日から、ノルウェーに入国する全ての者は可能な限り早期に、遅くとも24時間以内にコロナ検査を受けなければならない。ただし,12歳未満の子供、社会的機能を維持する上で必要不可欠な職に従事している者、国境通勤者、長距離運転手、外交官を除く。

(2)検査は空港または他の国境で行う必要がある。それが不可能な場合、旅行者は地方自治体または別の検査所に連絡して検査を手配する必要がある。検査は無料である。

(3)右検査義務違反者には罰金刑が科される可能性がある。本措置は4週間後に見直される。

2 一部国境の封鎖

(1)渡航者は、検査施設又は警察の取締りのある国境検問所からノルウェーに入国しなければならない。検査能力がない国境検問所は閉鎖される場合がある。

(2)検査能力がある国境検問所については以下PDFを参照。

https://www.regjeringen.no/globalassets/departementene/hod/open-border-crossings-per-02.01.21.pdf

3 ソールベルグ首相は、「多くの人がクリスマス後に感染レベルの高い国からノルウェーに戻ることを懸念している。突然変異ウイルスがノルウェーに広がると、完全なロックダウンとなる可能性が高い。この突然変異ウイルスを防ぐためにできることをしなければならない。感染レベルが高い国からの旅行者がこのウイルスを持っているかどうかを発見する唯一の方法は検査である。」と述べた。

4 メーラン法務公安大臣は、「原則として、検査は国境検問所で行われるものとする。国境検問所の検査能力は、(本件制度導入)当初は低い可能性があるため、検査はできるだけ早く、遅くとも到着後24時間以内に行うものとする。国境検問所での検査を提供された人々は従わなければならない。」と述べた。

※詳しくは、以下の12月31日付ノルウェー保健介護省、法務公安省、首相府共同プレスリリースをご参照ください。

https://www.regjeringen.no/en/aktuelt/mandatory-testing-for-travellers-to-norway/id2826415/

【問い合わせ先】

ノルウェー日本国大使館 領事班

電話:(+47)2201-2900

メール: ryouji@os.mofa.go.jp

※邦人の方が新型コロナウイルスの感染・疑いがある旨診断された場合には、当館までご一報願います。

※「たびレジ」簡易登録をされた方でメールの配信停止をご希望の方は、以下のURLから停止手続きをお願いいたします。

URL: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/tabireg/simple/delete

※「在留届」を提出した方で帰国、第三国に転居した方は、以下のURLで帰国又は転出届を提出してください。

URL: https://www.ezairyu.mofa.go.jp/RRnet/residencereport/login